中国影絵がやってくる !
〜光と影のファンタジー 影絵の世界を楽しもう〜


7月17日(月・祝)、
ユネスコ世界無形文化遺産「中国影絵」の伝承者路連達氏をお迎えして、
中央図書館ホールで影絵の公演が行われました。
当日の様子をご紹介します!

影絵の様子、獅子舞
『獅子舞』の冒頭部分です。跳ね回る鞠と獅子がアクロバティックに動きます。
影絵の様子、北京の路地の一日
『北京の路地の一日』より金魚売りです。北京で見られた物売りが威勢の良い掛け声とともに次々と現れます。日本のやきいも屋台も登場。
影絵の様子、金の斧
『金の斧・銀の斧』の一幕です。よく知られた童話の中国版です。
影絵の様子、北京の路地の一日
『鶴と亀』の一幕です。激しく動く鶴と全く動じない亀が対比されます。
影絵の様子、路連達氏による解説
中国影絵の伝承者、路連達氏(右)です。革を材料とする人形を手に解説をしていただきました。
影絵の様子、体験コーナー
当日は来場者の方にも人形を手に取って体験していただく時間もありました。

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > イベント > 中国影絵がやってくる!〜光と影のファンタジー 影絵の世界を楽しもう〜