本文へジャンプ - トップメニュー|検索
横浜市都筑図書館  横浜市都筑区茅ケ崎中央32番1号
都筑区総合庁舎1階
電話 045-948-2424 FAX 045-948-2432
   | 市立図書館よくある質問  | プライバシーポリシー  
ホーム 利用案内 フロアガイド おはなし会 イベント情報 交通・アクセス

「歯」の健康を守ろう!

毎年6月4日から6月10日は、「歯の衛生週間」です。健康な生活の礎となる「食」を支える「歯」。このリストでは、子どもの歯と口の健康について取り上げたものを中心に、歯に関する図書をご紹介します。

(都筑区福祉保健課連携事業 2011.05作成-2012.06改訂)

   『こどもの歯を「治療・矯正」する前に』
内野博行/著 ジャパンマシニスト社 2011年
フッ素はむし歯予防の特効薬?歯石をとらないとむし歯になる?歯科矯正で本当に望んだようになるの?など、子どもの歯をめぐる様々な疑問に現役歯科医が答えます。歯科医療の背景にある問題にも言及しています。歯科を利用する際の参考書としても役立ちます。

   『すぐに役立つ 歯育て支援Q&A お母さんたちからの194の質問に答えて』
池田市歯科医師会母親Q&A検討委員会/編著 クインテッセンス出版 2005年
歯科医療、指導の現場で実際に受けた質問をもとに作成した質疑応答集。「親に虫歯が多いと子どもも虫歯になりやすい?」「うがいが上手にできません」など、子育てに沿った具体的な質問と回答が収録されています。専門家向けですが説明は平易です。ご家庭でもぜひご活用ください。

   『子どものための歯と口の健康づくり 写真とイラストでわかりやすい』
医歯薬出版 2000年
乳児期から学齢期までの歯と口の健康づくりのポイントを解説する「ビジュアルなマニュアル」本。お乳の飲ませ方、乳歯・永久歯のケア、歯ブラシの選び方、歯の磨き方、むし歯予防、歯ならび、口内のケガなどについて、カラー写真やイラストとともに解説しています。
『おとなのための歯と口の健康づくり』 もあります。

   『目で見る日本と西洋の歯に関する歴史 江戸と明治期,16〜20世紀の資料を中心に』
大野粛英・羽坂勇司/著 わかば出版 2009年
日本では昔、結婚した女性は歯を黒く染めるのが当たり前のことでした。歯磨きには房楊枝や小楊枝というものが使われていました。歯に関する風俗と、歯の治療法およびさまざま器具の移り変わりを、貴重で珍しい図版をたくさん使って、オールカラーで解説しています。

HP情報
横浜市歯科医師会
神奈川県歯科医師会
歯や口のケアの方法のほか、地域の歯科医療関連情報なども見られます。

保土ケ谷区子育て情報「ぴよぴよぽっけ」
「歯・栄養」のページに、虫歯のメカニズムや食生活のアドバイスなどがのっています。

日本小児歯科学会
「こどもたちの口と歯の質問箱」の年代別QAが充実。
 

子どもの本で歯育て

ちしきのほん

   『たんけんはっけんじぶんの歯 新しい歯のみがき方』
丸森英史/著 少年写真新聞社 2012年
一番おくの歯の、そのまたおくに歯が生えて、前歯がぬけた後に新しい歯が生えてきたら、「おとなの歯へのだい一歩」。自分の新しい歯を、きちんとみがけているかな?前歯と6歳臼歯の正しい磨き方を、写真で解説しています。

   『むしばミュータンスのぼうけん』
かこさとし/著 童心社 1985年
わがはいの名は、むしばミュータンス。歯のあいだにたまったかすをえさにして、なかまをふやしていく。あまいものが大すきで、歯をみがかない子どもとは、大のなかよしなのだ。どうしてむし歯ができるのか、ミュータンスが説明しています。

   『むし歯のもんだい』
北川原健・柳生弦一郎/著 福音館書店 1997年
むし歯ってどうしてできるのかな?口の中にいる「ミュータンス」というバイ菌が砂糖と結びついて歯に穴をあけるんだよ。むし歯のバイ菌は小学生の歯がだいすき。絵本形式で小学生にも分かりやすく解説してくれます。お母さん、お父さんにむけた解説もあります。

   『口を大きくあけて! 歯の学校はこちらです』
ローリー・ケラー/作 , 木坂涼/訳 , 荻原和彦/監修講談社 2002年
ここは歯の学校。フロスマン先生と永久歯のせいとたちが、歯の勉強をしています。歯はどういうふうにできているの? 赤ちゃんの歯−乳歯−って必要なの? 虫歯の予防法は? カラフルなイラストを楽しみながら歯について知ることができます。

『もしも歯医者がなかったら』  ウルリケ・ゲロルド/文 , ヴォルフラム・ヘーネル/文 , アンネッテ・フィーニフ/絵 , たかおまゆみ/訳 童心社 2002年
『病気とケガのタネあかし 4 虫歯がいたい君に』  大月書店 1999年
 

えほん

   『いーはとあーは』
やぎゅうげんいちろう/さく 福音館書店 2003年
はをみせてちょうだい。「いー」だといいけど、「あー」だと、むしばがあるのがみえるぞ。ほうっておいたら、どうなるかな。ともだちやおとなのはって、どうなっているんだろう。絵本形式で小学生にも分かりやすく解説してくれます。

   『歯がぬけた』
中川ひろたか/作 大島妙子/絵 PHP研究所 2002年
ごはんをたべていたら、ガリッていしをかんだ。それは、いしではなくて、ぼくの歯だった。あかちゃんのとき、さいしょにはえてきた歯なんだって。きれいなビンにいれて、だいじにしよう。だって、ぬけた歯をいいことにつかうアイデアを、おもいついたからね!

   『歯いしゃのチュー先生』
ウィリアム・スタイグ/ぶんとえ  うつみまお/訳 評論社 1991年
チュー先生は、とてもうできき。いつもかんじゃがたえません。でも、きけんな動物のちりょうはおことわり。ところがある日、キツネのしんしが「歯がいたくて、死にそうです」とやってきて…。さあ、どうしよう。

   『ハガネの歯』
クロード・ブージョン/文と絵 , 末松氷海子/訳 セーラー出版 1990年
こぎつねルルのおじいちゃんの歯はたった1本のこってるだけ!でも、むかしはするどくてりっぱで、みんなから「ハガネの歯」とおそれられていたんだって。その歯で、たくさんのえものをつかまえてきたんだけど、だんだんぬけてきちゃったんだよ。

   『はがぬけたらどうするの? せかいのこどもたちのはなし』
セルビー・ビーラー/文, ブライアン・カラス/絵 こだまともこ/訳 , 石川烈/監修 フレーベル館 1999年
はがぬけたら、みんなはどうしてる? にほんでは、うえのはがぬけたらえんのしたに、したのはがぬけたらやねのうえになげると、あたらしいはがまっすぐはえるといわれているんだよ。ほかのくにでは、ぬけたはをどうしているのか、この絵本でみてみよう。

   『ノンタンはみがきはーみー』
キヨノサチコ/作・絵 偕成社 1989年
ノンタンがイイイのイーして、はみがきはーみー、しゅこ しゅこ しゅっ しゅっ。うさぎさんも、たぬきさんも、くまさんも、ぶたさんも、みんなではみがきはーみー!大すきなノンタンといっしょなら、子どもたちも楽しく歯みがきできますね。

『はははのはなし』  加古里子/ぶん・え 福音館書店 1972年
『わにさんどきっはいしゃさんどきっ』  五味太郎/作・絵 偕成社 1984年

紙芝居

『くろわん しろわん はみがきシュッシュッ』  伊東美貴/作・画 教育画劇 2003年
『はのいたいモモちゃん』  鈴木未央子/画 松谷みよ子/脚本 童心社 1972年
『むしばせいじんがやってきた』  内山安二/作・画 教育画劇 1986年


横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 各図書館 > 都筑図書館 > 都筑図書館 ブックリスト「歯の健康を守ろう!」

教育委員会事務局都筑図書館 2005年12月1日作成 - 2012年6月5日更新
TEL: 045-948-2424
FAX: 045-948-2432
E-mail:ky-libkocho14@city.yokohama.jp
©2005-2012 City of Yokohama. All rights reserved.