今月の本棚

6月

緑図書館に入った本から、いくつかをご紹介します。
ぜひ、手にとってご覧ください。


今月の本棚(バックナンバー) 2016年11月から2017年10月分

11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 
  • トコトンやさしい異常気象の本 』日本気象協会/編 日刊工業新聞社
     書誌番号:3-0500462633 ラベルの記号:451

    今年は去年より暑いな?最近豪雨が多いな?そんなことを思うことはありませんか?では異常気象とはなんでしょう?そんな疑問に答えてくれる一冊です。異常気象の定義、気象の仕組みから、最近起こった鬼怒川の氾濫、つくば市で発生した竜巻の解説などわかりやすく学べます。巻末に索引があり、「ラニーニャ」「スーパーセル」など天気予報で耳にする、疑問に思った単語についても知ることができます。

 
  • 富士山大爆発のすべて ― いつ噴火してもおかしくない 』島村英紀/著 花伝社
     
    書誌番号:3-0500419256 ラベルの記号:453 

    富士山は有史以来何回も噴火し、それも様々なタイプの噴火をするので、著者は「噴火のデパート」と呼んでいます。その富士山ですが、1707年の宝永噴火以来300年も不気味な沈黙を守っています。富士山の歴史の中で、これは異様に長い休眠期間と言えます。著者は、いつ富士山の大噴火が起こってもおかしくはない、として、噴火に対する備えを行うとともに、火山大国日本に住んでいるという覚悟を持つ必要がある、と説いています。

 
  • 大人黒板 』 Asami/著 ソシム
     
    書誌番号:3-0500444322 ラベルの記号:725 

    チョークと黒板さえあればできるチョークアート。町中でも見かける機会は多いと思いますが、いろんな文字や飾りを工夫しながら自由にかいてみるのも楽しそうですね。黒板そのもののDIYも含めて、フォントや枠飾りの見本もたくさん載っていてアレンジのしがいがありそうです。インテリアや、お店の看板、ウェルカムボードなどさまざまな場面で活躍してくれそうです。あなたの個性に合わせて作ってみてはいかがですか。

 
  • ビジュアル「国字」字典 』 笹原宏之/序文 世界文化社
     
    書誌番号:3-0500460648 ラベルの記号:811 

    日本に伝わった漢字にならって、日本人が新たに作った字である国字。でも、いざ、どの漢字が国字なのかと言われれば、なかなか思い浮かばないのではないのでしょうか。それもそのはず、小中学校で習う常用漢字のうち、国字は10字弱しかないというのです。本書は、そんな国字を集め、その国字の雰囲気を伝える日本風土のカラー写真とともに、意味や成り立ちを紹介しています。日常生活で、なかなかお目にかからない字ばかりでなく、働く(はらたく)、匂う(におう)、椿(つばき)など、身近な漢字が国字であることを発見する楽しみもあります。

 

図書館ロゴ