港南区トップページ > 戸籍 > 戸籍 小・中学校 転入学

戸籍・住民票

小・中学校の転入学等の届出

新入学(横浜市内の小・中学校へ入学するとき)

国・私立の小中学校の手続き

住所異動にともなう公立の小中学校の手続き

学区外の学校への入学希望の場合

外国籍のお子さんの場合

よくある質問

通学区域について

お問い合わせ
戸籍課登録担当 電話:045‐847‐8338
区役所2階21番窓口

新入学(横浜市内の小・中学校へ入学するとき)

新・小学1年生

  • 6歳になった4月から入学となり、前年10月15日頃に保護者の方あてに就学通知書をお送りします。
  • 通知書には、入学する学校・健康診断の日時が記載されています。
  • 入学説明会につきましては、健康診断の時に小学校からお知らせがあります。

新・中学1年生

  • 12歳になった4月から入学となり、その年の1月20日頃に保護者の方あてに就学通知書をお送りします。
  • 入学説明会につきましては、お子さんが在学している小学校からお知らせがあります。

国・私立の小中学校の手続き

国・私立の小中学校へ入学する場合

  • 港南区役所への届出が必要です。
  • 届出の際には、入学する学校の入学承諾書をお持ちください。

港南区以外からの転入で、国・私立の小中学校に在籍している場合

  • 住所異動の手続きの際、学校の手続きについても届出が必要です。
  • 届出の際には、在学している証明(入学承諾書、生徒手帳のコピー等)が必要になります。

住所異動にともなう公立の小中学校の手続き

・まず、現在通学している学校に、いつ転校するかを事前に連絡してください。

・横浜市では、住民登録している住所地により通学区域を定め、指定された学校に通学することが原則となっています。

港南区内の引越しで、学区が変わる場合

  1. 現在、通学している学校に転学の届出をし、在学証明書・教科書給与証明書の交付を受けます。
  2. 引越しが終ってから、港南区役所へ住所変更の届出をします。
     その際、在学証明書が必要になりますのでお持ちください。
  3. 区役所から、入学通知書をお渡しします。
  4. 転入校へ、在学証明書・教科書給与証明書・入学通知書を持参して入学手続きを行います。

 ※なお、学区の変更がない場合は、住所変更の届出をしていただくだけで結構です。

港南区から横浜市内の他区へ引越しする場合

  1. 現在、通学している学校に転学の届出をし、在学証明書・教科書給与証明書の交付を受けます。
  2. 引越しが終ってから、新住所地の区役所へ住所変更の届出をします。
     その際、在学証明書が必要になりますのでお持ちください。
  3. 区役所から、入学通知書をお渡しします。
  4. 転入校へ、在学証明書・教科書給与証明書・入学通知書を持参して入学手続きを行います。

港南区から横浜市外、及び横浜市外から港南区へ引越しする場合

  1. 現在、通学している学校に転学の届出をし、在学証明書・教科書給与証明書の交付を受けます。
  2. 居住している住所地の役所に転出の届出をし、転出証明書の交付を受けます。
  3. 引越しが終ってから、新住所地の役所へ住所変更の届出をします。
     その際、在学証明書が必要になりますのでお持ちください。
  4. 新住所地の役所で、入学通知書の交付を受けます。
  5. 転入校へ、在学証明書・教科書給与証明書・入学通知書を持参して入学手続きを行います。

 ※市区町村によっては、教育委員会への手続きが必要な場合がありますので、詳しくは新住所地の役所で確認してください。

学区外の学校への入学希望の場合

・ご事情により、指定された学校以外へ行くことができる「指定地区外就学許可」という制度があります。

 個々のケースにより、ご用意いただく書類等が異なります。こちらをご確認ください。

外国籍のお子さんの場合

  • ・外国籍の児童には就学義務はありませんが、市立の小・中学校で学習する権利があります。
  • ・入学を希望される場合は、区役所戸籍課登録担当へご相談ください。

【新入学の場合】

・横浜市では、8月(20日前後)現在横浜市に住民登録されており、翌年4月から小学校に入学する年齢になるお子さんの保護者あてに、9月上旬頃に就学案内を送付します。
 市立小学校に入学を希望される方は、就学案内に定められた期日までに区役所戸籍課登録担当へお越しください。
 なお、ご事情があり、定められた期日までにお越しになれない方や住民票のない方はご連絡ください。

 住民基本台帳法改正に伴う外国人就学についてはこちらの教育委員会のホームページをご参照ください。

【必要なもの】

  • ・就学案内
  • ・お子さんの在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書のいずれか

よくある質問

入学(通学)する学校を変えたいけれど、手続きはどうする

指定校を変更するには主な例として下記のような理由がなければ認められません。
 (例1)引越しをするが、現在の学校に通える距離で、そのまま現在の学校に通いたい。
 (例2)新しく入学するが、すでに兄姉が指定校以外に通っており、一緒に通いたい。
 (例3)両親とも共働きで、下校後の子供の面倒をみられないので、祖父母の住所の学校に通わせたい
以上のような理由がある場合、現在の学校に相談し認められたら、
「指定地区外就学許可書」(書類1。区役所にも学校にもあります)を記入の上、
校長先生から「副申書(書類2)」をもらいます。
・住所異動を伴う場合は、住所異動届を出す際に区役所に(書類1)と(書類2)を提出してください。
・住所の変わらない場合は、整い次第提出してください。
区役所からは「指定地区外就学許可書」をお渡しします。

 なお、上記の例は一例ですので、区役所戸籍課登録担当または学校にご相談ください。

来年の4月に1年生になりますが、3月に港南区内で転居の予定です。
 新しい住所はもらっている通知と学区が違うのですが、健康診断はどのようにすればいいのでしょうか?
 また、就学通知は新しい学区で再発行してもらえますか?

 健康診断は現在の指定校で受けてください。
 住所を異動しないと指定校は変わらないので新しい学校の就学通知は住所の異動届時にお渡しすることになります。
 なお、異動前であっても2月頃に各小・中学校で行われる「入学説明会」への参加はできますので入学予定校に問い合わせてください。

今度、子供が新入学するが、横浜市立学校ではなく私立の学校へ入学することに決まりました。その届出はいつまでにしなければいけないの?

 小学校の場合は10月15日頃に、中学校の場合は1月20日頃に「就学通知書」を各家庭に郵送します。
 就学通知書に記載されている指定校で健康診断を受けていただいた後、「就学通知書」と入学予定の学校から渡される「入学承諾書」や「入学許可書」などを持って、区役所戸籍課登録担当に「区域外就学」の届出をしてください。

通学区域について

  小中学校通学区域(横浜市教育委員会のページへリンクしています。)

©2007-2012 City of Yokohama. All rights reserved.