港南区トップページ > 区長メッセージ > ひまわり通信423 障害理解啓発のポスターを作りました

ひまわり通信No.423

 障害理解啓発のポスターを作りました

障害理解啓発ポスター2
[PDF]ポスター【PDF:2.89MB】

医療機関の待合室で、周りの長いすがすべて空いているのに、後から来た人が自分の隣に座ってきてビックリした、というような経験がありませんか?
もしかしたら、何か意図があってそうしたのではなく、障害のある方が障害特性でそのような行動を取ったのかもしれません。
障害のある人は、まったく悪気はなく、その障害特性から、他の人には理解してもらいにくい行動を取ることがあります。
そんな障害特性から生じるさまざまな行動を知ってもらうことで温かく見守ってもらいたい、という思いを込めて、港南区自立支援協議会がポスターを作成しました。
自立支援協議会は区内の障害者支援関係団体等が集まって作っている団体で、障害のある方へのより良いサービス提供を考えたり、障害のある方もない方も安心して生活できる社会をめざした働きかけを行っています。
ポスターは、区内の医療機関をはじめ、公共施設等で貼っていただく予定です。
もし見かけたら、ぜひご覧ください。
イラストにあるような場面にお心当たりのある方も少なくないと思います。
そして、もしそのような行動をしている人を見かけたら、どうぞ温かい目で見守ってください。

障害理解啓発ポスター1
絵を描いてくれた藤盛さん(左:港南区社協)と江崎さん(右:港南区役所こども家庭支援課)

平成30年3月30日  港南区福祉保健センター長  中井 邦雄

区役所ページ内へのリンクひまわり通信467 障害理解啓発ポスター(あたたかく見守ってください)の掲示、進んでいます! のページはこちら


≪こちらから
422 上大岡小6年1組、手作りステンドグラス!
お読みいただけます。
地域で活動している皆さんを応援しています!との吹き出しコメントです
区長が軽快に走っているアニメーションです
こちらから≫
424 桜咲き誇る中!区民ソフトボール大会
お読みいただけます。

©2007-2018 City of Yokohama. All rights reserved.