今月の本棚

9月

緑図書館に入った本から、いくつかをご紹介します。
ぜひ、手にとってご覧ください。


今月の本棚(バックナンバー) 2017年12月から2018年11月分

12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月 
  • フォトジャーナリストの視点』林典子/著 雷鳥社
    書誌番号:3-0500583733 ラベルの記号:070

    この本の著者はフォトジャーナリストです。著者がどのようなきっかけで今の仕事を選び、どのような思いや考えで仕事をしているかが書かれています。そして、誰もがスマートフォンを使って写真を撮ることができるようになった現代で、 フォトジャーナリストは、ただ写真を撮るだけでなく、写真によって何を伝えていくかが大切だと言っています。 取材で撮影した著者の写真も魅力的です。

  • レイシャルハラスメントQ&A』金明秀/著 解放出版社
    書誌番号:3-0500592942 ラベルの記号:316

    セクシャルハラスメント、パワーハラスメントという言葉は広く知られていますが、レイシャルハラスメント はどうでしょうか。エスニックハラスメントともいわれるレイシャルハラスメントは、人種、皮膚の色、 先祖、出身地、民族的出自、民族文化、宗教的信条、国籍などの人種、民族的要素に基づくハラスメントで、 世界中で人種差別の被害にあっている人々が問題を自覚し、それと闘うためにつくりあげてきたものです。 本書は、具体的な事例、被害にあった時の相談先などQ&A形式でわかりやすくまとめられています。 身近なところにある差別について考えるきっかけになることでしょう。

  • 建築・土木の資格と仕事 取りたい資格がわかる本 』梅方久仁子/著 技術評論社
    書誌番号:3-0500570185 ラベルの記号:510

    なんとなく、建築・土木の仕事に就きたい、デスクワーク仕事を辞めて転職したい。そんな人に、まずこの一冊はいかがでしょうか?建築・土木に関する、ありとあらゆる資格が記載されています。多くの人がご存知の「一級建築士」から、現場の「石綿作業主任者」、あまり聞き馴染みのない経理関連の「建築コスト管理士」まで紹介されています。建築・土木という分野だけでもこんなにも資格があり、職業があることに、他の業種の方が読んでも興味深く感じるかもしれません。それぞれの資格について必要な要件、認定機関について記述があります。建築・土木業界に資格の視点から触れてみませんか?

  • 図説古代文字入門 』 大城道則/編著 河出書房新社
    書誌番号:3-0500592452 ラベルの記号:801

    おなじみのヒエログリフ、楔形文字からメロエ文字、ティフィナグ文字といった聞いたこともないような文字まで、それぞれの分野の研究者がわかりやすく解説してくれます。文字の系譜・成り立ちや解読に至るまでの軌跡、実際の読み方などがまとめられており、写真や図の資料も豊富なので、実際に文章を読むことにも挑戦してみましょう。また、未解読の言葉もたくさんありますので、古代文明のロマンあふれる世界に飛び込んでみるのもいかがですか?



緑図書館トップぺージに戻る
図書館ロゴ