港南区トップページ > 広報 > 広報区版2015 > 広報こうなん 27年8月号 こうなんピックアップ情報(6ページ)

広報こうなん 27年8月号 こうなんピックアップ情報(6ページ)

こうなんピックアップ情報(6ページ)

広報こうなん27年8月号の6ページに掲載している記事です。

9月6日(日曜日)から12日(土曜日)は救急医療週間です 1人でも多くの命を救うため 救急システムを導入しています
保育園ってどんなところ?保育園を見学しませんか
家庭風呂でのレジオネラ症を防ぎましょう!

9月6日(日曜日)から12日(土曜日)は救急医療週間です
1人でも多くの命を救うため 救急システムを導入しています

 救急出場の件数は年々増加しており、その内容も危篤状態から軽い症状まで、中にはタクシー代わりのような救急要請までさまざまです。
 市では、こうした事態を解消し、1人でも多くの命を救うため、救急システムを導入して対応しています。

救急システム:症状に応じて適切に対応します

119番通報   消防司令センター
 119番通報する男女のイラスト。女性「救急車をお願いします」、男性「救急車を呼んでいいのか分からないのですが…」   119番通報が消防司令センターに入ると、
年齢や症状(意識はあるか、呼吸は正常か等)などを
お聞きし、緊急度・重症度を判断します。
消防司令センターで応答する職員のイラスト。「では、すぐに向かいます」「症状から緊急性はないようです。救急相談サービスに切り換えますか」


●「では、すぐに向かいます」:救急車などが駆けつけます
 傷病者の症状に応じて救急隊などが出場します。全ての車にAED(自動体外式除細動器)など救急資器材を積載しており、到着した車から手当を始めます。

●「症状から緊急性はないようです。救急サービスに切り換えますか」:救急相談サービスで対応します(本人の同意の上)
 看護師などが病気やけがなどの不安に適切なアドバイスをするほか、タクシーや民間救急などの案内も行います。

「安全安心・救急フェア」を開催します!

医師がAEDの取扱いや心肺蘇生法を実演している写真
医師による実演指導(昨年の様子)

 心臓が止まった人への処置は、1分1秒でも早く行うことが重要です。救急隊が来るまでに心肺蘇生法が行われていれば、命が助かる可能性は高くなります。「救急フェア」に参加して、いざというときに備えましょう。

日時 9月6日(日曜日)10時から12時
会場 港南台バーズ2階 吹き抜け広場(JR港南台駅下車)
内容 ●医師によるAEDの取扱いや心肺蘇生法の実演指導
    ●応急手当や救急車の適切な利用方法のパネル展示 など

問合せ:港南消防署(電話・FAX:045-844-0119)

保育園ってどんなところ?保育園を見学しませんか

 区内市立保育園の見学会を開催します。見学会では、園内の様子や園児の生活などを見て確かめることができます。ぜひご参加ください。

見学会日時保育園名受付開始日
9月25日(金曜日)10時から11時 上永谷西保育園(上永谷6-8-3)
電話:045-845-0620、FAX:045-845-0967
8月25日
10月7日(水曜日)10時から11時 笹下南保育園(笹下6-28-9)
電話:045-841-4284、FAX:045-841-4268
9月7日
10月8日(木曜日)9時45分から11時 港南台保育園(港南台3-7-5)
電話:045-833-0763、FAX:045-833-0782
9月8日

※その他の区内市立保育園については、次号でお知らせします

対象 未就学児と保護者(保護者のみの参加も可)
申込み 受付開始日10時から電話で各保育園へ ※土曜日・日曜日、祝休日を除く

なんのイラスト見学会では、入所手続や保育サービスなども相談できるよ

子どもの預け先の相談は保育・教育コンシェルジュへ

 各家庭の事情や就労の状況に応じて、さまざまな保育サービスを案内する専門の相談員が、「働きたいけれど、子どもをどこに預けたらいいの?」「保育園と幼稚園の違いは?」といった相談・質問に答えます。
 相談専用電話 電話:045-847-8318(月曜日・火曜日・木曜日・金曜日 8時45分から17時)

問合せ:区役所運営担当(電話:045-847-8410、FAX:045-842-0813)


家庭風呂でのレジオネラ症を防ぎましょう!

 レジオネラ症は、レジオネラ属菌を含んだ水滴(水しぶき)を吸い込むことで起こる感染症です。自然界に広く存在するレジオネラ属菌は、36度前後で特に繁殖しやすく、追い炊き機能付きのお風呂などから検出されることがあるため、家庭でも注意しましょう。

感染するとどんな症状が出るの?

●発熱やせき、筋肉痛、吐き気、下痢などが主な症状です
●重症化すると肺炎や意識障害を引き起こし、死亡することもあります
●高齢者など免疫力が低下している人は、特に注意が必要です
※疑わしい症状があるときは、早めに医療機関を受診しましょう。なお、人から人への感染はありません

予防するには?

●お風呂は丁寧に洗いましょう
 シャワーヘッドや浴槽内の吹き出し口、排水溝などは汚れがたまりやすいため、特に注意しましょう。また、定期的に配管内も洗浄しましょう。
●お風呂の水はなるべく毎日換えましょう
 翌日も同じ水を使用する場合は、清浄剤などを使用し、沸かし直しは2回・3回までにしましょう。

問合せ:区役所環境衛生係(電話:045-847-8445、FAX:045-846-5981)

©2007-2016 City of Yokohama. All rights reserved.