登録

登録(初めて図書を借りるとき)

  • 横浜市内に住んでいるか、通勤、通学している方と、川崎市・鎌倉市・藤沢市・大和市にお住まいの方なら、どなたでも無料で借りることができます(川崎市・鎌倉市・藤沢市・大和市にお住まいの方は、こちらもご覧ください)。
  • 図書館カードはすべての横浜市立図書館で共通です。(ひとり1枚の発行)
  • 図書館カードは本人以外の方は使えません。
  • 図書館カード番号・生年月日・電話番号は、パスワード登録をする際に必要となります。お取扱いには十分ご注意ください。
  • 図書館カードの登録有効期限は5年です。登録更新時に、登録内容を確認させていただきます。
       →登録更新について

住所や電話番号、氏名が変わったとき

  • ご本人であることと新しい住所や氏名が確認できるもの 、図書館カードを図書館窓口にお持ちの上、変更の手続をお願いします。図書館カードは、変更後も引き続き利用できます。
  • 電話番号だけが変わり、住所や氏名は変わっていない場合は、図書館窓口で変更手続のみお願いします。確認文書の提示は必要ありません。
  • 川崎市・鎌倉市・藤沢市・大和市以外の市外へ転出される方で、お勤め先や学校が横浜市ではない場合は、図書館カードを図書館にお返しください。
  • 川崎市・鎌倉市・藤沢市・大和市へ転出される方で、お勤め先や学校が横浜市ではない場合は、図書館カードを切り替えますので、図書館カードを図書館窓口にお持ちの上、変更の手続をお願いします。

確認文書

次の手続を行うときは、申請者ご本人のお名前と住所が確認できる文書をお持ちください。

1 確認文書の提示が必要な手続

  • 登録
  • 登録内容(住所、氏名)の変更
  • 登録更新
  • 図書館カードの紛失届

2 確認文書の例

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 自治体や官公庁が発行する証明書類(発行から3か月以内のもの)
  • 公共料金領収証(発行から3か月以内のもの)
  • 学生証、生徒手帳
  • 申請者あてに届いた郵便物で消印が3か月以内のもの。(郵便物で確認を希望する方は、キャッシュカード等ご本人確認ができるものを合わせてご提示ください。ただし、発行にあたり発行者の本人確認を経ていないメンバーズカードなどは除きます。)
○小学生以下の児童・幼児がひとりで登録手続を行う場合
申請者ご本人あてに届いた郵便物で、お名前と住所の確認ができます。(他の本人確認書類をあわせてご提示いただく必要はありません。)また、小学生以下の場合は、消印のない年賀状も確認文書として有効です。
保護者の方が一緒に来館して登録をする場合は、健康保険証などの確認文書をお持ちください。
  • ※ 有効期限の記載がある場合は、有効期限内のものに限ります。
  • ※ 領収証等の場合は、発行日から3か月以内のものをご提示ください。 
  • 注1)横浜市外にお住まいで横浜市に通勤・通学している方は、勤務先・通学先が確認できる文書(社員証・学生証、生徒手帳など)もあわせてご提示ください。
  • 注2)申請者ご本人による手続を原則とします。どうしてもご都合のつかない場合は、同居の家族であれば手続の代行ができます。
  • 注3)同居家族以外の方が代理で手続を行う場合は、申請者の確認文書のほか、次の2点をお持ちください。
  •  ・委任した人(申請者本人)が自著署名した委任状(PDF61KB)
  •  ・代理人の図書館カード(本人及び住所確認が完了しているもの)又は代理人のお名前と住所が確認できる文書

図書館カードをなくしたとき

  • 横浜市立図書館にご来館の上、「横浜市立図書館利用申込書」と、本人であること及び現在の住所が確認できる文書(運転免許証、健康保険証、学生証など)をご提示ください。仮図書館カードを発行します。(お電話でご連絡いただいた場合も、後日「図書館利用申込書」の提出をお願いします。)
  • なくした図書館カードが見つからない場合は、2週間後から仮図書館カードと引き換えに再発行します。
  • 仮図書館カードをなくした場合は、手続きが必要です。本人であること及び現在の住所が確認できる文書(運転免許証、健康保険証、学生証など)をお持ちのうえ、図書館窓口へお越しください。

    ※ 仮図書館カード使用中の図書館サービスについて
    図書の貸出等は、通常の図書館カードと同様に利用できますが、ホームページと館内利用者用検索機で「パスワード」の入力が必要なサービスは利用できません。※第三者による図書館カードの不正使用を防ぐための措置です。

ページトップへ