港南区トップページ > 広報 > 広報区版2015 > 広報こうなん 27年11月号 こうなんピックアップ情報(6ページ)

広報こうなん 27年11月号 こうなんピックアップ情報(6ページ)

こうなんピックアップ情報(6ページ)

広報こうなん27年11月号の6ページに掲載している記事です。

これからの季節に備えて ノロウイルスから身を守ろう
便利な納付方法に切替を 国民健康保険料の納付は「口座振替」へ
11月9日(月曜日)から15日(日曜日)は秋の火災予防運動週間です 火の用心!火災対策は万全に

これからの季節に備えて ノロウイルスから身を守ろう


感染しないために・・・

せっけんで手を洗う
 せっけんで手を洗うと、汚れが落ち、ウイルスが剥がれやすくなります。帰宅時や調理・食事前など、こまめに手洗いをしましょう。

食品を十分に加熱する
 ノロウイルスは、85度から90度で90秒間加熱することによって感染力を失います。ノロウイルスに汚染されている可能性のある食品(カキなどの二枚貝等)は、生や加熱が不十分な状態での食事を避けることが大切です。


ノロウイルスに感染またはその疑い(おう吐や下痢の症状)があるときに調理をすると、食品を介して感染を広げる可能性があります


感染拡大を防ぐには・・・

 ノロウイルスの消毒には、市販の塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)または加熱が効果的です。汚物や吐物で汚染された物や場所は、塩素系漂白剤でしっかりと拭き取るか、または熱湯(85度以上)で1分以上加熱し、消毒しましょう。感染を防ぐために使い捨てのマスクや手袋などを着用しましょう。

市販の塩素系漂白剤(濃度5パーセント)での消毒液の作り方

※素材によっては色落ちする場合があります

通常の掃除用(約250倍希釈):調理器具やドアノブ、手すりなど
 ペットボトルキャップに2杯分(10ミリリットル)の漂白剤を入れ、2リットルと500ミリリットルペットボトルいっぱいの水で薄める。

消毒液(約250倍希釈)の作り方キャップ2杯分の漂白剤と2.5リットルの水

汚物・吐物で汚染された物や場所用(約50倍希釈):トイレや床など
 ペットボトルキャップに2杯分(10ミリリットル)の漂白剤を入れ、500 ミリリットルペットボトルいっぱいの水で薄める。

消毒液(約50倍希釈)の作り方キャップ2杯分の漂白剤と500ミリリットルの水

消毒液の作り置きはできません
消毒液は時間が経つにつれて効果が薄くなります。必要なときに必要な量を作るようにしましょう

問合せ:区役所食品衛生係(電話:045-847-8444 FAX:045-846-5981)

 

便利な納付方法に切替を 国民健康保険料の納付は「口座振替」へ

 4月1日から国民健康保険料の納付は原則、口座振替となりました。口座振替にすると、指定口座から自動的に納付できるため、保険料の納め忘れがなくなります。ぜひ口座振替手続にご協力をお願いします。

申込手続に必要なもの

国民健康保険被保険者証
引き落とし口座の預・貯金通帳と届出印
国民健康保険料口座振替依頼書※

※国民健康保険料口座振替依頼書は市内各金融機関にあります。自宅への郵送を希望する場合はお問い合わせください

くぅ








申込方法

 「申込手続に必要なもの」をお持ちになり、金融機関窓口で国民健康保険料口座振替依頼書を記入して届出印を押印し、お申し込みください。
※振替開始時期については、申込み後に区役所から送付する「国民健康保険料納付方法のお知らせ」でご確認ください

問合せ:区役所保険係(電話:045-847-8426 FAX:045-845-8413)

11月9日(月曜日)から15日(日曜日)は秋の火災予防運動週間です 火の用心!火災対策は万全に

 区内の主な出火原因は、放火(疑いを含む)・たばこ・食用油過熱出火です。これから空気が乾燥し、火災が起きやすい季節を迎えます。放火されにくい環境づくりなど火災予防を心掛けましょう。

火災を防ぐ5つの心掛け

●家の周囲に、雑誌・新聞など燃えやすいものを置かない
●ごみは収集日の決められた時間・場所に出す
●灰皿には水を入れ、寝たばこは絶対にしない
●コンロなど火のそばを離れるときは、必ず火を消してから
●ストーブの周りに燃えやすいものを置かない

たばこに注意ごみ捨て場イラスト


住宅用火災警報器を設置しましょう

 火災によって発生する煙を感知し、音や音声で警報を発する住宅用火災警報器は、全ての住宅に設置が義務付けられています。火災の早期発見に非常に有効なので、必ず設置しましょう。すでに設置してある場合も定期的に点検や手入れをしましょう。
※作業の際は取扱い説明書をご確認ください


点検方法 

 本体からぶら下がっているひもを引いたり、ボタンを押したりして、正常に作動するか点検しましょう


手入れ方法

 警報器にホコリが入ると誤作動を起こす場合があるため、乾いた布で掃除をしましょう

住宅用火災警報器

問合せ:港南消防署(電話・FAX:045-844-0119)

©2007-2015 City of Yokohama. All rights reserved.