懐かしい風景

 金沢区の埋立前の海岸の風景や開発前の田畑や山林の風景、街並み等々は、二度と戻らない懐かしい風景であるとともに、その時代を知る貴重な資料です。金沢図書館では、これらの写真も貴重な郷土資料として収集しています。
 懐かしい金沢区の写真資料は、横浜市立図書館デジタルアーカイブ「都市横浜の記憶」内の 地域の写真をさがす から検索することもできます。

金沢文庫駅付近の変遷

金沢文庫駅付近の変遷を写真で追ってみました。

 

1974,y 1975年金沢文庫の踏切からホームの写真 金沢文庫完成したバスターミナルから金沢文庫駅方面
【昭和49年撮影】
金沢文庫駅付近の踏切の写真です。横断歩道左側にすずらん通りがあり、その先に金沢文庫駅があります。
【昭和50年撮影】金沢文庫駅のホームが見えますが、釜利谷方面からはこの踏切を渡り、すずらん通りを抜けないとホームにたどり着くことができませんでした。 【昭和54年撮影】釜利谷方面行きのバスも金沢文庫駅前から出発して踏切を渡っていましたが、西口にバスターミナルができました。左上に階段が見えますが、この階段を上れば、踏切を渡らなくてもホームに行けるようになりました。
 1979年の金沢文庫駅  1989年 金沢文庫の踏切。 建設中の線路を跨ぐ道路の高架橋が見える。  2階が改札口になった金沢文庫駅
 【昭和54年撮影】
昭和55年に橋上駅になり、この駅舎はなくなりました。
 【平成元年撮影】
線路の奥に工事中の橋架が見えます。自動車は高架道路を人は地下道を通って線路の先に行けるようになり、踏切はなくなりました。
 【平成元年撮影】
橋上駅になった金沢文庫駅です。

海苔の養殖風景

昭和30年代の小柴の海苔の養殖の風景です。この写真は、向井潔さんが撮影されたものを親族の方からご寄贈いただいたものです。

 

       
       
       
       
       

図書館ロゴ