障害のある方へのサービス


視覚に障害のある方へのサービス

  • ●対面朗読
  • 図書館で、音訳者がご希望の資料を読み上げます。利用には事前予約が必要です。
    対面朗読を利用したい図書館へ直接ご連絡ください。
    (各図書館の連絡先はこちらをご覧ください)

 

  • ●録音資料・点字資料の貸出
  • 録音資料・点字資料を貸出します。中央図書館から、ご自宅へ配送します。

 

  • ※対面朗読及び録音資料・点字資料の貸出には事前の利用登録が必要です。登録は各図書館で受け付けています。
  •  ・ご登録いただけるのは、横浜市内に在住もしくは在学、在勤で、視覚障害により身体障害者手帳の交付を受けている方です。
  •  ・登録の際は、お名前・ご住所などのほか、身体障害者手帳の区分・等級を確認させていただきます。
  •  
    ※利用登録、資料の貸出申込はEメールでも承ります。

 

  • ●中央図書館の視覚障害者サービス機器
  • 中央図書館では拡大読書器、活字自動読み上げ器、DAISY(デイジー)再生録音機が利用できます。
  • 詳しくはこちら

 

  • ●各図書館でのサービス
  • 小さな字が読みづらい方のために、各図書館に大活字本や拡大読書器を備えています。

 

心身に障害のある方へのサービス

  • ●図書・雑誌の配送貸出
  • 心身に障害があり図書館への来館が困難な方に、図書や雑誌の配送貸出を行います。
  • ※配送貸出のご利用には事前の利用登録が必要です。中央図書館で受け付けています。
  •  ・ご登録いただけるのは、横浜市内に在住もしくは在学、在勤で、身体障害者手帳・療育手帳(愛の手帳)・精神障害者保健福祉手帳のいずれかの交付を受けている方です。
  •  ・登録の際は、お名前やご住所などのほか、障害者手帳の区分・等級等を確認させていただきます。
  •  ・各図書館窓口での貸出と併用することはできません(すでに図書館カードをお持ちの方も、窓口で本を借りることはできなくなります)。
  •  ご登録がお済みの方は、こちらの電子申請のページからも
     配送貸出希望資料の申込をすることができます。

 

(*)電子申請・届出サービスは、第2及び最終水曜日の午後8時から翌朝8時までの間
 システムメンテナンスのためサービスを停止します。

 この期間の配送貸出希望資料のお申込みは、
 中央図書館障害者支援事業担当ky-libsyo@city.yokohama.jpまで、ご連絡ください。

 

  • ●筆談が必要な方へ
  • 筆談用ボードを各図書館のカウンターにご用意しています。お気軽に筆談をお申し出ください。 
     

お知らせ

視覚障害者等用録音図書を製作する音訳者を募集します

*募集は終了しました。
横浜市立図書館では活字による読書に困難がある方のために「録音図書」を製作しています。
「録音図書」製作のために活字の図書を音訳してくださる音訳者を募集します。

チラシ(PDF版 752 KB)
    <音訳者登録条件>
    次の3点を全てを満たす方
    ○60歳以下で、10年程度継続して活動できる見通しの立つ方
    ○パソコンの基本的操作ができる方(文書作成やメール)
    ○音訳者養成講座(入門)受講希望者説明会(事前予約制)に参加し、養成講座を受講された方。
★「視覚障害者等用録音図書」とは…★
視覚等に障害があり、活字から情報を得ることが難しい人向けに、本の内容(文章、グラフ、挿絵など本の中のすべての情報)を音声化したものです。

音訳者養成講座(入門)受講のための説明会

*説明会は終了しました。
横浜市立図書館で実施している障害者支援事業の説明、音訳活動に求められる知識、技術、
講習の内容紹介、講座終了後の活動について紹介します。
説明会の最後に「横浜市中央図書館音訳者養成講座(入門)」への申込みを受付けます。
*「横浜市中央図書館音訳者養成講座(入門)」への申込みが多数の場合には、音訳に必要な知識に関する簡単なテストを実施することがあります。

  1. 開催日時:平成28年7月26日(火)(A、Bの内容は同じです。どちらか一方にご参加ください)
    • A:午前10時〜11時
    • B:午後2時〜3時
  2. 会場:横浜市中央図書館 5階第1会議室
  3. 説明会申込み方法 
    • 窓口:中央図書館1階ヘルプデスク
    • 電話:中央図書館サービス課 障害者支援事業担当 045−250−1619  
    • E-MAIL: ky-libsyo@city.yokohama.jp 
      • ※件名は「説明会参加希望」とし、氏名、電話番号、受講希望回(AまたはB)をお書きください。
  4. 申込期間:平成28年6月14日(火)午前9時30分から7月10日(日)午後5時まで

音訳者養成講座(入門)

音訳未経験の方にも参加いただける養成講座です。(音訳経験のある方も応募できます)

  1. 開講期間:平成28年10月から29年2月まで(全15回)(受講料無料)   
  2. 受講条件:A、Bをすべて満たす方
    • A 音訳者養成講座(入門)受講希望者向け説明会(平成28年7月26日(火))に参加された方
    • B 全15回の講座の内、約9割の出席が可能な方
  3. 定員:20名 
  4. 養成講座(入門)スケジュール
*時間は、全て午後2時から4時までです。    
日時内容
第1回 10月20日(木) 朗読(音訳)の基礎
第2回 10月25日(火) 朗読(音訳)の基礎
第3回 11月1日(火) 文章を読む 1
第4回 11月8日(火) 文章を読む 2
第5回 11月15日(火) 文章を読む 3
第6回 11月22日(火) 文章を読む 4
第7回 11月29日(火) 表・グラフを読む 1
第8回 12月6日(火) 表・グラフを読む 2
第9回 12月13日(火) 写真・地図を読む 1
第10回 12月20日(火) 写真・地図を読む 2
第11回 平成29年1月10日(火) 図を読む 1
第12回 1月17日(火) 図を読む 2
第13回 1月24日(火) 録音機器操作 1
第14回 1月31日(火) 録音機器操作 2
第15回 2月7日(火) 下調べと調査


見えない、見えにくい障害を知る ヒューマンライブラリー&講演会

*終了しました
視覚障害や高次脳機能障害、精神障害といった外見から気づかれにくい障害のある人を
「生きている本」としてお招きします。「生きている本」の話を聞き、
質問をする中で、多様な価値観に触れてみませんか。
併せて平成28年4月に施行された「差別解消法」に関する講演会と図書館資料の展示を行います。

 *障害、疾病に関する個別相談会ではありません。


日時/平成28年12月4日(日)午前10時30分から(開場:午前10時)

   A 障害のある人もない人も 〜ともに暮らす社会に向けて一人ひとりができること〜

      障害者差別解消法が4月にスタートしました。横浜市では、社会の中のさまざまな障壁を取り除く
     ことができるよう、障害のある人とない人との対話を通して、1人ひとりが考え、行動することで
     障害のある人も障害のない人も暮らしやすい社会の実現を目指しています。
      例えば、公共施設や駅などで、障害があることを理由に利用できない人がいるとしたら・・・
     あなたはどのように感じますか?車いすを使用している人が段差を上がれないのは、「その人に
     障害があるから」ではなく、「スロープがないから」と考えるのがこの法律の考え方です。
      これに基づいて、一人ひとりができることを一緒に考えていきましょう。
     ●講師/横浜市健康福祉局障害企画課職員
      開催時間/午前10時30分から午前11時30分まで

    B ヒューマンライブラリー(当事者によるミニ講演会)
      外見からは見えない、見えにくい障害のある人が、「生きている本」として
      参加者である「読者」と30分間対話します。
    ●生きている本/
     ・「弱視の私がつくるおいしい生活」(視覚に障害のある人)
     ジュージュ―、コトコト、いい匂い。仕事が終わって、多くの時間を費やすのがごはんづくり。
     買い物、調理、そして盛り付け、後片付け。弱視の私の見え方は、左目で明るさ、右目でまだら。
     材料がわからない? 包丁や火は使えない? 感覚を使ったおいしいごはんづくりを紹介します。

     ・「埋もれた言葉を探すには」(高次脳機能障害/失語症の人)
     四年前、47歳で脳出血になりました。体の麻痺は軽かったのですが、後遺症で言葉が出なくなり、
     読み書き、計算もダメ。幸い元の職場に戻れましたが、失語症が治ったわけではありません。
     仕事のときに困ることがたくさんあります。それを話そうと思います。

     ・「夢はノーベル文学賞?」(統合失調症患者)
     アメリカの数学者ジョン・ナッシュ博士を知っていますか? 博士は、「統合失調症」を抱えながらも
     社会に貢献し、ノーベル経済学賞を受賞しました。精神障害のある人にもさまざまな潜在能力を持った
     人たちがいます。エッセイ執筆が得意な私が体験をお話します。

     開催時間/(1)午後1時00分から午後1時30分まで
           (2)午後2時00分から午後2時30分まで
           (3)午後3時00分から午後3時30分まで
         *(1)〜(3)それぞれの時間帯で「生きている本」1人のお話を聴くことができます。
         *(1)〜(3)で「生きている本」がお話する内容は、毎回ほぼ同じです。
         *「生きている本」の体調等により内容が変更になることがあります。 

会場/中央図書館5階会議室
定員/<事前申込制、先着順>
   A 40人 
   B (1)〜(3)各回12人(複数回の申込み可。「生きている本」1人につき4人まで)
    
*事前申込みは、(1)〜(3)の内、参加される回についてお受けします。
     「生きている本」のご指定は、当日各回開催時間の15分前からお受けします。

    *手話通訳・要約筆記が必要な方は11月18日(金)までにお申込みください。
申込方法/11月11日(金)午前9時30分から受付開始
    (1)中央図書館1階 ヘルプデスク
    (2)電話(045-250-1619)
    (3)Email(ky-libsyo@city.yokohama.jp
    
*申込時に「行事名(ヒューマンライブラリーの場合は(1)〜(3)ご希望の時間帯)、氏名、電話番号」を
     お知らせください。
     *申込時にお知らせいただいた個人情報は、当日の出席確認及び講座の中止等、事務局から連絡の必要が
     生じた場合にのみ利用します。
参加費/無料


お問合せ

    • 中央図書館 障害者支援事業担当
    • 直通電話・FAX番号 045-250-1619

ページトップへ