2013年6月

1月 2月 3月 4-5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
タイトルをクリックすると、くわしいしょうかいへとびます
種類タイトル著者出版社
えほん おてらのつねこさん わらべうたの「おてらのつねこさん」より やぎゅうげんいちろう 福音館書店
えほん バナナのはなし 及川賢治 福音館書店
えほん ゾウの森とポテトチップス 横塚真己人 そうえん社
物語 じゃんけんのすきな女(おんな)の子(こ) 松岡享子 学研教育出版
物語 駅の小さな野良ネコ ジーン・クレイグヘッド・ジョージ 徳間書店
使用している表紙画像は出版社より使用許可を得たものです。無断転載はできません。

<えほん>
幼児から
おてらのつねこさん わらべうたの「おてらのつねこさん」より
「おてらのつねこさん」の表紙画像

やぎゅうげんいちろう/さく

福音館書店

2013年3月発行

ページ数:43p

本体価格:1100円

たぬきさんが おてらのほんどうで おひるねしてたら、あかりちゃんたちが おそうじに やってきました。たぬきさんが おざぶとんにばけて ころがっていると、ふたりは「おてらのつねこさんが」って こちょぐりっこあそびを はじめたよ。みんなもいっしょに、やってみて!

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●


<えほん>
幼児から
バナナのはなし
 「バナナのはなし」の表紙画像

及川賢治/絵

伊沢尚子/文

福音館書店

2013年3月発行

ページ数:27p

本体価格:900円

バナナを れいぞうこに いれてみたら、いっしゅうかんご、かわがくろく なってた! なんで? バナナは、どんなはなが さくのかな? かわにある くろいぽつぽつは なんだろう? かわをむくとでてくる しろいすじは、なに? バナナのふしぎが よくわかる えほんです。

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●


<えほん>
小学校中学年から
ゾウの森とポテトチップス
「ゾウの森とポテトチップス」の表紙画像

横塚真己人/しゃしんとぶん

そうえん社

2012年12月発行

ページ数:30p

本体価格:1300円

東京からずっと南にあるボルネオ島の森には、たくさんのゾウがくらしています。しかし、アブラヤシの農園がふえ、ゾウのすむ森がへってきています。このことと、わたしたちが食べているポテトチップスには深いつながりがあるのです。

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●


<物語>
幼児から
じゃんけんのすきな女(おんな)の子(こ)
「じゃんけんのすきな女の子」の表紙画像

松岡享子/さく

大社玲子/え

学研教育出版

2013年2月発行

ページ数:68p

本体価格:1100円

あるところに、とてもじゃんけんがすきで、なんでも じゃんけんできめる女(おんな)の子(こ)がいました。ある日(ひ)、女の子がひとりでおるすばんをしていると ねこがあらわれていいました。「ここがきみのうちだってことは、どうしてきまったんですか? ちゃんとじゃんけんできめたんですか?」

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●


<物語>
小学校高学年から
駅の小さな野良ネコ
「駅の小さな野良ネコ」の表紙画像

ジーン・クレイグヘッド・ジョージ/作

斎藤倫子/訳

鈴木まもる/絵

徳間書店

2013年1月発行

ページ数:243p

本体価格:1500円

ラチェットは野良ネコグループの新入り。人間は危険(きけん)だけれど、マイク少年にやさしくなでられた時には幸せな気持ちがした。ネコ好きなマイクにとってラチェットは、飼ってみたい特別なネコ。野良ネコと少年の心は、通い合うのだろうか?

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●