企画展示 「カタログで楽しむ美術展」

展示タイトル 応援プログラムロゴ

 

 展覧会では、展示作品の図版や解説をおさめた「カタログ」が作成されます。
一般の書店には流通しないものが多く、展覧会会場などでの購入に限られがちなカタログですが、
横浜市中央図書館では、約1400点の展覧会カタログを所蔵しています。
 この度、ヨコハマトリエンナーレ2017開催を契機に、美術に関するカタログの展示を行うことといたしました。
 例えば、パブロ・ピカソを主題とする美術展で、中央図書館が所蔵するカタログは11点。
それぞれを見比べると、陶芸作品をメインとした企画、子どもをモチーフにした作品に焦点を当てた企画など、
同じピカソでも全く異なる切り口の美術展が開催されています。
 本展示では、同じ画家を扱ったカタログを複数並べることで、彼らの新たな魅力を発見していただくとともに、美術展の楽しさをお伝えします。


展示の様子 展示の様子 展示の様子

開催期間

平成29年9月20日(水)〜10月9日(月・祝)
*展示期間中、休館日はありません。

会場

中央図書館5階 エレベーター前

展示内容

*会期前半 9月20日(水)〜9月29日(金)
   日本人画家(横山大観、下村観山、東山魁夷など)

*会期後半 9月30日(土)〜10月9日(月・祝)
   外国人画家(パブロ・ピカソ、サルバドール・ダリ、ポール・セザンヌなど)

*横浜美術館美術展カタログ

*横浜美術館美術情報センターの紹介

協力

 横浜美術館


★展示期間中の10月7日(土)、ヨコハマライブラリースクール「学芸員の仕事とは?−横浜美術館の場合」を実施します。
 詳しくはコチラ

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 調べ物・相談 > 平成29年度中央図書館企画展示「カタログで楽しむ美術展」