お知らせ

 
●鶴見図書館 イベントのお知らせ


 ◆つるみ読書講演会「知ってる?紙芝居ってね・・・。」 開催しました

  12月16日に、長野ヒデ子さんを講師にお迎えし、紙芝居の基本や絵本との違いをお伝えする講座を開催しました。
  実演も交えながらの楽しいひととき。紙芝居の魅力が伝わったのではないかと思います。


  長野氏     当日の様子 

  講師/長野ヒデ子氏(絵本・紙芝居作家)


 ◆ワークショップ「つくってみよう鶴見の紙芝居」 開催しました

  つるみ読書講演会「知ってる?紙芝居ってね・・・。」
  に引き続き、紙芝居をつくって鶴見の魅力を再発見するワークショップを開催しました。
  鶴見の郷土も学べる目からウロコ!のワークショップでした。


  ときわ氏   当日の様子

  講師/ときわひろみ氏(紙芝居作家)

  そして、いよいよワークショップで作った紙芝居の発表会を行います!

  素敵な作品が、多数紹介されます。
  恥ずかしながら、作った本人が実演します!
   
   日時/1月31日(水)午後1時30分〜4時
   対象/どなたでも大歓迎です。
   会場/鶴見区役所 6階会議室
     (図書館ではありません。ご注意ください)
   協力/紙芝居文化推進協議会
   申込/不要 直接ご来場ください
      途中入退出できます、
  
   チラシはこちらからご覧いただけます。(PDF/376KB)




 認知症サポーター養成講座 
   
  「認知症かな?」と思う人はいるけど、どう接したらいいのかわからない、という方へ。
  認知症を正しく理解し、そっと見守ることのできる人が地域に増えていただけるよう、認知症をわかりやすくご説明します。

   日時/2月16日(金)午後1時30分〜3時
   対象/一般
   会場/鶴見図書館会議室
   定員/先着20人
   協力/鶴見区社会福祉士連絡会、認知症キャラバンメイト
   申込/1月12日(金)9時30分から電話か図書館カウンターで

   チラシはこちらからご覧いただけます。(PDF/326KB)


●展示「新春に始めてみませんか?」
  
  明けましておめでとうございます。
  新しい年の始まりに合わせて、何か新しいことに取り組んでみませんか?
  初心者向けから少し変わったものまでいろいろ揃えてお待ちしています。
  
   期間/開催中
   場所/鶴見図書館3階 展示コーナー
   1801展示 展示の様子  



●展示「ことしはいぬどし!」

  今年の干支は犬。
  犬にまつわる本を集めてみました。
  
   期間/開催中
   場所/鶴見図書館2階 展示コーナー
   1801展示 1801展示 



 ◆「鶴見おはなしフェスティバル」開催しました 

   鶴見おはなしフェスティバルを、12月10日に開催しました。
   パネルシアターや鶴見大学の学生ボランティアによるクリスマス会など、多くの家族連れでにぎわいました。
   当日は、鶴見区マスコット「ワッくん」も鶴見図書館にやってきましたよ!

    当日の様子 toujitunoyousudesu  ←当日の様子です

   また、おはなし会の後に、みんなでクリスマスの飾りを作りました。

   クリスマスツリー



 ◆「大人のための朗読サロン」開催しました 

   朗読グループ「NEXUS〜きずな〜」による大人のための朗読会を12月9日に行いました。

    今回は 『鯉のあらい』  柏田道夫 作
        『聖夜のメール』 森 浩美 作
        『雪明かり』 藤沢周平 作
    この3つの名作の朗読をしました。

    当日、貸出用に用意した本もすぐになくなり、朗読会の人気がうかがえました。


 ◆「大人のための朗読ライブラリー」開催しました 

   朗読グループ「トネリコ」による大人のための朗読会を11月22日に行いました。

   今回は 『ばあばは、だいじょうぶ』  楠 章子 作
         『聖フランチェスコの母』 塩野七生 作
         『シャエの王女』 槙佐知子 作 
         『家守綺譚「サルスベリ」』 梨木香歩 作
    この4つの名作の朗読をしました。

    鶴見図書館の朗読イベントも定着してきました。
    いい夫婦の日に、家族との関係をテーマにした作品を、たくさんの方々が楽しんでくださいました。


 ◆英語でたのしむおはなし会 開催しました
   
    12月19日に、外国人による英語でたのしむおはなし会が開催されました。
    英語の手遊びや絵本の読み聞かせを行う、毎回好評のおはなし会。
    今回はクリスマスがテーマでしたが、皆さん楽しそうに参加していました。


 ◆「鶴見区制90周年記念歴史パネル展」終了しました 

     鶴見区の古い町並みを写した写真を、じっと眺めている方も多くいらっしゃいました。
   明治・大正・昭和の時代において、移り行く鶴見の街の変化に思いを馳せていたのかもしれません。
   
   当時の様子 当時の様子 ←当時の展示の様子です
      



●鶴見区読書活動推進目標について
 
   鶴見区読書活動推進目標は、「横浜市民読書活動推進計画」に基づいて、平成26年度に策定されました。
 平成26年度から30年度までの5年間の目標です。くわしくはこちらのページをご覧ください。
 市民の読書活動推進月間である11月に開催された「つるみ読書講演会」の様子もご紹介しています。
 

 

おはなし会のお知らせ


今月のおはなし会予定はこちら(横浜市立図書館 定例おはなし会のページ)をご覧ください。

●3歳以上(ご家族みなさんでどうぞ!)

みんなでたのしむおはなし会

絵本のよみきかせや手遊び、おはなし、紙芝居をします。事前の申込みは必要ありません。

・日時  毎月第2水曜日 午後4時〜
・場所  鶴見図書館 絵本コーナー

平成29年度のみんなでたのしむおはなし会のスケジュールは【みんなでたのしむおはなし会】(PDF/320KB)をご覧ください。

☆「おはなし会スタンプカード」があります。おはなしを聞いた子にスタンプをおします。
 3つスタンプがたまると、自分で借りる本を貸出手続きできます!
 おはなしを楽しんで、自分でピッとやってみよう!
  *貸出体験ができるのは、おはなし会当日のみです。
  *未就学のお子さんは保護者の方がご一緒にお願いします。

 

●1歳6か月〜3歳未満のお子さんと保護者向け

親子でたのしむおはなし会

小さいお子さんとその保護者のためのおはなし会です。絵本やわらべうたなどのプログラムを通して、言葉の持つ楽しさにふれてみませんか?どうぞお気軽にご参加ください。事前の申込みは必要ありません。

・日時  毎月第4火曜日 午前11時〜11時30分
・場所  鶴見図書館 会議室
・定員  先着15組

平成29年度の親子で楽しむおはなし会のスケジュールは【親子で楽しむおはなし会】(PDF/257KB)をご覧ください。

●4か月〜1歳6か月のお子さんと保護者向け

赤ちゃんとたのしむおはなし会

わらべうたで遊んだり、絵本を読んだりします。
事前の申し込みは必要ありません。直接図書館へお越しください。
*参加人数が多い場合、時間前に始めることがあります。ご了承ください。

・日時  毎月第4金曜日 午前10時30分〜11時(10時15分開場)
・場所  鶴見図書館 会議室
・定員  先着15組

平成29年度の赤ちゃんとたのしむおはなし会のスケジュールは【赤ちゃんとたのしむおはなし会】(PDF/367KB)をご覧ください。


横浜市立図書館からのお知らせは中央図書館トップページをご覧ください。


 

  利用案内

開館時間と休館日について

鶴見図書館の休館日は図書館カレンダーをご覧ください。
当館独自の休館についてはお知らせでご案内します。

開館時間
火曜日〜金曜日:午前9時30分〜午後7時
土曜日・日曜日・月曜日・祝(休)日:午前9時30分〜午後5時
     12月28日:午前9時30分〜午後5時
     1月4日:正午〜午後5時 
   平成30年1月4日は臨時休館日となります。
休館日
施設点検日(月1回)
年末年始(12月29日〜1月3日)
特別整理日(平成29年度は鶴見図書館は6月6日〜8日)

利用のご案内について

登録・貸出などについては利用案内をご覧ください。



施設概要

 ・カウンター
 ・一般書コーナー
   参考図書(事典・辞書類)
   雑誌・新聞
   郷土資料(郷土・鶴見)
   住宅地図(横浜・川崎・大田区)
 ・児童書コーナー
 ・ティーンズコーナー
 ・外国語コーナー
   英語、中国語、韓国・朝鮮語、スペイン語、ポルトガル語

 ・WC(男・女・多目的トイレ)
 ・利用者検索機 7台
 ・利用者用インターネットパソコン 2台
 ・コピー機(カラー・1台)
 ・閲覧机席
   一般用32席
   児童用10席
 ・閲覧席
 ・会議室
 ・対面朗読室
 ・蔵書数  一般書 74,472冊  児童書 35,193冊  計 109,665冊(H29.3.31現在)

   ・駐車場はありません。
 ※図書館前の道路は、駐車禁止区域です。路上駐車は、通行の妨げになり、近隣の皆さまの迷惑となります。
  車で来館の際は、運転者が車から離れることなく、直ちに運転できるようにするか、近隣の有料駐車場をご利用ください。

図書館ロゴ