- トップメニュー|検索
  1. 交通局トップページ
  2. 企業情報
  3. お知らせ・報道発表
  4. 2017年度

平成30年3月から、市営バスの各種乗車券が変わりました


市営バスでは、IC化の促進と乗車券制度の見直しを行っています。
平成30年3月に下記の通り変更しましたので、ご利用中のお客様はご注意ください。

◆見直しを行う乗車券一覧◆

  1 短距離定期券
  2 シニアパス
  3 通学定期券
  4 プラスチック製1日乗車券
  5 回数券

1 短距離定期券


 平成30年3月16日をもって発売を終了しました。

 ●今後は、全線定期券をお買い求めください。
   共通定期券についても、すべての協定区間で短距離定期券の発売を終了しました。
  ※ 中山駅北口~貝の坂、鴨居駅前~竹山団地折返場も他区間と同等の価格となります。
 ● 発売終了前にご購入いただいた定期券は、有効期限が切れるまで券面区間内でお使いいただけます。
 ● 払戻しは、短距離定期券の料金を基準額とし、手数料220円がかかります。 (通常どおり)

 

2 シニアパス


  平成30年3月17日から、料金を改定するとともに、利便性を高めた新しいシニアパスを発売しています。

変更のポイント

 ■ 料金の改定

 
3か月
19,210円
6か月
36,400円

 
 ※ 料金改定の理由について
 シニアパスは、平成16年の導入時には、週2日程度のバス利用を想定した料金に設定していました。
 しかしながら、平成28年9月から12月まで行ったアンケートで、ご購入者のうち週4日以上バスをご利用される方が約8割いらっしゃったため、実態に合わせて料金改定しました。(通勤定期券より約3割お安くなっております。)
 

 ■ 紙券を廃止しIC定期券に変わりました

 新しいシニアパスは、記名PASMO・Suicaのみでの発売となります。
 お手持ちのPASMO・Suicaカードがご利用いただけます。
 お手持ちでない場合は、発売窓口でPASMOを新規発行します。 (デポジット代500円が定期券代と別にかかります)
 ※ 一部の記念カードやクレジットカード一体型では定期券がご利用いただけない場合もございますので、その際は別のカードをご利用ください。
 

 ■ いつでも購入・利用できるようになりました。

 新規・継続ともに14日前からお買い求めいただけます。購入当日からのご使用も可能です。
  ※ 通用開始日(使用開始日)時点で65歳であれば、お誕生日前の事前購入も可能です。


 ■  写真の貼付がなくなりました。

 ※ ご本人様確認・年齢確認のため公的証明書は変更後も必要です。


 ■ 紛失時の再発行が可能になりました。

  ※ 紛失再発行にはPASMO・Suicaそれぞれ所定の手数料がかかります。

その他

  購入済のシニアパス(紙券)は有効期限が切れるまで今までどおりお使いいただけます。

  

3 通学定期券


 平成30年3月17日から、料金を改定するとともに、より多くの皆様にご利用いただけるよう、下記のとおり変更しました。

変更のポイント

  ■ 料金の改定



【中学生以上】
  現行 改定後 差額
1か月 7,720円 6,740円 -980円
3か月 22,000円 19,210円 -2,790円
6か月 41,690円 36,400円 -5,290円
【小学生以下】
  現行 改定後 差額
1か月 2,670円 2,170円 -500円
3か月 7,610円 6,180円 -1,430円
6か月 14,420円 11,720円 -2,700円

 ● 市営バス・地下鉄連絡定期券、身体・知的障害者等割引定期券、市営バス共通定期券及び対キロ区間定期券、共通定期券も料金改定しました。
 ● 通学短距離定期券は廃止しました。発売終了前にご購入いただいた定期券は、有効期限が切れるまで券面区間内でお使いいただけます。
 ● 3月16日以前に発売した定期券を払い戻す場合は、旧料金を基準額とし、手数料をいただいた上で通常の払戻しの取扱となります。
 定期券の使用日数に よっては払戻し額がない場合がありますので、ご注意ください。

払戻額

 定期券料金―(使用日数×220円×2<往復分>)―220円<手数料>

発売要件の緩和


  以下の書類のご提示で通学区間に関わらず市営バス通学全線定期券をお買い求めいただくことができるようになりました。
  通塾や習い事等に、ぜひ市営バスをご利用ください。

  【購入に必要な書類】

現行 平成30年3月17日以降
下記のいずれか
 1.通学証明書、学生証
  (通学区間の記されたもの)
 2.学習塾在籍証明書
 3.実習承認番号の記載された通学証明書
【中学生以下】
生年月日の分かる身分証明書
(健康保険証・学生証 等)
【高校生以上】
通学証明書または学生証


  ● 専門学校・通信制学校等は、交通局の認定を受けた学校・学科のみが発売の対象です。
  ● 共通定期券は従来どおり、発売時に通学証明書又は学生証記載の通学区間を確認のうえ発売します。
  ● バス・地下鉄連絡定期券はバス定期券部分についてのみ上記取扱いとし、地下鉄定期券部分は地下鉄利用区間の記載された学生証又は通学証明書等が必要です。

4 プラスチック製1日乗車券


平成30年3月31日(土)をもって、市営バス・地下鉄1日乗車券のうち、プラスチック製のものはご利用いただくことができなくなりました。

平成30年4月1日以降の取扱いについて

市営バス及び地下鉄1日乗車券、市営バス・地下鉄共通1日乗車券

紙券に無償交換します。
※ 払戻しの場合は手数料100円がかかります。


ファミリー環境1日乗車券 (平成29年4月30日発売終了)

手数料無しで払戻しします。


払戻し取扱い場所

 定期券発売所・お客様サービスセンター

5 回数券


 平成30年3月31日(土)をもって発売を終了しました。

● 引続きお手持ちの回数券はお使いいただけます。使用期限はありません。
 また、横浜市交通局発行の古い回数券も額面金額分でご利用いただけます。
 なお、他社発行の共通回数券は現在市営バスでの取扱いを終了しています。
● ご利用の際、不足額は現金またはICカードでお支払いください。
● 払戻は市営バス定期券発売所、お客様サービスセンターで取扱います。
  ※ 払戻しには手数料210円がかかります。また、営業所では払戻しの取扱いはできません。

このページのトップへ

自動車本部営業課  更新日 2018年4月1日

市バス・地下鉄についてのお問合わせは「横浜市コールセンター」へ
TEL 045-664-2525 FAX 045-664-2828

e-mail:callcenter@city.yokohama.jp

© 2003-2018 City of Yokohama. All rights reserved.