港南区トップページ > 広報 > 広報区版2018 > 広報よこはま港南区版 平成30年4月号 地域通信

広報よこはま 港南区版 平成30年4月号 地域通信

皆さんの地域活動を紹介します!

 きれいな街・人にやさしい街は、住みたい街  クリーンスポーツ大会  芹が谷地区

 春のように暖かな2月の土曜日、8回目となる芹が谷連合自治会の「クリーンスポーツ大会」が開催されました。「ごみを拾う」ことを競技にしたこの大会は、自治会町内会のほか、小・中学校、地域ケアプラザ、区役所など、300人もの人が参加する地区の一大イベントです。今年は、港南区に仮移転中のやまゆり園の皆さんも初めての参加となりました。

 制限時間は45分間。5人ほどでつくる総勢50チームは、分別しながらごみを拾い集め、芹が谷南小学校に移動し、計量と成績発表を行います。重さだけを競うのではなく、種類ごとに定めた点数と重量を掛けた総ポイントで順位が決まります。どのチームも1位を目指し、気合十分。中でも、小・中学生たちは、スポーツ大会の名にふさわしく、チームワークを発揮して走り回っていました。

 「地域の交流が深まり、社会貢献にもなる。さらに、子どもから大人まで楽しめるようにと、このイベントを考えました。たくさんの人や団体に支えられて、続けられています。やまゆり園の皆さんには、今後もさまざまな活動に参加を呼び掛けていきたいです」と、連合自治会の藤田会長。会長が参加者に伝えた、「ごみを拾うと街がきれいになる。街がきれいになると心がきれいになる。心がきれいになると人が優しくなる。人が優しくなると住みたい街になる」というメッセージが心に響き、次世代へとつながっていきます。

(1) ふれあい会館での集合写真

(2) 小学生グループの写真


(3) 男女混合グループの写真


(4) 坂道の女性生5人グループの写真


(5) イーオの写真  計量している写真

(6) 優勝チームの写真


【写真の説明】
(1)ふれあい会館に集合した皆さん。勝利に向けてここからスタートします
(2)「何かあるよ」早速ごみを見つけてうれしそうな小学生たち
(3)「負けちゃうけどごみが減っているのは良いことね」と成績にはこだわりません
(4)成果を手に小学校へ向かう坂道を上ります
(5)「いっぱい集めたね」ごみは種類別に計量します。会場にはイーオも登場
(6)並み居る中学生を抑えて1位に輝いた芹が谷南小チーム

©2007-2018 City of Yokohama. All rights reserved.