-トップメニュー |検索
2012年  2011年  2010年  2009年  2008年  2007年  2006年 2005年  2004年  2003年  2002年  2001年  2000年

2006年9月

1月  2月-3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月  11月  12月
タイトルをクリックすると、くわしいしょうかいへとびます
種類タイトル著者出版社
えほん うんちレストラン 新開孝 ポプラ社
えほん おならうた 飯野和好 絵本館
えほん あかいセミ 福田岩緒 文研出版
えほん カシの木 ゴードン・モリソン ほるぷ出版
物語 のんきなりゅう ケネス・グレアム 徳間書店
物語 キルディー小屋のアライグマ ラザフォード・モンゴメリ 福音館書店
物語 ギフト アーシュラ・K・ル=グウィン 河出書房新社

*「書誌番号」は、図書館で本をよやくするときにつかいます


<えほん>
幼児から
うんちレストラン
新開孝/写真
伊地知英信/文
ポプラ社
2006年7月発行
ページ数:35p
本体価格:1200円
書誌番号:206050754

はやしのなかの うんちに あたまをつっこんで たべているのは センチコガネ。そうげんの ウシのうんちの したには ダイコクコガネが。うんちのなかで うまれて おおきくなる むしもいる。うんちは えいようたっぷりの しぜんのたからもの。うんちレストランにようこそ。

●リストへもどる●  ●しょぞうじょうきょうを見る●


<えほん>
幼児から
おならうた

飯野和好/絵
谷川俊太郎/原詩
絵本館
2006年6月発行
ページ数:1冊(ページ付なし)
本体価格:1200円
書誌番号:206046743

さつまいもを たべて、おならが「ぶ」。みちで ころんで、おならが「ぴょ」。おふろの なかで、おならが「ぽ」。おじいさんも おんなのこも いぬも、みんな おならをしています。おならをしている えが とてもおもしろい えほんです。おおきなこえで よむと ますます おもしろいですよ。

●リストへもどる●  ●しょぞうじょうきょうを見る●


<えほん>
小学校低学年から
あかいセミ
福田岩緒/作
文研出版
2006年7月発行
ページ数:1冊(ページ付なし)
本体価格:1200円
書誌番号:206053543

ぼくはおみせで あかいけしゴムを ぬすんでしまった。ぜんぜんほしくなかったのに。けしゴムをみていたら だんだんこわくなってきた。いもうとが「あそぼう」ときても、ともだちと セミとりをしても、ちっともおもしろくない。ぼくはどんどん わるいにんげんに なっていく。

●リストへもどる●  ●しょぞうじょうきょうを見る●


<えほん>
小学校中学年から
カシの木
ゴードン・モリソン/作
越智典子/訳
ほるぷ出版
2006年7月発行
ページ数:32p
本体価格:1400円
書誌番号:206051389

丘(おか)の上の年老(としお)いた大きなカシの木。それは ずっとむかし、リスが大きな岩(いわ)のそばにうめた小さなどんぐりでした。アメリカ東部にある この木には、鳥や動物(どうぶつ)たちがやってきます。そのようすが きせつごとに、きれいな色でえがかれています。 

●リストへもどる●  ●しょぞうじょうきょうを見る●


<物語>
小学校中学年から
のんきなりゅう
ケネス・グレアム/作
インガ・ムーア/絵
中川千尋/訳
徳間書店
2006年7月発行
ページ数:90p
本体価格:1800円
書誌番号:206050646

まきばのそばに、あるとき りゅうが すみつきました。それは、詩(し)をつくるのが好きな のんきなりゅうで、ひつじかいのむすこと 友だちになりました。ところがりゅうは人間(にんげん)の敵(てき)。聖(せい)ジョージが たいじしにくることに なってしまいます。 

●リストへもどる●  ●しょぞうじょうきょうを見る●


<物語>
小学校高学年から
キルディー小屋のアライグマ
ラザフォード・モンゴメリ/作
バーバラ・クーニー/画
松永ふみ子/訳
福音館書店
2006年7月発行
ページ数:231p
本体価格:650円
書誌番号:206047773

ジェロームじいさんは、ひとり静かに暮(く)らそうと山の中に小屋を立てた。やがて、小屋にはアライグマやスカンクが住みつく。動物たちは次々に子どもを生み、ふもとに住む女の子も遊びに来るようになって、小屋はどんどんにぎやかに・・・・・・。

●リストへもどる●  ●しょぞうじょうきょうを見る●


<物語>
中学生から
ギフト 西のはての年代記 1
アーシュラ・K・ル=グウィン/著
谷垣暁美/訳
河出書房新社
2006年6月発行
ページ数:303p
本体価格:1600円
書誌番号:206045443

西のはての高地に、代々”ギフト”とよばれる特別な力を受けつぐ一族がいた。少年オレックは、ある日突然荒ぶる”ギフト”を示すが、その力を自分で操ることができない。父親はオレックの目を黒い布で覆い、彼の力を封印する。 

●リストへもどる●  ●しょぞうじょうきょうを見る●


 横浜市トップメニュー arwn.gif教育委員会 arwn.gif図書館トップページ arwn.gifこどもの本トップ arwn.gif 2006年9月リスト

教育委員会事務局中央図書館(調査資料課) - 2006作成 -
電話:045-262-7336
FAX:045-262-0054
E-mail:ky-libkocho-c@city.yokohama.jp
 ©2006 City of Yokohama. All rights reserved.