本文へジャンプ - トップメニュー|検索
  • イベント情報
  • 関連リンク
  • お問い合せ
  • サイトマップ
  • トップページ

横浜市の学校給食

 

○ 学校給食は、学校給食法に基づき実施されており、その目標については次のように定められています。(学校給食法第2条) 

  

(1)適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること。
(2)日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養うこと。
(3)学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養うこと。
(4)食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと。
(5)食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養うこと。
(6)我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること。
(7)食料の生産、流通及び消費について、正しい理解に導くこと。


○ 学校給食の運営にかかわる経費の負担についても、学校給食法で定められています。(学校給食法第11条)                        

  

≪設置者が負担するもの≫ ≪保護者が負担するもの≫

 

 ・学校給食の施設設備費
 ・修繕費
 ・学校給食に従事する職員の人件費
 ・食材などその他の経費


○ 横浜市の学校給食費
                                                                                            

 

 保護者の皆さまからお支払いただく学校給食費は、毎日の給食に使用する食材の購入費として使われています。小学校・特別支援学校の小学部の学校給食費は年額44,000円で、特別支援学校の幼稚部・中学部・高等部は、学校により異なります。
 納付は毎年度5月〜3月までの月額納付(11回払い)となります。

 ☆学校給食費についての詳細はこちら☆

 

○ 給食実施回数

 

各学校の年間計画にあわせ、年190回を標準として実施しています。

国産食材の使用促進について


○ 給食のしくみ
○ 給食ができるまで
○ 献立の概要
○ 横浜の「学校における食育」
○ 給食の実施状況など
学校給食調理業務の民間委託について
リンク集