港南区トップページ > 広報 > 広報区版2016 > 広報こうなん 28年12月号 地域通信

広報こうなん 28年12月号 こう・なん・くぅの地域通信

皆さんの地域活動を紹介します!

 「お手伝い」の気持ちから広がる見守りの輪
やよい会 野庭住宅地区

 野庭住宅第六自治会では、月1回日曜日の午後に「やよい会」を開いています。高齢者の一人暮らしが増えたことを受け、「ごみ出しや電球の交換をお手伝いしたい」と平成14年3月に立ち上がりました。それをきっかけに、65歳以上の一人暮らしの人や介護している人など、みんなで集会所に集まるようになり、現在に至っています。
 毎月の活動内容は、ボランティアスタッフが決めています。ボウリング大会やタオルを使ったペットボトルカバー作りといった、さまざまなプログラムを用意しています。毎年春と秋には食事会を開き、手作りの食事をみんなで一緒に楽しむのも恒例となっており、30人以上の参加者が集まることもあります。
 代表の塚本さんは「いつも参加する人がお休みしたときには、民生委員・児童委員が個別に訪問するなど、日々の見守りにもつなげています。月1回顔を合わせることで、日頃からちょっとしたことでも声を掛けやすくなりました」と話してくれました。

(1)
参加者がボウリングのボールを投げる様子と、ピンが倒れるのを見守る様子を写した写真
(2)
壁際に一列に座っている参加者が笑顔で投球を見ている様子
(3)
机を囲んでペットボトルカバーを作っている様子と、手作りの料理を楽しんでいる様子を写した写真
(4)
訪問カードを手にした民生委員児童委員2人と、メッセージ入り訪問カードを写した写真

【写真の説明】
(1) ボウリング大会では、ペットボトルで作ったピンが倒れるたびに、大きな歓声が上がりました
(2) 投球の合間に応援し合って、笑顔が広がりました
(3) 小物作りや食事会では、近況をおしゃべりしたりして楽しい時間を過ごします
(4) 欠席した人には個別訪問し、手書きのカードを渡して様子を確認します

©2007-2016 City of Yokohama. All rights reserved.