港南区トップページ > 広報 > 広報区版2015 > 広報こうなん 27年2月号 こうなんピックアップ情報(6ページ)

広報こうなん 27年2月号 こうなんピックアップ情報(6ページ)

こうなんピックアップ情報(6ページ)

広報こうなん27年2月号の6ページに掲載している記事です。

電話でお金の話? それは「詐欺」です
3月8日(日曜日)は 「港南区民ウォーキングデー」
防災講演会を開催します!
3月1日(日曜日)から7日(土曜日)は春の火災予防運動週間 放火を未然に防ぎましょう

電話でお金の話? それは「詐欺」です

 昨年の区内での振り込め詐欺の被害件数は32件、被害総額は約4,500万円でした。これは金融機関職員の声掛けなどによって63件(約2億5,000万円)の特殊詐欺の被害を未然に防ぐことができた結果であり、さらに多くの人が被害に遭っていた可能性があります。
 犯人の手口は、息子を名乗るケースがほとんどで、「会社のお金をなくした」「不倫相手の女性を妊娠させた」など、緊急性を主張してお金を要求するのが特徴です。自分を守るため、そして家族を守るために、絶対にだまされないようにしましょう。

実践!振り込め詐欺 撃退法

 詐欺の被害に遭わないために、以下の3つを実践しましょう。

1 合言葉を決める
 犯人は子や孫をかたる傾向があります。慌てていても簡単に思い出せる、家族にしか分からない合言葉を決めましょう。
電話口で、「ペットの名前は?」という父親の問いに、合言葉の「ポチ!」と答える娘のイラスト

2 留守番電話を活用する
 犯人は声を録音されることを嫌います。電話は留守番電話機能を設定し、相手が確認できてから受話器を取りましょう。
留守番電話機能を設定した電話のイラスト

3 本人に確認する
 電話が終わったら、すぐに本人に確認しましょう。犯人は「電話番号が変わった」という手口をよく使います。
電話口で、「さっき家に電話くれた?」という母親の問いに、「電話してないよ?」と答える息子のイラスト

「還付金詐欺」にも注意!

 区役所職員などを装い、保険料・医療費・税金などの還付と称して、ATM(現金自動預け払い機)で振り込ませたり、口座情報・暗証番号などの個人情報を聞き出したりする詐欺です。
 還付金等の受け取りについて突然、電話で手続をお願いすることはありませんので、ご注意ください。

 不審な電話があった場合は、すぐに警察(110番)や家族に相談しましょう

問合せ:港南警察署(電話:045-842-0110)

3月8日(日曜日)は 「港南区民ウォーキングデー」

 ウォーキングは、手軽で体への負担も少なく、年齢・性別に関係なくできる運動です。「港南区民ウォーキングデー」には、皆さんもウォーキングをして、健康づくりへの一歩を踏み出しませんか。

●ウォーキングの効果
・骨や筋力が強くなり、心肺機能や持久力が高まる
・生活習慣病の予防になる
・脳の働きを活発にする など

港南区ウォーキング推進キャラクターのイラスト3月2日から区役所2階29番・4階43番窓口、区内地区センター・地域ケアプラザで、「ひまわり港南ウォーク」のバッジを配るよ!
※1人1個、在庫がなくなり次第終了

港南区ウォーキング推進キャラクター ひまわりくん


問合せ:区役所健康づくり係(電話:045-847-8438、FAX:045-846-5981)

防災講演会を開催します!

 区では、「世代をこえて防災について考える」をテーマに、講演会を開催します。「防災トランプ」を開発し防災活動を広めている福本さんを講師に迎え、地域活動に防災を自然に取り入れる工夫や、防災を考える楽しい場づくり、子どもと一緒に考える日常生活での危険回避などについて話します。

日時 3月19日(木曜日)18時30分から20時 ※開場18時
会場 港南公会堂(地下鉄港南中央駅下車)
講師 福本 塁さん(神奈川わかものシンクタンク 代表理事)
定員 500人(先着)

当日直接会場へ ※手話通訳・保育を希望する人は2月27日までに予約を

問合せ:区役所庶務係(電話:045-847-8315、FAX:045-841-7030)

3月1日(日曜日)から7日(土曜日)は春の火災予防運動週間 放火を未然に防ぎましょう

横浜消防マスコットキャラクターのイラスト 市では、昭和60年から昨年までの30年間、「放火」が火災原因のトップとなっています。地域や家庭で「放火されない・させない」環境づくりに努めましょう。


横浜消防マスコットキャラクター ハマくん


放火を防ぐためのポイント

●家の周りや共有部分などに燃えやすいものを置かない
 仮置きしているごみや玄関先の傘なども、放火の対象になる場合があるので、置かないようにしましょう。
家の入口にごみを仮置きしているイラスト

●住宅の敷地内などに簡単に侵入できないようにする
 侵入されやすい場所があると、放火される危険が高まります。門扉や物置、車庫にはしっかり鍵を掛けましょう。

●玄関灯やセンサーライトなどを活用し、家の周りを明るくする

●車やバイクのボディーカバーは防炎製品を使用する

●ごみは決められた日時・場所に出す
 夜間に、ごみ集積場所に放置されたごみや雑誌などへの放火が多く発生しています。決められた日時・場所以外には、ごみを出さないようにしましょう。
正しいごみ出しをしているイラスト

●隣近所との協力体制をつくり、地域ぐるみで環境を整備する
 街路灯の設置やごみ集積場所の管理などを、地域でしっかり行いましょう。普段から隣近所で声を掛け合うことで、狙われにくい環境をつくりましょう。

問合せ:港南消防署(電話・FAX:045-844-0119)

©2007-2015 City of Yokohama. All rights reserved.