港南区トップページ > 広報 > 広報区版2018 > 広報よこはま港南区版 平成30年2月号 特集

広報よこはま港南区版 平成30年2月号 特集

特集 踏み出そう  豊かなセカンドライフ  育もう  地域の新しいチカラ
地域で楽しむ人・頑張る人を応援します! 

港南区では、仕事を定年退職した人に、住んでいる地域で生きがいを持って毎日を過ごすきっかけやヒントを見つけてもらうための「男のセカンドライフ大学校」、防災・減災や見守り・支えあい、健康づくりなど、さまざまな活動をしている人同士が地域づくりについて学び合う「学び舎(や)ひまわり」を開校しています。

今回は、2つの学びの場の内容と魅力を紹介します。

問合せ:区役所地域力推進担当(電話:045-847-8383 FAX:045-841-7030)
区社会福祉協議会(電話:045-841-0256 FAX:045-846-4117)

 地域での仲間や楽しいことを探している人にオススメ!

男のセカンドライフ大学校
~60代からは“地元”で楽しく仲間づくり・未来づくり

主催:区社会福祉協議会、区内地域ケアプラザ、区役所

定年退職後の男性が、これまで多くの時間を過ごした会社という組織を離れて地元に戻ったとき、セカンドライフを豊かで楽しく過ごせるように開校しました。仲間づくりや生きがいづくりのきっかけ・ヒントとなる、さまざまな講座やイベントに参加できる場です。

これまでの卒業生は延べ104名。ここで知り合ったみんなでグループを作って毎月ウォーキングをしたり、地域の行事などでボランティアとして活躍している人もいます。

今年度の内容をちょっとだけ紹介!
メタボ撃退! スポーツジム体験
 特集1




いつまでも若々しく元気に過ごせるよう、正しいラジオ体操のやり方やスポーツジムでの運動教室を体験します。

我が町発見! 港南区の魅力
 特集2




港南区の歴史や成り立ちを学び、住んでいるまちの魅力を再発見します。

プロから学ぶ コーヒーの淹(い)れ方
 特集3




一味違うおいしいコーヒーの淹れ方や、コーヒーにまつわる話を聞きます。

 

        まだまだあります 大好評企画

 このほか、今年度は
  あなたは何タイプ?楽しいセカンドライフへのヒント
  上手なお金の使い方とビールの学校
  災害発生! あなたはどうしますか?
 といった幅広い分野の充実した講座が開かれました。


 卒業生が語る 男のセカンドライフ大学校の魅力

 1期生
 大村 邦夫 さん

  特集4

多くの知り合いを地元につくることができたのが一番です。
地元への関心も深まり、役に立ちたいという思いが出てきて、少しずつですが地域の活動に参加しています。

 2期生
 関 勝弘 さん

  特集5
 
区内で活動する皆さんと知り合う機会となりました。
卒業後は「あゆみ」という同期会を結成し、毎月の定例会でコミュニケーションも図っています。「どうやったら一番楽しく生きられるか」のヒントにつながると思います。

 3期生
 中井 政男 さん

  特集6
 
参加したことで新たな人間関係が築け、3期生の会 「輝(かがやき)」をはじめ、自宅以外に居心地の良い居場所 を見つけられました。
卒業後は地域活動などに参加し、充実した日々を過ごしています。



住んでいるまちで楽しみたい・仲間づくりをしたい・地域デビューしたい人…
大学校にぜひ“入学”してみませんか?

※30年度の「男のセカンドライフ大学校」講座内容は、4月以降に確定し、連合町内会などを通じてお知らせします

 地域の活動を頑張っているあなたにオススメ!

学び舎ひまわり
~協働による地域づくりのための学び合いの場

主催:区連合町内会長連絡協議会、区社会福祉協議会、区役所

自治会町内会、地区社会福祉協議会、各種委嘱団体で活動している人と区の職員などが「協働による地域づくり」をさらに進めていけるよう、さまざまな方面から地域づくりについて考えていく場です。

※平成29年度現在、受講には各地区連合町内会長からの推薦が必要です


地域の方と区職員・関連施設職員とが
同じテーブルで一緒に学びます。
頼もしい仲間がたくさん増えますよ!

 学び舎ひまわり 藤田校長
 (区連合町内会長連絡協議会 会長)
特集7
今年度の内容をちょっとだけ紹介!
まちを歩こう
 特集8  




受講生がそれぞれ案内役となり、わがまちのお薦めスポットや課題となっている場所を巡ります。仲間と一緒にまちを見つめ直すことで、自分では今まで気付かなかった魅力や課題の発見につながります。

区内の取組から
ヒントをもらおう

 特集9                        




地区全体の大きなイベントから町内会単位の取組まで、受講生が知りたいテーマの活動事例について、秘話を聞きにいきます。現地見学では、楽しい体験がたくさんできます!

地域で実現させたい
「マイプラン」を作ろう

特集10                        




自分の地域でいつか実践してみたい計画「マイプラン」。作り上げたプランを受講生同士持ち寄って発表し、お互いにアドバイスすることで、さらにすてきな企画に仕上げていきます。


「自治会の行事を見直し・工夫をして、
若い人を担い手としてとりこんでいきたい」

「隣近所の関係を強化して、
地域の見守り・支えあいを進めたい!」  
特集11


 受講生と先生に聞く 学び舎ひまわりの魅力
特集12

今年は40名の受講生が“学び舎”を卒業しました。



 29年度卒業生代表
 武田 伸一 さん
  特集13

地域の課題解決のヒントやきっかけづくりを考えることができました。さまざまな地域・立場の人たちと何度も意見交換できたので、多角的・客観的に地域活動を捉えるようになりました。全6回、あっという間でした!

 学び舎ひまわり
 講師  内海(うつみ) 宏 先生
  特集14

毎回、マイプラン作成では力作がそろいます。ベテランか新人かを問わず、こういう地域づくりを学びたい、実現したいという思いがあふれ、具体的、刺激的、チャレンジングな提案でした。多彩なテーマが取り上げられ、各地域の新しい担い手同士の関係を築いていけることが魅力です。

大好きなこのまちをもっとすてきにしたい…そんな思いをかたちにするために、
182名の卒業生に続いて受講してみませんか?
学び舎ひまわりはあなたを待っています。
※30年度の「学び舎ひまわり」講座内容は、4月以降に確定し、連合町内会などを通じてお知らせします




地域活動のヒントがいっぱい! 元気な地域づくりフォーラム

特集15

今回は「災害時に支援が必要な人への地域の取組」を中心に紹介します。
地域で活動している皆さんの熱い思いや工夫、苦労した点などについて、パネルディスカッションや事例発表を行います。
ほかの地域の取組をヒントにして、自分たちの活動の幅を広げるチャンスです。
ぜひ、ご来場ください。

日時 3月3日(土)13時30分~16時 ※13時開場
会場 区民文化センターひまわりの郷(京急・地下鉄上大岡駅下車)
内容

 地域活動事例の発表
 小・中学生の取組(こどもフォーラム2017)のグループ発表
 「協働による地域づくり」の取組方針の共有
 地域活動のパネル展示

 当日直接会場へお越しください

©2007-2018 City of Yokohama. All rights reserved.