今月の本棚

2018年3月

緑図書館に入った本から、いくつかをご紹介します。
ぜひ、手にとってご覧ください。


今月の本棚(バックナンバー) 2017年9月から2018年8月分

9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月  
  • 応仁の乱 人物データファイル120』 応仁の乱研究会/編 講談社ビーシー
    書誌番号:3-0500509764 ラベルの記号:281

    近年の室町ブームで脚光を浴びている「応仁の乱」ですが、膨大な登場人物と、戦乱中に東西両軍の旗印が入れ替わってしまうほどの複雑な政治情勢を頭に入れることは困難でしょう。本書では、戦乱を招いた幕府の首脳陣、京の街で戦いを繰りひろげた武将たち、京都の戦乱をよそに地方で戦った武将たち、同時代の文化人たち合わせて120名の人となりを紹介しています。複雑怪奇な「応仁の乱」を読み解く助けになるのではないでしょうか。

 
  • 新しい回想レクリエーション「人生紙芝居」 』  奥田真美/著 講談社
    書誌番号:3-0500543523 ラベルの記号:369.2

    本を読む人は、誰しも自分が主人公になりたいと思ったことがあるのではないでしょうか。この本では、自分が主人公になりつつ、なおかつ、お年寄りのケアにもなる「人生紙芝居」という方法について紹介されています。 「人生紙芝居」とは、お年寄りから、「人生の聞き取り」をし、その方の人生を紙芝居として作ります。そして、その紙芝居を上演します。著者の方は実践を通して、それら一連の行動が、お年寄りのケアになるだけでなく、介護にかかわる方もその方の人生に触れ、相互に心に寄り添うことができ、共感を生み、より良いケアにつながったそうです。紙芝居の作り方まで丁寧に記述され、誰にでもすぐ作れそうです。 「事実は小説より奇なり」一人一人に人生があり、物語があると思います。様々な方の「人生紙芝居」見てみたくなりませんか?この本を手に取って、読んで、作って、演じてみてはいかがでしょうか。

 
  • これで眠くならない!能の名曲60選 』 中村雅之/著 誠文堂新光社
    書誌番号:3-0500527705  ラベルの記号:773

    「能って何やっているのかよくわからなくて正直眠い」そんな方も少なからずいるのではないでしょうか。この本では画期的な「眠くならない指数」を用いて作品を評価しています。そのほか舞台進行や登場人物など演目の内容を分かりやすく解説、楽しみ方のポイントもあります。これまで能を難しそうと感じていた方にも安心してオススメできる一冊です。最初の数ページを読んで、「なんだか面白そう」と思ったら、眠くなりそうな演目にチャレンジしてみるのもよいかもしれませんね。

 
  • 不死身の特攻兵 ― 軍神はなぜ上官に反抗したのか 』 鴻上尚史/著 講談社
    書誌番号:3-0500539699  ラベルの記号:916/コ

    太平洋戦争末期、「特攻」という空前絶後の戦法が採られました。代表的なものは、爆弾を付けた飛行機が操縦者もろとも敵艦に体当たりする戦法で、出撃→会敵した人はすべて戦死したはずでした。ところが陸軍パイロットの佐々木友次さんは体当たり攻撃を拒否し、通常の攻撃方法をとり生還しました。特攻戦死と発表した人に生きていられては困る陸軍はその後8回も特攻出撃を命じましたが、佐々木さんは生き延びました。本書はその壮絶な体験の記録です。


 

緑図書館トップぺージに戻る
図書館ロゴ