港南区トップページ > 広報 > 広報区版2018 > 広報よこはま港南区版 平成30年2月号 区役所からのお知らせ(6‐7ページ)

広報よこはま港南区版 平成30年2月号 区役所からのお知らせ(6‐7ページ)

 区役所からのお知らせ(6ページから7ページ)

広報よこはま港南区版平成30年2月号の6ページから7ページに掲載している記事です。

 区政に生かします 区民意識調査の結果がまとまりました
 今年も力作ぞろい!「環境絵日記」作品展 in 京急百貨店を開催します
 春の火災予防運動 3月1~7日「火まわり」に気を付けよう
 あなたの街の障害者事業所 第10回 こうなん来夢(らいむ)
 商店街 見どころめぐり 第10回 大好評のまちゼミを、ほんのちょっぴりご紹介!
 大切な仲間と出会って「絆塾❤下永谷」の皆さんと林市長の「ぬくもりトーク」


 区政に生かします 区民意識調査の結果がまとまりました

昨年6月に、無作為に抽出した18歳以上4,000人を対象に行った調査の結果がまとまりました。皆さんの生活環境に対する意識や区に取り組んでほしいことなどを把握し、区政運営に役立てていきます。

Q あなたは、これからも港南区に住み続けたいと思いますか?

「住み続けたい」「やや住み続けたい」と回答した人が、全体の8割と高い割合を占めました。引き続き、「住んで良かった」と思えるように取組を進めます。

グラフ

港南区のイメージ

住環境に関する回答が多く寄せられ、区民の皆さんが港南区に「住」のイメージを持っていることが分かりました。

Q あなたが抱く港南区のイメージはどのようなものですか?
  1. 住みやすい・住み続けたい  222件
  2. 自然が豊富・緑が多い  119件
  3. 自然と都会(利便性)のバランスが取れている  88件

調査結果は「区民意識調査結果報告書」で

このほか、地域活動や隣近所の付き合い、防災・減災対策、健康づくりなどについても報告書にまとめています。区役所1階や区内地区センター・地域ケアプラザ・コミュニティハウスで閲覧できます。 区ホームページにも掲載しています。

問合せ:区役所企画調整係(電話:045-847-8328 FAX:045-841-7030)


 今年も力作ぞろい!「環境絵日記」作品展 in 京急百貨店を開催します

区内の小学生が「みんなでつくる環境未来都市・横浜」をテーマに描いた「環境絵日記」。応募総数2,012点から選ばれたリサイクルデザイン賞受賞作品66点を一堂に展示します。

りくみちゃん期間中は直接会場へ。ぜひ見に来てね!
りくみちゃん
日時 2月15日(木曜日)から21日(水曜日)10時から22時
※初日は11時から、最終日は17時まで
会場 京急百貨店10階(京急・地下鉄上大岡駅下車)

  • 主催:横浜市資源リサイクル事業協同組合
  • 共催:区役所
  • 協力:株式会社京急百貨店

環境絵日記とは

小学生が夏休みの自由課題として、絵日記形式(絵と文章の組み合わせ)で環境問題について考えていることを自由に表現する取組です。毎年、横浜市資源リサイクル事業協同組合が実施しています。

問合せ:区役所企画調整係(電話:045-847-8328 FAX:045-841-7030)


 春の火災予防運動 3月1~7日「火まわり」に気を付けよう

空気が乾燥し、風の強い日が多い、火災の起こりやすい時季です。港南消防署では、区の花ひまわりにかけて「火まわり」の確認を呼び掛けています。

火災を防ぐポイント

  • 家の周りに燃えやすい物を置かない、ごみは指定された日時・場所に出すなど、放火させない環境をつくる。
  • たばこの投げ捨て、寝たばこはしない。
  • ストーブの周りは常に整理整とんする。
  • 電気コードは、上に家具を置かない、束ねたままで使わない、古いものを使わない。コンセントやプラグにほこりがたまったままにしない。
  • 火のそばを離れるときは、こんろの火を消す。
  • 住宅用火災警報器を設置し、定期的に点検する。
横浜消防マスコットキャラクター ハマくん住宅用火災警報器、1年に1回は点検しよう。取扱説明書を確認してね
横浜消防マスコットキャラクターハマくん

問合せ:港南消防署予防課(電話・FAX:045-844-0119)


 あなたの街の障害者事業所 第10回 こうなん来夢(らいむ)

区役所へ行ったとき、入り口近くから「いらっしゃいませ!」「ありがとうございました!」と元気な声がしたら、それは私たち「こうなん来夢」です。

「こうなん来夢」は、学齢期を終えた障害のある人が通う活動ホーム・地域作業所(事業所)の集まりです。事業所に通う仲間たちが作る雑貨や食品の販売などを通じて、地域の皆さんと交流を深めています。製品を見て「すてきですね」「また来ますね」などと言ってもらうこともあります。そのような自然な関わりを通して、相互理解の輪が広がっていくことが願いの一つです。

発足して15年。これからも住み慣れた街で、私たちのことを知ってもらえるように活動していきたいと思います。気軽に立ち寄って、声を掛けてください。そのひと声が、私たちにとって何よりの喜びです。

販売情報

  • 区役所:月~金曜日 11時~14時
  • 野庭地域ケアプラザ:6~10月、12月の第1水曜日 11時~14時

パン販売風景写真 こうなん来夢雑貨写真 ショーケース写真

問合せ:区役所障害者支援担当(電話:045‐847‐8459 FAX:045‐845‐9809)


 商店街 見どころめぐり 第10回 大好評のまちゼミを、ほんのちょっぴりご紹介!

 まちゼミとは

お店の人がプロの技や専門知識を無料(材料費実費)で教える、少人数制・短時間のミニ講座です。昨年11月、区内の各商店街で「第2回港南区まちゼミ」が開催されました。

親子で参加! お弁当バイキング(野庭団地ショッピングセンター)

栄養バランスを考えておかずを組み合わせてみよう

お弁当バイキング写真 カロリー計算中写真
ヘルシーな印象の鶏むね肉も、から揚げだとカロリーはもも肉とあまり変わらないんですよ

時短若返りメイク講座(横浜港南台商店会)

プロにこつを習おう

メイク講座写真 アドバイス中写真
コンシーラーは、しみ消しだけでなく、目尻などの影を消すことで若返って見えます

このほか、簡単自転車メンテナンス講座(丸山台いちょう坂商店街)、おいしい煮物のつくり方(上大岡駅東口商店会)など、楽しい全58講座が開催されました。

参加者の声

    • 今日から生かせる知識、ありがたいです
    • 自己流では分からないことがあるので、専門の人に教えてもらえて良かった

Facebookもどうぞ

港南区まちゼミ 検索

問合せ:区役所地域運営推進係(電話:045-847-8391 FAX:045-842-8193)


 大切な仲間と出会って「絆塾❤下永谷」の皆さんと林市長の「ぬくもりトーク」

東日本大震災の後「人と人がつながる下永谷づくり」を目標に発足した「絆塾❤下永谷」。地域ケアプラザを拠点に活動し、特に「避難生活サバイバル体験会」は、地域の人から役に立つと好評です。「ぬくもりトーク」では、活動の紹介や「ポリ袋クッキング」のデモンストレーションが行われました。

メンバーからは「活動に参加して、隣近所だけでなく、より広い地域の人と知り合い、さまざまなことを教わっています」「みんなのフットワークと斬新なアイデア、そして『食』が、人をつなげたのだと思います」との話がありました。

市長は「災害に対して、地域の自助・共助の輪を広げていただくことは大変重要です。『活動を通じて大切な仲間に出会い、お互いに高め合っている』という皆さん共通の思いに、とても感銘を受けました。防災・減災から、さらに膨らんで、生き方まで豊かにされているのですね。皆さんとお話しして、人肌で伝えていくことが大事だと改めて思いました」と感想を語りました。

ポリ袋クッキング写真
災害時でも温かいものが食べられるポリ袋クッキングに「これは感動」と市長

集合写真
市長の提案で「絆」を結ぶポーズ

問合せ:区役所広報相談係(電話:045-847-8321 FAX:045-846-2483)

©2007-2018 City of Yokohama. All rights reserved.