ヨコハマライブラリーカフェのロゴマークこれまで開催したヨコハマライブラリーカフェ(平成28年度)

◆第44回 農業の最先端・植物工場が実現する未来の社会とは

◆第45回 創薬の未来に挑戦!最先端の薬の開発―現状とこれから

◆第46回 伊勢佐木界隈140年

◆第47回 経営者の戦略観にみる優良中小企業の要件とは

◆第48回 街頭紙芝居の歴史

◆第49回 スマートレジリエンス・バーチャルパワープラント(VPP)構築事業の取組について







◆第44回 農業の最先端・植物工場が実現する未来の社会とは

講師の藤本氏の写真

 農家の高齢化・後継者不足、TPPによる農産物貿易の自由化など日本の農業は大きな転換点
に立っており、強い農業を実現するための新たな栽培方法として、植物工場が注目されています。
 今回の講座では、植物工場の概要を始め、安全性や栄養価などを実際の事例を交えながら
解説していただきました。
 また、国内外の現状や医療分野での活用例といった今後の展望についてもご講義いただき、
植物工場について理解を深めることができました。

 

  • 【ゲスト】 藤本ふじもと 真狩まかる 氏 (一般社団法人 イノプレックス 代表理事)
    【略歴】
     神戸大学経済学部を卒業後、京都大学医学研究科在籍中、2008年にイノプレックスを設立。
    主にメディカル・バイオ分野の技術調査・技術経営戦略のコンサルタントとして、
    年間100社以上のテクノロジー企業を調査するとともに、技術の事業化やベンチャー企業の経営支援に携わっている。
     近年は農業・施設園芸分野の技術コンサルタントとして、アーバンファームファクトリー(株)取締役など、
    複数の技術顧問・社外取締役を兼任している。
  • 【日時】 平成28年5月21日(土) 午後2時〜午後4時
  • 【共催】 横浜市温暖化対策統括本部ヨコハマエコスクールのロゴ
  • 【配布資料】 チラシ(PDF:761KB) 関連ブックリスト(PDF:532KB) ゲスト推薦図書一覧(PDF:319KB)

展示の様子 講義の様子 休憩中の様子 休憩中の様子





◆第45回 創薬の未来に挑戦!最先端の薬の開発―現状とこれから

講師の杉山氏の写真

 創薬の初期段階では多数の候補化合物が作られますが、 市場に出るものはごくわずかです。
また、ヒト臨床試験は高額の費用を要することから、
その前に、候補となる化合物を合理的に選択するためのシステム構築が必要です。
 今回の講座では、創薬の現状や、創薬における数理モデルの重要性についてお話をいただきました。
 また、薬の作用のしくみや、その効果の個人差についても具体例を交えながらお話しいただき、
薬について理解を深めることができました。

 

  • 【ゲスト】 杉山すぎやま 雄一ゆういち 氏 (理化学研究所イノベーション推進センター・杉山特別研究室 特別招聘研究員)
    【略歴】
     高知県出身。東京大学薬学部卒業後、同大学院に進みその後、教鞭をとる。
    薬学博士。1978年米国UCLAに留学。東京大学薬学部助教授を経て、1991年に教授に就任。
    2012年に定年退官し、同年4月より現職。
     趣味は、読書(乱読)、ラップを聞くこと、 ゴルフ(下手;ハンデ105前後)です。
    I am OK and you are OKを信条としています。
  • 【日時】 平成28年6月4日(土) 午後2時30分〜午後4時30分
  • 【共催】 国立研究開発法人理化学研究所 横浜事業所
  • 【配布資料】 チラシ(PDF:690KB) 講義資料(PDF:252KB) ゲスト推薦図書一覧(PDF:245KB) 関連ブックリスト「薬を調べる」

展示の様子 講義の様子 講義の様子 講義の様子





◆第46回 伊勢佐木界隈140年

講師の平野氏の写真

 明治期に誕生した伊勢佐木町は、横浜の文化を発信する街として歴史を刻んできました。
19世紀の頃は劇場・寄席・娯楽場や小さな商店が立ち並び、横浜に住む庶民の盛り場として発展しました。
大正期になると劇場や寄席は映画館となり、松竹や吉本興業が進出、
関東大震災の復興後にはデパートも開業し、昭和モダンな街へと変化していきました。
 今回の講座では、様々な史料を用いながら、時代によって変化してきた街の様子をお話していただきました。

 

  • 【ゲスト】 平野ひらの 正裕まさひろ 氏 (横浜市史資料室主任調査研究員)
    【略歴】
     1960年静岡県生まれ。1985年東海大学大学院文学研究科修了ののち、1986年横浜市総務局市史編集室勤務。
    『横浜市史II』編纂に従事。1992年より横浜開港資料館調査研究員(のち主任調査研究員)。
    企画展示「“蚕の化せし金貨なり…” ―明治大正の生糸産地と横浜」(2014年)、
    「ときめきのイセザキ140年―盛り場からみる横浜庶民文化」(2010年)、
    「横浜商人・繁栄の60年」(2002年)などを担当。
     CD『よこはま歌物語』(2009年・キングレコード)を編集。2015年4月より横浜市史資料室主任調査研究員。
  • 【日時】 平成28年10月23日(日) 午後2時〜午後4時
  • 【共催】 総務局市史資料室
  • 【配布資料】 チラシ(PDF:554KB) 講義資料(PDF:6216KB) 関連ブックリスト(PDF:272KB) 展示資料リスト(PDF:581KB)

展示の様子 展示の様子 講義の様子 講義の様子






◆第47回 経営者の戦略観にみる優良中小企業の要件とは

講師の福田氏の写真

 サービス経済化が進行する中で、経済全体の成長率鈍化(ボーモル病)が懸念されています。
   今回の講座では、日本経済の新陳代謝を促進し、地域経済をけん引する中小企業が生産性を向上するためには、 経営者の戦略観として何が必要か、最新の実証研究の成果をもとにお話しいただきました。「優良中小企業」の要件となり得る様々な指標について、理解を深めることができました。

 

  • 【ゲスト】 福田ふくだ あつし 氏 (関東学院大学経済学部教授)
    【所属学会】
    日本流通学会理事(前関東甲信越部会長)、日本卸売学会理事、日本中小企業学会
    【研究テーマ】 
    中小企業のビジネスモデル研究、地域商業政策研究
    【文部科学省採択 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(2012年度〜2014年度)】
    「地域との協働による優良中小企業の経営戦略と政策に関する実証研究」研究代表者
    【主著書(共著)】
    『地域商業革新の時代』創風社2008年、『基礎から学ぶ流通の理論と政策 新版』八千代出版2016年
    【主論文】
    「中小サービス業の優良性に関する考察」(『商工金融』第65巻5号 2015年5月)
    「戦略観に基づく中小製造業の類型化と優良企業に関する考察」(『日本地域政策学研究』第12号 2014年3月)
  • 【日時】 平成28年11月6日(日) 午後2時〜午後4時
  • 【共催】 関東学院大学
  • 【配布資料】 チラシ(PDF:608KB) ゲスト推薦図書一覧(PDF:433KB) 関連ブックリスト(PDF:248KB)

講義の様子 講義の様子 展示の様子 展示の様子






◆第48回 街頭紙芝居の歴史

講師の刈田氏の写真

 街頭紙芝居は、昭和初期に登場し、昭和30年代頃まで、街の空き地や広場などで演じられた紙芝居です。
 今回の講座では、街頭紙芝居の歴史的成り立ち、文化的価値、生業としてのありようや、衰退の要因、
社会的背景などをお話しいただきました。

 

  • 【ゲスト】 刈田かりた ひとし 氏 (横浜市歴史博物館主任学芸員)
    【略歴】
    神奈川大学経済学部経済学科卒。横浜市歴史博物館に準備室から民俗担当の学芸員として
    勤務。関心のあるテーマは民具や生業。
    2008年に、昨年横浜市の有形民俗文化財に指定された街頭紙芝居の寄贈者、鷲塚隆さんと
    出会い、街頭紙芝居に魅力を感じる。
    2010年開催の企画展「大紙芝居展」を担当し、横浜市中央図書館所蔵の街頭紙芝居とも出会う。
    街頭紙芝居を人と人が相対して演じている場の雰囲気とともにどう後世に伝えるか、資料の保存
    とともに活用の方法も含めて模索している。
  • 【日時】 平成28年12月11日(日) 午後2時〜午後4時
  • 【共催】 横浜市歴史博物館
  • 【配布資料】 チラシ(PDF:1.65MB) 関連ブックリスト(PDF:1.51MB)

講義の様子 講義の様子 展示の様子 展示の様子






◆第49回 スマートレジリエンス・バーチャルパワープラント(VPP)構築事業の取組について

講師の土肥氏の写真

 横浜市では、日本初のモデルとして「スマートレジリエンス・バーチャルパワープラント構築事業」を発信、展開しています。
 今回の講座では、事業の詳細や今後の展望について易しく解説していただき、理解を深めることができました。
また、蓄電池やIoTなどの関連技術についてもお話しいただいたほか、たくさんの質問にもお答えいただきました。

 

  • 【ゲスト】 土肥どひ 幸夫さちお 氏
      (株式会社 東芝 エネルギーシステムソリューション社 ソリューション&サービス事業部 エネルギーIoT事業開発部参事)
    【略歴】
     2012年より横浜スマートシティプロジェクト(YSCP )において、
    日々のオペレーション、プロジェクトに参加頂いた需要家の皆様からの問合せ受付、システム監視等の運用業務を担当。
    スマートレジリエンスバーチャルパワープラント構築事業にも参画し、蓄電池盤の導入や充放電システムの構築・運用を行う。
     これまでのエネルギーシステムにインターネット技術等の新たなしくみを組み合わせる事で、
    バーチャルパワープラントの様な、より効率的なエネルギーシステムの実現に向けて活動中。
  • 【日時】 平成29年2月4日(土) 午後2時〜午後4時
  • 【共催】 横浜市温暖化対策統括本部
  • 【配布資料】 チラシ(PDF:680KB) ゲスト推薦図書一覧(PDF:374KB)

展示の様子 講義の様子 講義の様子 休憩中の様子

ページTOPへ

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 調べ物・相談 > これまで開催したヨコハマライブラリーカフェ(平成28年度)