- トップメニュー|検索
  1. 交通局トップページ
  2. 企業情報
  3. お知らせ・報道発表
  4. 2013年度

市営バスに対する危険行為について

平成25年9月2日

記者発表資料

自動車本部運輸課

 平成25年8月31日、運行中の市営バスにおいて、車外後部につかまっている方がいたという事案が発生しました。
 走行中、車外につかまる行為は、加減速時や右左折時に振り落とされる可能性があり、重大事故につながりかねない大変危険な行為であるとともに、道路交通法に定める禁止行為に該当するものです。
 また、こうした行為は、市営バスの運行を阻害し、業務に支障を及ぼす行為です。
 交通局では、バス・地下鉄を所管しており、このような危険行為や不法行為が発生した場合は法的措置も含め、厳正に対処してまいります。
 本件につきましては、その対応について警察と協議中です。

1 発生日時

平成25年8月31日(土) 午前11時10分ごろ

2 運行系統

41系統(鶴見駅西口発~新横浜駅前行)
岸谷公園入口停留所付近(所在地:鶴見区岸谷1丁目付近)

3 所管営業所

港北営業所(港北区大豆戸町581)

4 概要

 平成25年8月31日、鶴見駅西口午前11時00分発の41系統(新横浜駅前行)のバスを運行中の乗務員が、バックミラーで車外後部に人影を確認したため、バスを停車させて、安全確認を行いました。
 乗務員による確認の結果、車外後部につかまっている人が現認できなかったため、運行を再開しました。
 その後、営業所に「バスの車外後部につかまっている人がいた」との目撃情報も寄せられました。

 【参考】道路交通法(抜粋)
 (禁止行為)第76条 第4項第6号 道路において進行中の自動車、トロリーバス又は路面電車に飛び乗り、若しくはこれから飛び降り、又はこれらに外からつかまること。

5 交通局庁内の対応

 バス全乗務員に対して、運行前の点呼時に今回の事案を周知し、ミラー及び目視による安全確認に努めるとともに、点検を強化してまいります。
 あわせて、市営地下鉄についても、駅構内等の巡回点検を強化してまいります。

6 交通局長コメント

 バス・地下鉄に対する危険行為及び不法行為については、重大事故につながりかねない大変危険な行為です。そういった行為は絶対行わないよう皆様の御理解と御協力をお願いします。

お問い合わせ先

 交通局自動車本部 運輸課長  晝間 正実 Tel 045-326-3868

このページのトップへ

交通局自動車本部運輸課  更新日 平成25年9月2日

市バス・地下鉄についてのお問合わせは「横浜市コールセンター」へ
TEL 045-664-2525 FAX 045-664-2828

ホームページについてのご意見等は  横浜市交通局総務部総務課
〒220-0022 横浜市西区花咲町6丁目145番地  e-mail:kt-hpinfo@city.yokohama.jp

© 2003-2013 City of Yokohama. All rights reserved.