横浜市中央図書館 「地図の世界 〜図書館で広げる、広がる〜

地図の世界
 地形や道路、建物など、その土地の様々な情報が
 盛り込まれている「地図」。この「地図」をテーマに、
 企画展示ヨコハマライブラリースクールを開催します。
 横浜市中央図書館で所蔵する様々な地図、測量や地理学など
 地図に関する資料を通して地図の魅力をお伝えします。

 

企画展示「日本のかたち〜明治・大正・昭和の地図〜」地図の世界 チラシ

 明治から昭和にかけて作成された日本各地の地図を複製・製本した
 「復刻版地図」。その多くは、1980〜90年代に刊行されました。
 復刻版とはいえ、昔の地図情報を知ることができる大変貴重な資料です。
 普段は書庫で保管されていますが、手に取ってご覧いただけるこの機会に、
 作成者・発行者やテーマ・描き方等の時代による違いや、
 地形・街並みから立ちのぼる当時の風景をお楽しみください。

 【開催期間】平成29年11月21日(火)〜12月17日(日)
                  *展示期間中、休館日はありません

 【会場】中央図書館1階 展示コーナー

 【協力】一般財団法人 日本地図センター


関連企画展示

 【開催期間】平成29年11月21日(火)〜12月17日(日)

(1) 3階ヨコハマ資料部門貴重資料展示 「尾崎富五郎の地図」

尾崎富五郎『改良横浜全図』(明治23年7月)尾崎富五郎は、江戸から横浜・野毛に移住し、
明治期に多くの横浜地図を作成しました。
「書肆錦誠堂(しょしきんせいどう)」として、英語の手引書や往来もの
と称される教科書などを発行するとともに、絵双紙などの販売も手がけました。
中央図書館が所蔵する貴重資料から、
尾崎富五郎の『改良横浜全図』(明治23年7月)をご紹介します。 
横浜市立図書館デジタルアーカイブ「都市横浜の記憶」からもご覧いただけます。

(2) 4階自然科学部門 「地図の世界 ―測る・描く・使う―」

展示予定資料「測る」では、伊能忠敬からGPSまで日々進化する地図を作るための技術と
地表を測るための知恵に関する資料を、
「描く」では、美しくわかりやすい地図表現を目指して重ねられてきた工夫や
自分で地図を作るノウハウについて書かれた資料を、
「使う」では、日常生活はもとより防災や都市計画にも欠かせない
地図の活用例や読み解き方の資料をご紹介します。

(3) 5階人文科学部門 「地図の世界 ―学ぶ・読む・歩く―」

展示予定資料人文科学部門の本棚から、「学ぶ」「読む」「歩く」の3つのテーマで
地図の世界に親しむきっかけとなる資料を集め、展示します。
「学ぶ」では、地図の成立や歴史、地図の読み方、地名、地理学関連資料を、
「読む」では、紀行、地誌関連資料を、
「歩く」では、古地図散歩、歴史散歩関連資料をご紹介します。

<3階一般調査部門 「地図コーナー」のご案内>

 日本全国の地形図・地勢図、日本地図、世界地図、住宅地図、海外地図、
 道路地図等、様々な地図をそろえた調査に役立つコーナーです。
 この機会に、どうぞご利用ください!
  *展示はしていません。

ヨコハマライブラリースクール

教養講座「地図で楽しむ「望岳都」 −横浜からの山岳展望」

ヨコハマライブラリースクール教養講座のロゴマーク 港町横浜は、山がよく見える「望岳都(ぼうがくと)」です。
 富士、箱根、丹沢はもちろん、南アルプスや男体山、筑波山まで望見できます。
 地図を使えば、見えている山の名前が面白いようにわかります。
 パソコンソフトを使う方法を含めて地図を使って山を楽しむ方法を解説していただきます。
 気になる山の写真があればお持ちください。
 また、旧版地図の魅力・利用法についてもお話しいただきます。

【講師】 田代 博 氏【日時】平成29年12月2日(土)午後2時〜4時

【会場】中央図書館5階 第1会議室

【定員】60名(申込先着順)

【講師】 田代 博 氏(一般財団法人 日本地図センター相談役)

【共催】一般財団法人 日本地図センター

 

事前申込が必要です。<定員に達したため、申込受付は終了しました。>
 詳細は「ヨコハマライブラリースクール」のウェブサイトをご覧ください。

 

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 調べ物・相談 > 横浜市中央図書館で「地図の世界 〜図書館で広げる、広がる〜」を開催します!