港南区トップページ > 広報 > 広報区版2016 > 広報こうなん 28年6月号 地域通信

広報こうなん28年6月号 こう・なん・くぅの地域通信

皆さんの地域活動を紹介します!

中学生も活躍! 世代を超えて人が集まる恒例行事
港南桜まつり 笹下地区

 毎年4月の第1土曜日に開催されている「港南桜まつり」は、地域に親しまれている行事で、今年で42回目を迎えました。当日は地域の皆さんがみこしや踊りで桜道を練り歩き、メイン会場の南台小学校の校庭には各自治会町内会などの出店が並びます。満開の桜の下、子どもからシニア世代まで多くの人が集まり、にぎわいます。
 
 桜まつりでは、近隣の小・中学校の児童・生徒によるマーチングバンドやジャズバンド、チアリーディングが披露されるなど、若い世代の活躍がまつりを盛り上げます。さらに、中学生の有志のボランティアも、今年復活した約50年前のみこしを担いだり、交通整理をしたり、会場設営から後片付けまでお手伝いをしています。
 
 笹下連合町内会の荻久保(おぎくぼ)会長は「桜まつりに中学生がボランティアとして参加することで、地域に愛着を持ってもらい、積極的に他の地域行事にも参加するきっかけにしてほしいです。そして、次の世代からまたその次世代へと、伝統行事や地域活動の担い手をつないでいけたらうれしいですね」と話してくれました。

中学生ボランティアによる子どもみこし
今年中学生に担がれたみこしは、約50年前のものが修繕され、お披露目されました

大人みこし
大人みこしの威勢の良い掛け声が桜道に響きます

マーチングバンド
小・中学生のマーチングバンドやジャズバンドも会場を盛り上げます(写真は小学生のマーチングバンド)

ひまわり音頭
桜道の入口から約400メートル、女性部の皆さんが浴衣姿でひまわり音頭を踊り歩き、まつりを華やかに彩ります

©2007-2016 City of Yokohama. All rights reserved.