今月の本棚

6月

緑図書館に入った本から、いくつかをご紹介します。
ぜひ、手にとってご覧ください。


今月の本棚(バックナンバー) 2017年12月から2018年11月分

12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月 
  • 御朱印のひみつ見かた・楽しみかたがわかる本 』八木透/監修 メイツ出版
     書誌番号:3-0500572928 ラベルの記号:186

    御朱印集めが趣味、という方が増えているそうですが、そもそもなぜお寺や神社で御朱印がもらえるのかご存知ですか?この本によると、御朱印は参拝した証としてもらえるものなのだそうです。この本には、そんな御朱印の歴史や基礎知識から、参拝のマナーなど、御朱印集めの楽しめる方法が書かれています。

 
  • 鯉のぼり図鑑 』 日本鯉のぼり協会/編 林直輝/文 小学館
     
    書誌番号:3-0500563723 ラベルの記号:386 

    時代を彩った色とりどりの鯉のぼりが目を引く表紙に誘われて手に取ると、中味も期待を裏切らない鯉のぼりづくしの楽しい本です。鯉のぼり協会がまとめただけあって、鯉のぼりの歴史、鯉のぼりのできるまでは当然のことながら、鯉のぼりグッズ、日本各地の鯉のぼり祭り、鯉のぼり製造メーカーなど80ページという薄さの中に、ほどよく詰まっています。時代が変化する中で伝統を守ることの大変さを感じるとともに、江戸から続く人々の願いを絶やしてはいけないと誓いたくなるような1冊です。

 
  • 最新農業の動向としくみがよ〜くわかる本 業界人、就職、転職に役立つ情報満載 』中村恵二/著 山口大樹/著 秀和システム
     
    書誌番号 3-0500575920  ラベルの記号:612 

    秀和システムから出版されている定番シリーズの『図解入門○○しくみがよ〜くわかる本』です。さすが定番書です。減反からその補助金を廃止していく方向の日本の米作りについて、国産大豆の自給率を上げる話、農業資材メーカーの動向など、最新の農業の動向がわかります。それだけでなく、各所にある「column」がおもしろいです。8月8日はだだちゃ豆の日だそうですが、その由来は…。苺の「とちおとめ」の海賊版農作物が中国では作られて販売されている話など、楽しめます。最新の農業の世界にこの一冊で触れてみてはいかがでしょうか。

 
  • 雨月物語 日本の古典 』 上田秋成/著 佐藤至子/編 KADOKAWA
     
    書誌番号:3-0500548980 ラベルの記号:913.5

    日本怪異文学の傑作ともいえる『雨月物語』、角川のビギナーズ・クラシックスのシリーズから刊行です。時世を反映させながらも、それに流されることなく、今も昔も読者の心に訴えかける怪しさ。みなさんもかつて教科書などで読んだものも多いのでは。「夢応の鯉魚」や「菊花の約」など、中国・日本の古典に材をとり、後世の日本文学に影響を与えた名品たちを分かりやすい現代語訳と解説でお楽しみください。

 

図書館ロゴ