2013年7月

1月 2月 3月 4-5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
タイトルをクリックすると、くわしいしょうかいへとびます
種類タイトル著者出版社
えほん からすのおかしやさん かこさとし 偕成社
えほん だれのなきごえかな? ディック・ブルーナ 福音館書店
えほん みならい騎士(きし)とブーツどろぼう クエンティン・ブレイク 好学社
物語 ノウサギとハリネズミ W.デ・ラ・メア 福音館書店
物語 足音がやってくる マーガレット・マーヒー 岩波書店
物語 モッキンバード キャスリン・アースキン 岩波書店
ちしき わたしは目で話します たかおまゆみ 偕成社
使用している表紙画像は出版社より使用許可を得たものです。無断転載はできません。

<えほん>
幼児から
からすのおかしやさん
「からすのおかしやさん」の表紙画像

かこさとし/作・絵

偕成社

2013年4月発行

ページ数:31p

本体価格:1100円

からすのまちの いずみがもりに からすのパンやさんがありました。とうさんとかあさんのるすに、おみせをまかされた こどもたちは おおはりきり。チョコくんがやいたクッキーが だいにんきになります。『からすのぱんやさん』のつづきのおはなしは ぜんぶで4さつあります。

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●


<えほん>
幼児から
だれのなきごえかな?
 「だれのなきごえかな?」の表紙画像

ディック・ブルーナ/ぶん・え

まつおかきょうこ/やく

福音館書店

2013年4月発行

ページ数:1冊(ページ付なし)

本体価格:700円

こけこっこー は おんどりさん。もぉ〜ぅ と なくのは めうしさん。にゃ〜ぉ となくのは おねこさん。ぶぅぶぅぶぅー は だれの なきごえかな? みんなの だいすきな どうぶつたちが なきごえを きかせてくれますよ。

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●


<えほん>
小学校低学年から
みならい騎士(きし)とブーツどろぼう
「みならい騎士とブーツどろぼう」の表紙画像

クエンティン・ブレイク/作・絵

谷川俊太郎/訳

好学社

2013年3月発行

ページ数:1冊(ページ付なし)

本体価格:1500円

スナッフは 騎士(きし)サー・トーマスのみならいの おとこのこ。騎士になりたくてたまらないんだけど、いつもしっぱいばかり。あるひ サー・トーマスとふたりで ブーツつくりをたずねると、どろぼうたちがやってきた。どろぼうをおいはらうため、スナッフがひらめいためいあんとは?

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●


<物語>
小学校低学年から
ノウサギとハリネズミ
「ノウサギとハリネズミ」の表紙画像

W.デ・ラ・メア/再話

脇明子/訳

はたこうしろう/絵

福音館書店

2013年3月発行

ページ数:32p

本体価格:1200円

ある日曜日(にちようび)の朝(あさ)。ハリネズミは、さんぽのとちゅうでノウサギにであいました。きちんとあいさつしたのに、ノウサギはひどいことをいってばかにします。おこったハリネズミは賭(か)けをして、かけっこの競争(きょうそう)をもうしこみました。ハリネズミには、とっておきの作戦(さくせん)があったのです。

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●


<物語>
小学校高学年から
足音がやってくる
「足音がやってくる」の表紙画像

マーガレット・マーヒー/著

青木由紀子/訳

岩波書店

2013年2月発行

ページ数:234p

本体価格:660円

ごく普通の金曜日。8歳の少年バーニーの耳に、突然「バーナビーが死んだ!」という声が聞こえた。幽霊のような男の子や、近づく足音…。次々におこる不思議な出来事は、若くして消息を絶った大叔父と関係があるのだろうか?

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●

.
<物語>
中学生から
モッキンバード
「モッキンバード」の表紙画像

キャスリン・アースキン/著

ニキリンコ/訳

明石書店

2013年1月発行

ページ数:270p

本体価格:1300円

ケイトリンは銃乱射事件で大好きな兄を失った。アスペルガー症候群で、絵を描くのは得意だが、ほかの人の気持ちを理解するのは苦手なケイトリン。泣いてばかりのパパと一緒に、気持ちの〈区切り〉を見つけるにはどうしたらいいのだろう?

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●


<ちしき>
中学生から
わたしは目で話します 文字盤で伝える難病ALSのことそして言葉の力
「わたしは目で話します」の表紙画像

たかおまゆみ/著

偕成社

2013年2月発行

ページ数:231p

本体価格:1200円

著者は病気のため目しか動かせません。でも、口や手の代わりに文字盤を使えば、「目で」話したり、本を書いたりできます。文字盤をとおして見えてくる、言葉やコミュニケーションのすばらしさを、いっしょに感じてみませんか。

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●