港南区トップページ > 広報 > 広報区版2014 > 広報こうなん26年10月号 こうなんピックアップ情報(7ページ)

広報こうなん26年10月号 こうなんピックアップ情報(7ページ)

こうなんピックアップ情報(7ページ)

広報こうなん26年10月号の7ページに掲載している記事です。

連載 健康に暮らすためのいきいき食生活
連載 アースとイーオのエコ活の芽 第16回 キッチンから始めるエコ活
連載 わたしたちの学校自慢 第13回 吉原小学校 「“あおだこ運動”でみんなが仲良く気持ち良く」

連載 健康に暮らすためのいきいき食生活

第2回 成人期 野菜を食べよう!

 生活習慣病を予防するために望ましい野菜の摂取量は、1日350グラム以上です。サラダやおひたしなどの小皿料理を1皿70グラムと考えると、1日5皿食べればよいことになります。
 しかし、厚生労働省の「国民健康・栄養調査(平成24年)」によると、1日の平均野菜摂取量は約270グラムで、約1皿分の野菜が不足しています。
 毎食1皿から2皿の野菜料理を食べるように心掛けましょう。

野菜を食べると…
●野菜に多いビタミンは皮膚や粘膜の健康を保ちます
●野菜に多いカリウムは高血圧を予防する働きがあります
●食物繊維が多いため便通をよくします

“いつも”の食事に1皿プラス!野菜レシピ

●焼きナスサラダ(4人分)焼きナスサラダ
 材料
 ナス:2本、水菜:3分の1袋、トマト:2分の1個、しょうゆ:大さじ1、酢:大さじ2分の1、ごま油:小さじ1、いりゴマ・おろしニンニク・おろしショウガ:各少々
 作り方
(1)ナスに縦に4本から5本の切れ目を入れ、魚焼きグリルで皮全体に焦げ目がつくまで焼く。
(2)中まで火が通ったら熱いうちに皮をむき、食べやすい大きさに切る。
(3)水菜は5センチの長さ、トマトはくし切りにし、器に水菜、トマト、ナスを盛り付ける。
(4)しょうゆ、酢、ごま油、いりゴマ、おろしニンニク、おろしショウガを全て混ぜ、かける。


●モヤシと小松菜のカルボナーラ風(4人分)モヤシと小松菜のカルボナーラ風
 材料
 モヤシ:1袋、小松菜:3分の1袋、ブナシメジ:2分の1株、ベーコン:2枚、オリーブ油:大さじ2、ニンニク:ひとかけ、卵:2個、粉チーズ:大さじ2、塩・こしょう:少々
 作り方
(1)小松菜は5センチの長さ、ベーコンは5ミリ幅に切る。ニンニクはみじん切り、シメジは小房に分ける。
(2)ボウルに卵、粉チーズ、こしょうを入れ、よく混ぜる。
(3)フライパンにオリーブ油をひき、ニンニクとベーコンを炒める。
(4)ベーコンがカリカリになったら、小松菜を入れていため、全体に油が回ったらモヤシを入れる。
(5)野菜がしんなりしたら火を弱め、(2)を全体に回しかけ、よく混ぜる。

問合せ:区役所健康づくり係(電話:045-847-8437、FAX:045-846-5981)

連載 アースとイーオのエコ活の芽

第16回 キッチンから始めるエコ活

 毎日の生活に欠かせない食事。その食事の支度をするキッチンはエコ活の宝庫です。毎日のことだからこそ環境への負荷に配慮したいもの。キッチンからエコ活、始めてみませんか?

例えばこんなエコ活

● 冷蔵庫の使い方を見直そう
・ 冷気の吹き出し口をふさがない
・ パッキンの手入れをして密閉性を高める
・ 詰め込みすぎない
・ 熱いものは冷ましてから入れる

みんなのアース君24時間電気を使い続ける冷蔵庫の節電は効果大だよ!


● 同時調理をしよう
・ パスタと具の野菜を一緒にゆでる
・ グリルで肉や魚と一緒に付け合わせの野菜も焼く
ヨコハマ3R夢!マスコット イーオ同時に作ると時間短縮にもなるね!

● 鍋を火にかけるときは、炎が鍋底からはみ出ないようにしよう


港南区産野菜でエコ・クッキング教室 開催(共催:東京ガスエコモ株式会社)

地産地消や環境に優しい調理方法・片付けのコツなどを学びませんか。
日時:11月28日(金曜日) (1)10時から12時 (2)14時30分から16時30分
会場:東京ガスライフバル横浜南 港南店(地下鉄上永谷駅下車)
内容:旬の港南区産野菜で作る、カラフルなケーク・サレ(塩味ケーキ)2種類とデザート
定員:各12人(抽選)  
費用:1,000円
申込み:10月31日までにはがきかファクスに教室名・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・(1)(2)の別を書いて区役所企画調整係(〒233-0004 港南中央通10-1)へ

問合せ:区役所企画調整係(電話:045-847-8328、FAX:841-7030)

連載 わたしたちの学校自慢

第13回 吉原小学校 「“あおだこ運動”でみんなが仲良く気持ち良く」

 本校には「あおだこ」という合言葉があります。「あ」は「ありがとう」、「お」は「おはようございます」、「だ」は「だいじょうぶ」、「こ」は「ごめんね」という、みんなが仲良く居心地のいい学校にするための言葉です。学校全体が思いやりの言葉でいっぱいになり、いつでも、どこでも、誰にでも「あおだこ」を守って過ごせるようにという願いが込められています。
 ふれあい委員会の子どもたちを中心に取組を始めて、今年で5年目となりました。「あおだこ」の輪をさらに広めるために、歌を作ったりキャンペーンを行ったりしています。また、朝の登校時間には、各委員会や低学年・高学年の「ペア学年」で協力して運動を続けています。来校されたお客さんや地域の皆さんからは、「挨拶がしっかりとできていて気持ちがいいですね」と言われることも多くなりました。子どもたちが思いやりの心を持って、しっかりと挨拶できることが、本校の自慢です。

委員会で作成したあおだこ運動のポスター 朝のあおだこ運動
委員会で作成したポスター 朝のあおだこ運動


創立 昭和42年4月1日
生徒数 739人(平成26年4月1日現在)
所在地 日野2-20-40(電話:045-843-8143、FAX:045-842-3424)

©2007-2014 City of Yokohama. All rights reserved.