国立国会図書館配信「歴史的音源」の視聴サービス

「歴史的音源」とは1900年初頭から1950年頃に国内で製造された初期のレコード(SP盤)、及び金属原盤等に収録された音源を、 歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)がデジタル化したものです。音楽・演説等約5万の音源があり、落語、長唄、管弦楽、歌劇、清元、浪花節、歌謡曲、講演、ジャズなど 多様な内容が含まれます。
中央図書館は国立国会図書館の歴史的音源配信提供参加館として、一般には公開されていない配信された音源の視聴ができます。
「歴史的音源」


利用方法

利用申込み 中央図書館3階カウンターまでお越しください。
利用資格 どなたでも利用できます。
利用時間 1回30分
利用が終了した時点で他に申込みがない場合は、再度申し込むことができます。
注意事項 複写については、著作権法及び国立国会図書館の規定等により定められています。
USBメモリ等の記憶媒体の持込み、使用はできません。
利用できる資料 こちらをご覧ください。


横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 中央図書館 > 国立国会図書館配信「歴史的音源」の視聴サービス