おうちでいっしょに楽しむ絵本 表紙 photo

子どもは読み聞かせが大好きです。
なぜなら、大好きな大人といっしょに、楽しいことや知らないことがいっぱいつまっている本の世界を味わうことができるからです。
このパンフレットでは、3〜6歳の子どもにおすすめの絵本を紹介しています。
ぜひ、おうちで読み聞かせを楽しむ際の参考にしてください。


「おうちでいっしょに楽しむ絵本」全ページダウンロードはこちらからどうぞ。

ダウンロード


ヒヨコ
Q.本を読む時は、どんな姿勢がよいのでしょうか。
読み聞かせの画像
A.いつでも、どこでも楽しめるのが、本のよいところ。子どもを膝の上にのせてあげても、隣に寄り添っても、子どもがリラックスして聞けるのであれば、どんな姿勢でも構いません。
小鳥の画像
Q.読み聞かせをしていても、聞いてくれません
A.読み聞かせをしていても、おとなしく聞いてくれないことがあります。
 でも、大丈夫。聞いていないように見えても、子どもは本を楽しんでいます。
あまり気にせず、読み聞かせを続けてみてください。
ただし、子どもがほかのことに気をとられているようであれば、読み聞かせ は次の機会にした方がよいでしょう。
Q.いつも決まった本しか読みたがりません
小鳥の画像
A.子どもは好きな本をくり返し読んでもらいたがります。子どもは本の中の変わらない世界に安心していますので、「もういい」と言うまでは、読み聞かせを続 けてあげてください。
小鳥の画像
Q.本を読んでいると次々ページをめくってしまいます
A.本を読んでいる途中でも、次々ページをめくってしまったり、本をバタンととじてしまったりすることがあります。それでも心配することはありません。少しずつ読み聞かせに慣れていけば、本をじっくりと楽しめるようになります。
 あまり聞いていないようでしたら、子どもにおはなしが難しすぎるのかもしれません。途中でやめて、ほかの本を読みましょう。
Q.何歳まで本を読んであげればよいのでしょうか
読み聞かせの画像
A.本の読み聞かせは、子どもが文字を読む訓練ではありません。たとえ文字が読めるようになったとしても、文章を読んで内容を理解するようになるまでには、時間がかかります。子どもが「自分で読む」というまでは、絵本や物語を読んで聞かせてあげてください。
Q.どんな本から読み聞かせを始めたらよいのでしょうか
小鳥の画像
A.まずは、このリストにある本から、子どもといっしょに楽しんでください。
 また、図書館では、いろいろな絵本の読み聞かせをする、おはなし会を行っています。子どもたちが、知らない本に出会うきっかけになるかもしれません。ぜひご参加ください。
 図書館には、「児童書研究コーナー」もあり、読み聞かせに参考になる本もあります。図書館の窓口でもご相談ください。

もっと絵本や読み聞かせについて知りたいときは・・・ 絵本を選ぶにはどうしたらいいの? どうやって絵本を読んだらいいの?と思ったら、こちらの本を手にとってください。図書館にもあります。

『こども絵本ガイド』さわださちこ/絵本セレスト、なかじまえりこ/構成・文 主婦の友社/編 主婦の友社

『あかちゃんの絵本箱』 こどもと本−おかやま−「あかちゃんの絵本箱」編集委員会/著 吉備人出版

『えほんのせかい こどものせかい』 松岡享子/著 日本エディタースクール出版部

                              読み聞かせQ&Aに移動する3〜4歳向けのリストに移動する4〜5歳向けのリストに移動する5〜6歳向けのリストに移動する利用案内に移動する