港南区トップページ > 広報 > 広報区版2017 > 広報よこはま港南区版 平成29年5月号 ピックアップ情報(6‐7ページ)

広報よこはま港南区版 平成29年5月号 ピックアップ情報(6‐7ページ)

 ピックアップ情報(6ページから7ページ)

広報よこはま港南区版平成29年5月号の6ページから7ページに掲載している記事です。

 住みやすいまちを目指して 港南区区民意識調査にご協力ください
 6月4日から10日は歯と口の健康週間 「むし歯予防デー」で歯と口の健康チェック!
 大きくなる前に ハチの巣は早期発見・早期駆除!
 商店街 見どころめぐり 第1回 お店の人の笑顔がうれしい!
 あなたの街の障害者事業所 第1回 遊びに来てね!そよかぜふれあいまつり
 いざというときのために 熊本地震から学ぶ 私たちができること・やるべきこと


 住みやすいまちを目指して 港南区区民意識調査にご協力ください

区民の皆さんの生活環境への意識や日常生活、区に取り組んでほしいことなどを把握し、今後の区政運営に役立てることを目的に、アンケート調査を実施します。5月中旬にアンケート票を郵送しますので、ご協力をお願いします。

 調査の概要

対象者 住民基本台帳から無作為抽出した区内在住の18歳以上の男女4,000人(外国籍40人を含む)
調査期間 5月16日(火曜日)から6月15日(木曜日)
回答方式 無記名、選択式(一部記入式)のアンケート調査票への直接記入による回答または横浜市電子申請・届出サービスを利用したインターネット回答

調査結果については、広報よこはま港南区版・区ホームページなどで公表します。

問合せ:区役所企画調整係(電話:045‐847‐8328 FAX:045‐841‐7030)


 6月4日から10日は歯と口の健康週間 「むし歯予防デー」で歯と口の健康チェック!

港南歯科医師会の協力により、歯科医師による検診・相談、フッ素塗布、歯磨きのアドバイスをします。

日時 6月1日(木曜日)14時から16時 ※受付は15時40分まで
会場 区役所3階(検診・検査フロア)
対象 区内在住の小学生以下の子
申込み 5月11日から26日(消印有効)に、はがきかEメールに住所、電話番号、参加希望者全員の氏名・年齢、むし歯予防デー(メールの場合は件名に)と書いて、区役所健康づくり係(〒233‐0003 港南区港南4‐2‐10、Eメール:kn-mushibayobou@city.yokohama.jp)へ
※1家族につき申込みは1回のみ。応募多数により参加できない場合のみ連絡します

問合せ:区役所健康づくり係(電話:045‐847‐8438 FAX:045‐846‐5981)


 大きくなる前に ハチの巣は早期発見・早期駆除!

毎年、春から秋にかけてハチの巣に関する相談が多く寄せられます。6月頃までは、女王バチ1匹で巣を作っている時期なので、巣が大きくなる7月以降と比べて、安全に費用負担も少なく駆除できます。今の時期に巣を作られやすい場所を点検しましょう。
ハチの巣は、土地や建物の管理者が駆除することが原則ですが、スズメバチは攻撃性が高く、駆除には危険が伴いますので、専門業者に依頼することをお勧めします。

 巣を作られやすい場所

ハチの巣は早期発見・早期駆除!1

 ハチに関する相談は区役所へ

区役所では駆除は行っていませんが、スズメバチやアシナガバチなどに関する相談や駆除業者の案内を行っています。
また、アシナガバチの巣を自分で駆除する場合は、器具や防護服を貸し出していますので、お問合せ下さい。

巣を作ることが多いハチ
ハチの巣は早期発見・早期駆除!2
スズメバチの巣
ハチの巣は早期発見・早期駆除!3
アシナガバチの巣

問合せ:区役所環境衛生係(電話:045‐847‐8445 FAX:045‐846‐5981)


 商店街 見どころめぐり 第1回 お店の人の笑顔がうれしい!

商店街は、地域の皆さんが日頃の買い物をする一番身近な場所として、古くから親しまれてきました。そこは、お店の人や買い物客同士が会話を楽しむ、そんな場所でもあります。
今月号から区内の商店街で開催されるイベントや商店街の魅力・自慢などを紹介します。お店の人の笑顔が待つ商店街に、ぜひお出掛けください。

 50年続く歴史ある芹が谷銀座商店会

第1回は港南区商店街連合会の早川会長のお膝元、芹が谷銀座商店会(通称「せりぎんタウン」)を紹介します。昭和41年にできてから今年でちょうど50年。小さいながらも元気に頑張っています。
「今は、残念ながら多くの店舗がシャッターを閉めた状態ですが、ここには八百屋に魚屋、肉屋、パン屋、牛乳屋までそろっているんですよ」と早川会長。会長が特にお勧めするのは「安くておいしい」と評判の焼き豚。皆さんも味わってみてはいかがですか。

アクセス バス停「せりぎんタウン」下車(港南区芹が谷4‐1周辺)

商店街 見どころめぐり1
ミートショップ・オックスの焼き豚 100g 148円
商店街 見どころめぐり2
魚治(うおはる)鮮魚店
商店街 見どころめぐり3
よろづや青果店

問合せ:区役所地域運営推進係(電話:045‐847‐8391 FAX:045‐842‐8193)


 あなたの街の障害者事業所 第1回 遊びに来てね!そよかぜふれあいまつり

皆さんの身近なところに障害者の活動の場(事業所)があることをご存じですか。区には15の事業所(法人)があり、利用者の皆さんが毎日生き生きと輝いて活動しています。今月号からそんな事業所を紹介します。
事業所に興味を持ったら、記事で紹介するイベントや活動に行ってみませんか。利用者の皆さんは、たくさんの人との出会いを楽しみにしています。

 そよかぜふれあいまつりって?

あなたの街の障害者事業所1

毎年5月、地域活動ホーム「そよかぜの家」は、近隣4施設と力を合わせて「そよかぜふれあいまつり」を開催し、地域の人との交流を深めています。
「そよかぜの家」の利用者・保育園の子どもたちの歌や演奏のほか、中学生のブラスバンド演奏など楽しいプログラムが盛りだくさん。「そよかぜの家」で作っているおいしいパンの販売のほか、焼きそば、綿菓子、こども縁日などの模擬店も出店されます。

日時 5月13日(土曜日)10時から13時
会場 「そよかぜの家」周辺(地下鉄港南中央駅下車)
問合せ 社会福祉法人「そよかぜの丘」(電話:045‐847‐0230 FAX:045‐845‐5610)

 開催しているのは ココ そよかぜの丘

「そよかぜの家」をはじめ、区内で3事業所を運営しています。今年2月には、新たに日野一丁目に生活介護事業所「あ~す そよかぜ」を開所しました。ここでは、18歳以上で障害のある人たちが、畑作業やアルミ缶回収・ポスティングなどを行っています。いろいろな発見と笑顔あふれる事業所を目指して、毎日楽しく活動しています。

あなたの街の障害者事業所2
種まきに向けて耕しています

問合せ:区役所障害者支援担当(電話:045‐847‐8459 FAX:045‐845‐9809)


 いざというときのために 熊本地震から学ぶ 私たちができること・やるべきこと

「熊本地震から学ぶ 自助・共助の推進」をテーマに、港南区防災講演会を開催します。必ず起きるといわれている大地震から命を守るための行動・活動について考えてみませんか。

日時 5月26日(金曜日)14時から16時30分 ※13時開場 港南区防災講演会1
会場 港南区民文化センターひまわりの郷(京急・地下鉄上大岡駅下車)
内容 第1部 「熊本地震の教訓を踏まえ、科学的視点で防災対策を考える」
講師:国崎 信江氏(危機管理教育研究所代表)
第2部 「見守り・支えあいを進めるために、地域でできること」
講師:河西 英彦氏(横浜災害ボランティアネットワーク連絡会代表)
港南区防災講演会2
定員 300人(先着)
申込み 当日直接会場へ ※手話・筆記通訳、車いす席あり。親子席は問合せを

問合せ:区役所危機管理・地域防災担当(電話:045‐847‐8315 FAX:045‐841‐7030)

©2007-2017 City of Yokohama. All rights reserved.