本文へジャンプ - トップメニュー|検索
  • イベント情報
  • 関連リンク
  • お問い合せ
  • サイトマップ
  • トップページ

教職員の負担軽減に向けた取組について

 平成25年度に「横浜市立学校 教職員の業務実態に関する調査」を行った結果、子どもの成長にやりがいを感じつつも、約9割の教職員が忙しいと感じ、勤務時間内に授業準備にかける時間が十分に取れないことが明らかになりました。
 横浜市教育委員会では、学校現場の現状を真摯に受け止め、少しでも多く子どもと向き合う時間を確保していくことが何よりも大切として考え、これまでの教職員の負担軽減に向けた取組をまとめました。
 今回まとめた教育委員会と学校の取組を車の両輪として捉え、教職員が子どもとしっかり向き合う時間の確保に向けた取組をさらに推進し、未来を担う横浜の子どもたちを育んでいきます。

pdf 記者発表資料 [PDF形式:265KB] (※プレスツアーについては終了しました。)

〇 教職員の負担軽減に向けた取組〜教職員が子どもとしっかり向き合う時間の確保のために〜
 業務改善の支援や人員配置の充実など、これまで教育委員会事務局が行ってきた教職員の負担軽減に向けた取組を掲載しました。

pdf 教職員の負担軽減に向けた取組(平成28年4月発行) [PDF形式:810KB]
pdf 教職員の負担軽減に向けた取組(平成29年5月発行) [PDF形式:208KB]  NEW!

〇 教職員の負担軽減ハンドブック 〜教職員が子どもとしっかり向き合う時間の確保のために〜
 会議の効率化や学校閉庁日の設定等、様々な学校の実践を例として掲載しました。

pdf教職員の負担軽減ハンドブック(平成28年4月)[PDF形式:2463KB]
pdf教職員の負担軽減ハンドブック2(平成29年5月)[PDF形式:2838KB]  NEW!


参考:「横浜市立学校 教職員の業務実態に関する調査」について
詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/toukei-chosa/toukei-chosa5000.html

 PDF形式の文書をご覧になるためには、Adobe Reader® が必要です。 ご利用のパソコンに Adobe Reader® がインストールされていない場合は、 下記のリンク先ページから Adobe Reader® (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader® ダウンロードページへ
※ Adobe Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

教育委員会事務局 総務部教育政策推進課 - - 2017年05月24日更新
ご意見・お問合せ - ky-seisaku@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-3243 - FAX: 045-663-3118
© 1999-2017 City of Yokohama All rights reserved.