今月の本棚

2月

緑図書館に入った本から、いくつかをご紹介します。
ぜひ、手にとってご覧ください。


今月の本棚(バックナンバー) 2017年7月から2018年6月分

7月 8月  9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 
  • 男系・女系からみた皇位継承秘史 』 八幡和郎/著 洋泉社
    書誌番号:3-0500502053 ラベルの記号:288

    今上陛下の生前退位をめぐり、皇位継承への関心が高まっています。イデオロギーにとらわれない客観的な情報の提供を念頭に、本書は書かれました。皇位継承に関する著者の意見は次の通りです。1、皇位継承の順位は変更しない。2、旧宮家の復活と女系の継承の両方の可能性を残す(旧十一宮家の男系男子と明治天皇の子孫の女系男子のうち、悠仁親王と同世代の人が成人の際に宮家を立てさせる)。3、皇位の継承は、今上陛下の子孫に限定しない。

 
  • インドネシアの基礎知識 』 加納啓良/著 めこん
    書誌番号: 3-0500464438  ラベルの記号:302.2

    アジアに関する書籍を多数出版している「株式会社めこん」という出版社から、アジアの各国の基礎知識について書かれた「アジアの基礎知識」シリーズがあります。今回はインドネシアについて書かれた本を紹介します。基礎知識というだけあり、国の概略、自然地理、歴史、産業など基礎知識が表や図を元に記述されています。世界最大の島国であり、多数の民族、 宗教、言語を抱える国に至った歴史も興味深く記述されています。巻末に、スカルノ初代大統領、M・ハッタ初代副大統領から、現在のジョコ・ウィドド大統領まで歴代の大統領・副大統領が顔写真付きで紹介されています。現在このシリーズはほかに、タイ、シンガポール、ベトナムが出版されています。それぞれの国を知る最初の一冊目としていかがでしょうか。

 
  • 作家別 あの名画に会える美術館ガイド 江戸絵画篇』 金子信久/著 講談社
    書誌番号:3-0500524156 ラベルの記号:721

    北斎、若冲、琳派に狩野派……江戸絵画というと思い浮かぶ作家たちがたくさんいると思います。しかし江戸絵画はそれだけではない!総勢120名という作家の中から作品、美術館を探せるガイド本を紹介します。この本では、各作家の代表作およびその解説、作家の生涯までを網羅的に掲載しています。きっといままで聞いたこともないような作家にも出会うことができるでしょう。眺めるだけでも楽しいですが、ぜひあなただけの名画に会いに行ってください。

 
  • リンドグレーンの戦争日記 1939-1945 』 アストリッド・リンドグレーン/著 石井登志子/訳 岩波書店
    書誌番号:3-0500541039 ラベルの記号:949

    日本でもよく知られた児童文学『長くつ下のピッピ』の作者であるスウェーデンの作家、リンドグレーンによる戦争時の日記です。スウェーデンは戦争中立国であったため、悲惨すぎる状況を描いているというよりは、世界で起きていること、自分たちに起きたことを見つめ、考え、新聞や週刊誌を読み、それらの情報をスクラップして書いた日記です。この本を翻訳したのは、リンドグレーン作品を多数、日本に紹介してきた石井氏。語り口も生き生きとしていて、著者の気持ちが伝わってきます。なお蛇足ながら、リンドグレーン作品に挿絵を描いてきた画家ヴィークランドも、子供時代の戦争体験を絵本にしています(邦訳『ながいながい旅』岩波書店)。ぜひこちらも合わせて読んでみてください。



緑図書館トップぺージに戻る
図書館ロゴ