今月の本棚

1月

緑図書館に入った本から、いくつかをご紹介します。
ぜひ、手にとってご覧ください。


今月の本棚(バックナンバー) 2018年3月から2019年2月分

3月 4月 5月 6月 7月 8月  9月 10月 11月 12月 1月 2月 
  • 社会人のこれは使える名前の由来 』 西東社編集部/編 西東社
    書誌番号:3-0500608654 ラベルの記号:049

    江戸時代の蘭学医、杉田玄白の名前「玄白」は「藪医者」という意味をあらわすのだそうです。ご存知でしたか? この本には、身のまわりにあるもの、歴史上の人物、会社、芸能人の芸名、作家のペンネームなど、1700もの名前の由来が書かれています。あまりにも身近すぎて、なぜこう呼ばれているのかなんて考えたことがないようなものもあり、大人でも 「へぇー」と言ってしまうようなものが載っています。クイズ形式で解説されているページもあるので、どこから見ても楽しむことができる一冊です。

 
  • 家族ができる摂食障害の回復支援 』 鈴木高男/著 星和書店
    書誌番号:3-0500633084 ラベルの記号:493.7

    食べなくなってやせ細ったり、気分や感情が変動したり、「死にたい」と口にしたり、摂食障害を患っている本人のつらさと、それを見守り支える家族のしんどさ。摂食障害回復へのプロセスを追って、その時々でできる家族の支援方法と対処方法を、専門的な言葉を使わずに紹介しています。 100ページの中に、当事者だからこそわかったこと、感じたこと、そしてなすべきことが、ご家族に寄り添うやさしい言葉で語られています。悩み苦しまれている方にとって助けとなる1冊でしょう。

 
  • 建築・インテリアのための伝わるパースの描き方 』湯浅禎也/著 エクスナレッジ
    書誌番号:3-0500620240 ラベルの記号:525

    絵を描く人はもちろん、設計図面を描く人もよく知っている「パース」、「perspective」の日本語の略で遠近法による透視図のことを指すものです。ただし、パースを意識した図でも、営業用、販売促進用、現場指示用で描き方が異なってくるようです。用途のことなる、パースを意識した図の描き方について、消点の初歩から、建築図面としても使える図の描き方を、豊富な図とともに教えてくれます。この本の分類は建築ですが、イラストを描く人、特に背景などを描く人にも参考になる一冊かと思います。

 
  • 三省堂現代新国語辞典 第6版 』小野正弘/編 ほか 三省堂
    書誌番号:3-0500631877 ラベルの記号:813/ティーンズコーナー(館内で閲覧する資料です)

    このたび、三省堂から出た現代新国語辞典は「フェイクニュース」や「マウンティング」といった今までの辞典にはみられなかった言葉や用例が多数収録されています。「草・笑うこと」などの俗語のカバー力も素晴らしく、高校生向けとはなっていますが、大人でも十分読み応えがあります。 紙の辞書をめくることの少ない昨今ですが、読み物として楽しんでみるのはいかがでしょうか。  緑図書館では館内閲覧用にティーンズコーナーに置かれています。市内では貸出用の所蔵もあります。




緑図書館トップぺージに戻る
図書館ロゴ