グラフ(数字)で見る戸塚図書館

図1 蔵書冊数

図1

開館後の台風水害による約3万3千冊の書庫資料損失を経て現在に至っています。また、予約の多い小説などの本を市民の皆様から多数ご寄贈いただき、活用させていただいています。今後ともご理解、ご協力をよろしくお願いします。

図2 年間入館者数・貸出冊数

図2

開館4年を経過後、減少傾向にありましたが、コンピューターシステムの更新など、中央図書館開館の時期を境に上昇に転じています。また、入館者数調査も始まり、その数も増え続けています。(2006年12月から2007年7月までの戸塚センター再整備工事による臨時休館や仮設窓口運営であったため、いずれも減っています。)

図3 予約受付冊数(年間)

図3

コンピューターシステムの更新、全市立図書館の資料検索が可能になった中央図書館開館以降増え続け、インターネットでの予約が可能となったあとの伸びが著しいです。

図4 予約受付(1日)

図4

予約受付冊数1日平均は、1994年頃には100冊程度でしたが、順次増え続け、2008年以降、500冊を越える日が多くなっています。

出典:『横浜市の図書館(横浜市立図書館年報および概要)』各年度版