港南区トップページ > 広報 > 広報区版2016 > 広報こうなん 28年2月号 地域通信

広報こうなん28年2月号 こう・なん・くぅの地域通信

皆さんの地域活動を紹介します!

身近な存在を目指して、福祉団体が活動紹介
 ふるさと のば 福祉の集い 野庭(のば)団地地区

 「ふるさと のば 福祉の集い」は、地域で活動している福祉団体が、福祉を身近に感じ、関心を持ってもらうためにそれぞれの活動を紹介する催しです。毎年11月に、野庭団地地区社会福祉協議会や野庭団地連合自治会を中心に、全ての団体が協力し合って開催しており、昨年で29回目を迎えました。
 
 当日は、地域で活動する民生委員・児童委員が、顔を覚えてもらい気軽に相談しやすくなるように、ハンドベルの演奏を交えながら自己紹介をしたり、保健活動推進員は、より健康づくりに関心を持ってもらえるように、会場の皆さんと一緒に健康体操・ロコモ予防体操をします。このほか各団体の活動を分かりやすく伝えるためのパネル展示や体験コーナーをはじめ、地域の皆さんの写真や手芸、絵画などの作品展示もあります。この催しをきっかけに、交流が生まれ、顔の見える関係づくりにもつながっています。
 
 「当初はシルバークラブ連合会の皆さんが中心となって、踊りや歌などを披露する催しでしたが、幅広い世代の皆さんにも日頃の福祉の活動を知っていただきたいと思い、現在のような形になりました。小・中学生にも参加してもらうようになってからは、保護者などの若い世代も増え、来場者は毎年600人を超えています」と同地区社会福祉協議会の林会長。また、同連合自治会の向後(こうご)会長は、「地域の皆さんが交流できる良い機会として、これからも引き続きこの催しを盛り上げて、たくさんの人が集えるようにしていきたいです」と話してくれました。




会場のメーンステージでは、来場者に楽しんでもらおうと、各団体が工夫して発表します
会場のメーンステージでは、来場者に楽しんでもらおうと、各団体が工夫して発表します


中学生の似顔絵コーナーや小学生による合唱もあり、幅広い世代の人が参加しています  中学生の似顔絵コーナーや小学生による合唱もあり、幅広い世代の人が参加しています
中学生の似顔絵コーナーや小学生による合唱もあり、幅広い世代の人が参加しています


グラウンドゴルフなどの体験コーナーや作品展示コーナーもあります  グラウンドゴルフなどの体験コーナーや作品展示コーナーもあります
グラウンドゴルフなどの体験コーナーや作品展示コーナーもあります


昨年は「ふだんの くらしを しあわせに」をテーマに、実行委員の皆さんが力を合わせて開催しました
昨年は「ふだんの くらしを しあわせに」をテーマに、実行委員の皆さんが力を合わせて開催しました

©2007-2016 City of Yokohama. All rights reserved.