港南区トップページ > 広報 > 広報区版2017 > 広報よこはま港南区版 平成29年3月号 地域通信

広報よこはま 港南区版 平成29年3月号 こう・なん・くぅの地域通信

皆さんの地域活動を紹介します!

 子どもたちの自主性を育もう ぐんぐんひろば ひぎり地区

昨年9月から、ひぎり地区の子育てクラブ「ぐんぐん」が、子どもの自主性を育てつつ、保護者も一緒に学べる場所として、「ぐんぐんひろば」を毎月第2水曜日に日限山地域ケアプラザで開催しています。
この活動は、『わが街ひぎり・いきいき幸せプランVer.3』の「子ども・青少年の成長を地域で支える」取組の一環として位置付けられるものです。
「ぐんぐんひろば」では、ボランティア手作りの「教具」を使って、子どもたちが遊びながら自然に日常生活の練習ができるよう工夫され、参加者でもあるボランティアの意見も取り入れることにより、回を重ねるごとに新しい教具が増えていくなど発展をしています。

「ぐんぐん」立ち上げメンバーの1人齊藤さん(ひぎり地区社協事務局長)は、「目の前の自分の子どもと一緒に触れ合いながら遊ぶ機会を持つことによって、今まで気付かなかった子どもの一面を知るきっかけになればと思っています。希薄になってきている伝統的な子育て文化を、これからも若い親世代に伝えていきたいです」と話してくれました。

(1)
地域通信:ぐんぐんひろば1
(2)
地域通信:ぐんぐんひろば2
(3)
地域通信:ぐんぐんひろば3
(4)
地域通信:ぐんぐんひろば4
(5)
地域通信:ぐんぐんひろば5

地域通信:ぐんぐんひろば6

【写真の説明】
(1) 最初にボランティアから説明があって、スタートです
(2) 「講師役」の山口さんがお手本を始めると、子どもたちは集まって真剣に見入っています
(3) 同じ色のものをトングで選り分けるための「お手玉」など、ボランティア手作りの教具がたくさん並んでいます
(4) 自分で選んだ教具に夢中になる子どもたち。自分で使ったものは、自分で片付ける練習もしています
(5) 参加した人は、「この月齢でもこんなことができるんだ、という発見がありました」と話してくれました

©2007-2017 City of Yokohama. All rights reserved.