港南区トップページ > 広報 > 広報区版2018 > 広報よこはま港南区版 平成30年5月号 区役所からのお知らせ(6‐7ページ)

広報よこはま港南区版 平成30年5月号 区役所からのお知らせ(6‐7ページ)

 区役所からのお知らせ(6ページから7ページ)

広報よこはま港南区版平成30年5月号の6ページから7ページに掲載している記事です。

 健康づくりを応援 6月7日(木曜日)は、歯と口の健康週間イベントへ
 安心して暮らせる地域のために「見守り協力事業者」のステッカーができました!
 これからシーズンです 蚊を増やさないために
 今のうちに ハチの巣は早期発見・早期駆除
 旬の野菜を食べよう 今年も開催! ふるさと港南ビタミン満菜市
 あなたの街の障害者事業所 第13回 自分らしく地域で豊かに暮らす
 募集 住宅・土地統計調査調査員


 健康づくりを応援 6月7日(木曜日)は、歯と口の健康週間イベントへ

日時 6月7日(木曜日)14時から16時(口腔(こうくう)がん検診は13時30分から16時)
※受付は15時40分まで
会場 区役所3階 健診・検査フロア

こどもの歯科健診&フッ素塗布

対象 区内在住の小学生以下
申込み インターネットの電子申請フォームまたははがきに必要事項と年齢を書いて区役所健康づくり係フッ素塗布担当(〒233-0003 港南4-2-10)へ
※はがき1枚につき1世帯
※応募多数により参加できないときのみ連絡します
申込みフォーム2次元コード

口腔がん検診

対象 区内在住の40歳以上の人20人(抽選)
申込み 5月26日(消印有効)までに往復はがきに必要事項と生年月日を書いて区役所健康づくり係 口腔がん検診担当(〒233-0003 港南4-2-10)へ
問合せ 浅川歯科医院(電話:045-845-1474)

健康チェック

対象 区内在住の小学生以下の子の保護者

食育体験

野菜の手ばかり(重さ当て)や時短レシピ紹介

問合せ:区役所健康づくり係(電話:045-847-8438 FAX:045-846-5981)

港南ひまわりプラン


安心して暮らせる地域のために 「見守り協力事業者」のステッカーができました!

区内の障害者作業所「港南福祉ホーム」の協力で、障害のある人の作品を取り入れたステッカーができました。

ふだんの暮らしの中で「あいさつ」や「声掛け」をきっかけにした、ゆるやかな見守りに協力してくれている、お店や配達・配送業者(見守り協力事業者)の皆さんに貼ってもらっています。

見守り協力事業者ステッカー

港南福祉ホームの想い

港南福祉ホームでは、「ZOKUZOKUプロジェクト」※を通じて、“誰かの日常にそっと寄り添う小さなアート”を届けています。

今回は、ホームに通う前村朋生(ともみ)さんの絵と、岩本紘子さんのハートの刺しゅうでステッカーをデザインしました。私たちの活動を一人でも多くの人に知っていただけると幸いです。

※ZOKUZOKUプロジェクトとは?

港南福祉ホームで日々生まれる魅力的な作品や表現を、日常に取り入れられるアート作品として作り上げているプロジェクト

問合せ:区役所事業企画担当(電話:045-847-8441 FAX:045-846-5981)
地域ケアプラザ、区社会福祉協議会と連携して取り組んでいます


 これからシーズンです 蚊を増やさないために

5月から10月頃まで活動し、デング熱やジカ熱の原因ウイルスを媒介するヒトスジシマカ。発生源を減らすことが有効です。

卵・幼虫(ボウフラ)・サナギの間(計1~2週間)は水中で生活。わずかな水でも発生します

→週1回、水がたまりやすい所を掃除したり、水をこぼしたりしましょう。

こんな所をチェック
  • 湿った落ち葉
    湿った落ち葉
  • 植木鉢の受け皿
    植木鉢とプランター
  • 古タイヤ
    タイヤ
成虫は、寿命が約1か月、活動範囲は半径100~150m程度。やぶや草むらなどに潜んでいます

→定期的にせん定や草刈りをしましょう。

区では、駆除業者の案内、薬剤の紹介をしています

問合せ:区役所環境衛生係(電話:045-847-8445 FAX:045-846-5981)


 今のうちに ハチの巣は早期発見・早期駆除

活動初期(6月頃まで)は、巣を作るのが女王バチだけなので、比較的安全に、安く駆除ができます。早めに巣が作られやすい場所を点検しましょう。

●軒下  ●天井裏・壁の中  ●床下・戸袋の中  ●垣根・植え込みの中  ●木のうろの中

    • 4月から6月頃 直径約7cm
      ハチの巣写真小
    • 7月から10月頃 直径20cmから30cm(これ以上は大きくなりません)
      ハチの巣写真大

    家の周りによく巣を作るのは、アシナガバチとスズメバチです。
    区では、相談や駆除業者の案内をしています。
    また、アシナガバチの巣を自分で駆除する場合の器具や防護服の貸出しもしています。事前にご連絡ください。
    スズメバチは攻撃性が高く、駆除は危険が伴うので、専門業者に依頼することをお勧めします。

    ※ハチの巣は、土地や建物の管理者が駆除することが原則です

    問合せ:区役所環境衛生係(電話:045-847-8445 FAX:045-846-5981)


     旬の野菜を食べよう 今年も開催! ふるさと港南ビタミン満菜市

    区内で採れた新鮮な野菜を農家の皆さんから直接購入できます。完熟してから収穫しているため、一味違うと評判です。ぜひご来場ください。

    日時 6月6日(水曜日)・20日(水曜日)、7月13日(金曜日)・18日(水曜日)・27日(金曜日)、8月1日(水曜日)
    9時30分から12時頃
    ※売り切れ次第終了
    ※天候や農作物の収穫状況により中止になる場合があります
    会場 区役所1階

    野菜写真
    スーパーではあまり見掛けない珍しい種類も。生産者がおいしい料理法を教えてくれます

    問合せ:区役所企画調整係(電話:045-847-8328 FAX:045-841-7030)


     あなたの街の障害者事業所 第13回 自分らしく地域で豊かに暮らす

    みのりの里が運営する4つの事業所は、それぞれ特色のある活動をしています。

    みのりの里 検索

    地域活動支援センター いなほ

    居心地のいいカフェでホッと一息。自家製ジンジャーエールなどの季節のドリンクや、かわいいパンはいかがですか? 地域清掃や草刈りなどの美化作業にも力を入れています。

    いなほカフェ写真 清掃風景

    問合せ:いなほ(港南中央通14-11、電話:045-374-4572)

    地域活動支援センター まなび

    一人ひとりが落ち着ける居場所。テーマトークやミーティングで、安心して話し合えます。オリジナル作品で、ハンドメイドマルシェに出店しています。

    問合せ:まなび(笹下3-11-14 3階、電話:045-353-9744)

    地域活動支援センター おもろ

    皆さんがふだん使っている国内製筆記具の組立てを中心に、さまざまな仕事をしています。宿泊やバーベキューなど、心とお腹を満たす面白いプログラムが充実しています。

    問合せ:おもろ(上永谷2-22-22、電話:045-349-5655)

    地域活動支援センター ゆんた

    お菓子メーカーの箱作りや、釣り具などの組立てのほか、アート活動も行っています。温かくておいしい給食は利用者に好評です

    問合せ:ゆんた(日野1-1-1 2階、電話:045-349-5223)

    運営しているのは ココ! 一般社団法人みのりの里

    港南区を中心に、知的障害や発達障害、自閉症スペクトラムの人が利用できる作業所を運営しています。一人ひとりの個性や価値観を尊重し、社会参加できる機会と場所をつくることや、自己肯定感を感じられる支援を目指しています

    問合せ:区役所障害者支援担当(電話:045‐847‐8459 FAX:045‐845‐9809)


     募集 住宅・土地統計調査調査員

    10月1日を期日として行われる住宅・土地統計調査の調査員を募集します。

    期間 8月下旬から10月下旬。9月上旬に説明会があります。
    仕事内容 区内の指定された調査区域の世帯を訪問し、調査票の配布・回収などを行い、関係書類を作成します。
    資格 20歳以上の税務、警察、選挙活動などに直接関係のない人
    報酬 約6万6,000円(交通費・写真代・電話料を含む)
    ※金額は、担当した区域数などにより変わります
    申込み 5月11日から31日に電話か直接区役所5階56番窓口(8時45分から17時 ※土曜日・日曜日を除く)へ
    ※後日、面接を行い、採否を決定します

    住宅・土地統計調査とは

    国内の住宅、世帯の居住状況、世帯の保有する土地等の実態を把握し、その現状と推移を明らかにする、5年ごとの調査です。

    問合せ:区役所統計選挙係(電話:045-847-8308 FAX:045-841-7030)

    ©2007-2018 City of Yokohama. All rights reserved.