トップメニュー 検索

生涯学習マスコット「マナビィ」

横浜市歌

 1909年(明治42年)7月1日に行われた、横浜港の開港50周年記念祝祭にて披露されて以来、市民に歌い継がれています。作詞は森林太郎(森鴎外)、作曲は、当時東京音楽学校(現、東京藝術大学)助教授だった南能衛(よしえ)氏です。現在も市立の小学校では、校歌とともに歌唱指導されています。開港記念日(6月2日)や卒業式、市大会などの行事で、演奏・斉唱されています。

横浜市歌の歌詞

わが日の本は島国よ (わがひのもとはしまぐによ)
朝日かがよう海に (あさひかがよううみに)
連りそばだつ島々なれば (つらなりそばだつしまじまなれば)
あらゆる国より舟こそ通え (あらゆるくによりふねこそかよえ)


されば港の数多かれど (さればみなとのかずおおかれど)
この横浜にまさるあらめや (このよこはまにまさるあらめや)
むかし思えば とま屋の煙 (むかしおもえばとまやのけむり)
ちらりほらりと立てりしところ (ちらりほらりとたてりしところ)


今はもも舟もも千舟 (いまはももふねももちふね)
泊るところぞ見よや (とまるところぞみよや)
果なく栄えて行くらんみ代を (はてなくさかえてゆくらんみよを)
飾る宝も入りくる港 (かざるたからもいりくるみなと)

横浜市歌を聴く

 横浜市歌をお聴きいただけます。

wmv横浜市歌(斉唱)

wmv横浜市歌(吹奏楽)

横浜市歌の楽譜について 

 旋律のみの楽譜

◆楽譜の種類

◆その他

PDF横浜市歌の歌詞と歌い方の手引き(PDF形式、70KB)

 上記楽譜が必要な方は、教育委員会生涯学習文化財課でお渡ししています。

 また、郵送をご希望の方は、切手を貼った返信用封筒(A4サイズが入るもの)を同封の上、生涯学習文化財課までお送りください。同封し折り返し返送いたします。

*楽譜の種類によって郵送料が異なります。郵送をご希望の方は下記までお問合せください。

【送付先】

〒231-0017 横浜市中区港町1−1
横浜市教育委員会生涯学習文化財課 「横浜市歌楽譜(○○用)希望」

【問合せ】

横浜市教育委員会生涯学習文化財課
電話:671-3282  FAX:224-5863

横浜市歌CD等の貸出について

 横浜市歌のCDは、教育委員会生涯学習文化財課で貸出を行っています。また、市内図書館ではピアノ伴奏の楽譜とともに貸出を行っています。


◆閲覧用ソフトについて◆

 本ページの一部コンテンツの利用には、プラグインや閲覧用ソフトをインストールしていただく必要があります。プラグインとは、ウェブサイトを見るためのソフト(ブラウザ)が標準で備えていない機能を拡張する外部ソフトウェアのことです。

 詳しくは横浜市ホームページ「横浜市Webサイトについて」をご覧ください。(新しくウインドウが開きます。)