- トップメニュー|検索
  1. 交通局トップページ
  2. 企業情報
  3. お知らせ・報道発表
  4. 2017年度

職員の懲戒処分について    

記者発表資料概要
平成29年9月28日
交通局人事課

本日付で、13件の懲戒処分を行いましたのでお知らせします。

 

1 車内点検不履行

所 属

年齢

処分内容

事案の概要

自動車本部

本牧営業所

50代

戒告

 平成29年4月26日、58系統横浜駅前19時38分発磯子車庫前行を運行し、終点に到着後、車内点検を怠り、車内で寝ていたお客様(成人女性)1名を乗車させたまま、本牧営業所に向けて回送で発車した。

 回送中に、車内にお客様がいることに気付いた当該乗務員は、お客様の体調を確認し、営業所へ入庫してから報告した。その後、お客様がバスを降りて乗り換える予定であった駅まで、営業所職員が庁用車でお送りした。

※ 本件については、平成29年4月27日記者発表済

 

2 貸切バスの乗車確認不履行

所 属

年齢

処分内容

事案の概要

自動車本部

保土ケ谷営業所

40代

戒告

 平成29年5月13日、企業と契約している高速貸切バスを運行中、休憩のために立ち寄った高速道路のサービスエリアを出発する際、お客様の乗車確認を怠ったため、3名のお客様を乗せずに出発した。乗車できなかったお客様は他の高速貸切バスに乗車し、別のサービスエリアで待機していた当局バスに乗り換えた。

 

3 回送中の交通違反行為

所 属

年齢

処分内容

事案の概要

自動車本部

保土ケ谷営業所

40代

減給1号

 平成29年5月1日、210系統東戸塚駅前19時31分発境木中学校前行を運行し、終点に到着後、食事休憩のため詰所がある平和台折返場に回送で向かった。途中、権太坂上交差点の右折通行帯から、青信号に従い右折しようとしたが、前方の一般車両が停止したため、続いて停止した。しかし、停止線を越えていたため、何とか右折しようと思い、左折通行帯に車線変更して交差点を右折し、前の一般車両を追い抜いた。その際、交差点はすでに赤信号になっていた。これは、市民からの指摘で判明した。

 

4 営業運行中の交通違反行為

所 属

年齢

処分内容

事案の概要

自動車本部

本牧営業所

40代

戒告

 平成29年5月29日、105系統本牧車庫前7時36分発横浜駅前行を運行中、本牧原バス停を発車後、タクシーの動向に気を取られていたため、交差点の信号が赤色になっていることに気付くのが遅れ、急停車を避けようと交差点を通過した。これは、お客様からの指摘で判明した。

自動車本部

滝頭営業所

60代

戒告

 平成29年6月3日、103系統根岸台20時38分発横浜駅前行を運行中、旭台バス停先交差点の信号機の確認を怠り、赤信号だった交差点を通過した。これは、お客様からの指摘で判明した。

 

5 過走

所 属

年齢

処分内容

事案の概要

高速鉄道本部

上永谷乗務管理所

30代

減給1号

 平成29年5月24日、あざみ野駅12時44分発湘南台駅行で手動運転の訓練をしていた。下飯田駅に進入する際、ブレーキ操作が遅れたため、所定停止位置を約25m過走して停止した。

 お客様には車内放送で案内したが、総合司令所への報告を怠り、自己判断で所定停止位置に戻った。

 直後、総合司令所から過走したのではないかとの確認を受けたが、過走したことを報告しなかった。

 その後、扉を閉めて出発しようとしたが、ホーム柵が閉まらなかったため、総合司令所に報告した。司令所の指示どおり、駅係員が機器の操作を行い、定刻より7分遅れで発車した。

 

6 早発運行

所 属

年齢

処分内容

事案の概要

高速鉄道本部

上永谷乗務管理所

40代

減給1号

 平成29年4月26日、湘南台駅21時41分発あざみ野駅行に当該運転士が上永谷駅から交替で乗務した。横浜駅に到着後、3分の時間調整をすべきところ、仕業表(※1)及び出発表示器(※2)の確認を怠り、定刻より約2分早く発車した。当該運転士は、各駅の出発表示器を確認せずに運行を継続し、定時運行していると思い込んだまま、横浜駅からあざみ野駅までの13駅で概ね2分の早発をしていた。

 ※1 地下鉄運転士が1日に乗務する運行計画が記載されたもの

 ※2 駅に設置された出発を合図する機器

 

7 バス乗務員の運転事故

所 属

年齢

処分内容

事案の概要

自動車本部

鶴見営業所

50代

戒告

 平成29年2月13日、27系統安善町17時40分発鶴見駅前行を運行後、鶴見駅前バスターミナルのバス待機場所で、停車していた2台の当局バスの間に停車しようとした。その際、左側に停車していたバスに気を取られ、右後方の確認を怠ったため、右ボディ後部を当局バスに接触させた。

 さらに、平成29年2月20日、18系統鶴見駅前17時00分発矢向駅前行を運行し、終点の矢向駅前構内に進入した際、バスの右側で立ち話をしている人に気をとられ、左前方の確認を怠り、左サイドミラーをお店の庇に接触させ、事故を短期間で再発させた。

自動車本部

保土ケ谷営業所

50代

戒告

 平成29年2月19日、25系統保土ケ谷駅西口10時25分発横浜駅西口行を運行するため、回送で保土ケ谷駅西口に向かっていた。その途中、時間調整のため大門通バス停に停車する際、左前方の確認を怠り、左サイドミラーをバス停ポールに接触させた反動でバス停ポールが倒れ、バスの左ボディ中央部に接触した。

 さらに、平成29年3月20日、101系統根岸駅前12時14分発保土ケ谷車庫前行を運行中、道路混雑により、関内駅南口交差点内で停車することになった。交差点内から抜け出す前に、歩行者信号が青色に変わったため、歩行者との接触を避けようとハンドルを回し、進行したところ前車に追突し、事故を短期間で再発させた。前車の運転手に怪我はなかったが、追突の反動でバスに乗車していたお客様2名に怪我を負わせた。

 

8 回送先間違い及び交通違反行為

所 属

年齢

処分内容

事案の概要

自動車本部

保土ケ谷営業所

50代

減給1号

 平成29年6月28日、25系統保土ケ谷駅西口14時15分発大門通経由横浜駅西口行を運行するため、回送で保土ケ谷駅西口に向かうべきところ、運行指示書の確認を怠り、横浜駅西口へ向かった。楠町バス停付近で間違いに気付いたが、その場での営業所への報告を怠り、保土ケ谷駅西口に向かった。その際、浅間下交差点で進路変更禁止区間にもかかわらず、第一通行帯から第二通行帯に進路変更した。さらに、洪福寺バス停付近で携帯電話を使用し、営業所に回送先を間違えた旨の報告をした。これらは、浅間下交差点での交通違反行為について指摘があり、ドライブレコーダーを確認した結果、判明した。

 

9 バス乗務員の酒気帯び出勤

所 属

年齢

処分内容

事案の概要

自動車本部

滝頭営業所

60代

減給1号

 平成29年5月27日、乗務前仕業点呼の際、アルコール検査で「0.137mg/リットル」が測定された。なお、当局の規定(※3)により、当日の乗務はさせなかった。

 当該乗務員は過去にも、アルコールが検知されて指導されていたにもかかわらず、再発させた。

自動車本部

若葉台営業所

40代

停職2月

 平成29年7月26日、乗務前仕業点呼の際、アルコール検査で「0.072mg/リットル」が測定された。なお、当局の規定(※3)により、当日の乗務はさせなかった。

 当該乗務員は過去にも、アルコールが検知されて懲戒処分を受けていたにもかかわらず、再発させた。

 ※3 「アルコール検知に関する取り扱いについて(通知)」により、アルコールが検知された場合には、乗務させないこととしています。

 

10 経路間違い及び交通違反行為

所 属

年齢

処分内容

事案の概要

自動車本部

滝頭営業所

40代

減給1号

 平成29年5月31日、企業と契約している貸切シャトルバスを運行中、運行経路の地図等の確認を怠ったことにより、経路間違いをし、自らその間違いに気付いたが、営業所への報告を怠った。目的地に向けて運行経路に戻ったが、誤って目的地の施設入口を通過した。通過した事実は乗車していたお客様から指摘を受けて判明したが、営業所に報告しなかった。

 また、目的地の入口を通過した先の道路は大型貨物自動車等及び大型乗用自動車等通行止めだった。

 

【参考】減給処分の減給額の算出方法について

    1日の平均賃金=3か月に支払われた賃金の総額÷90日

    減給1号=1日の平均賃金×100分の50

 

お問合せ先

交通局人事課長 緑川 斉 Tel 045-326-3808

 

 このページは、一定期間終了後に掲載を終了いたしますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ

総務部人事課  更新日 2017年9月28日

市バス・地下鉄についてのお問合わせは「横浜市コールセンター」へ
TEL 045-664-2525 FAX 045-664-2828

ホームページについてのご意見等は  横浜市交通局総務部総務課
〒220-0022 横浜市西区花咲町6丁目145番地  e-mail:kt-hpinfo@city.yokohama.jp

© 2003-2017 City of Yokohama. All rights reserved.