横浜市立図書館でオンラインデータベースが使用できるようになりました!

横浜市の各図書館でも、商用オンラインデータベースの「聞蔵IIビジュアル(朝日新聞オンライン記事データベース)」が無料で閲覧できます。
ご利用にあたっては、各図書館のカウンターにお申込みください。

利用方法

利用場所 各図書館 インターネットコーナー
利用時間 開館時間から閉館時間まで、一人一台につき30分利用できます。
利用は先着順になります。また、当日分のみ、予約をカウンターで受け付けています。
(電話での予約はできません。)
利用資格 どなたでも利用できます。使用料は無料です。
利用DB名 聞蔵IIビジュアル(朝日新聞オンライン記事データベース)
注意事項 ・USBメモリ等の記憶媒体の持込、使用はできません。
・アクセスできないときは、カウンターへお申し出ください。
・次にお待ちの方がいなくても、続けて利用することはできません。
・インターネット端末と兼用で使用します。インターネットの閲覧を
 ご希望の場合は、聞蔵IIビジュアルの利用終了後、
 カウンターで再度お申込みください。

データベースの種類と内容

聞蔵IIビジュアル(朝日新聞オンライン記事データベース)

朝日新聞、AERA、週刊朝日、知恵蔵、人物データベースの検索ができます。

   1879年(明治12年)〜1984年(昭和59年)   創刊号からの朝日新聞切り抜きイメージを収録(2005年(平成17年11月〜))し、見出しや主要キーワードを対象に全文一致検索ができます。

   1985年(昭和60年)〜   記事全文をテキストデータと紙面イメージで収録し、記事中のすべての文字列で検索が可能です。

   当日分   東京本社発行最終版の主要記事は、その日の朝刊に掲載された記事まで検索できます。

   地方版   1998年に収録開始した東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木の各地域面ほか、順次収録を開始しています。

   現在は沖縄県を除く全都道府県の主要地域面を収録しています。


   1988年5月(創刊号)〜

   2000年4月〜 ニュース面

   満州事変の前後から敗戦までの写真、約10,000枚を収録

   政財官、研究者、ジャーナリストなど幅広い分野から厳選した人物情報約35,000件を収録。

   2014年1月〜 朝日新聞デジタルに掲載された独自記事を収録

中央図書館 PCリサーチコーナーで使用できるオンラインデータベース

横浜市中央図書館の3階PCリサーチコーナーでは、7種類の商用オンラインデータベースが無料で閲覧できます。
詳しくは「オンラインデータベース閲覧サービス」のページをご覧ください。

ページトップへ

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 中央図書館 > オンラインデータベース使用開始のお知らせ