港南区トップページ > 広報 > 広報区版2014 > 広報こうなん 26年5月号 地域通信

広報こうなん26年5月号 こう・なん・くぅの地域通信

皆さんの地域活動を紹介します!

地域の居場所・つながりづくりを目指して 芹が谷コミュニティ てとてと 永谷地区

芹が谷コミュニティ てとてとの皆さん

 「芹が谷コミュニティ てとてと」は、芹が谷のお母さんたちが集まって、地域の人と人がつながるきっかけとなる場所、居場所づくりをしているグループです。
 “隣近所に知り合いがいないなど、地域の中で不安や孤立を感じているお母さんの力になりたい”との思いから、平成23年12月にグループを立ち上げました。町内会をはじめ、地域のさまざまな人から協力を得て、平成24年2月からは玉興(たまこし)町内会館で「親子のあそび場 てとてとひろば」を、平成25年4月からは芹が谷地域ケアプラザで子連れ歓迎の「せりがや てとカフェ♪」を開催しています。どちらも子育ての仲間づくりや情報交換に活用できる、子どもも大人も安心して過ごすことができる場となっています。

 子育て応援を主に活動していた同グループも活動していくうちに、“子育て世代だけではなく、いろいろな世代の人がつながる機会をつくりたい”“地域の人が気軽に立ち寄ることができる場をつくりたい”と地域全体のことを考えるようになりました。そこで、芹が谷銀座商店会のレストラン「じゃがいも」の店主に相談し、平成25年11月「てとてと」とは、“手と手を結び合って地域のつながりを大切に”という意味と、乳幼児の足音のイメージから決めたんだって!、同店舗で「みんなの居場所カフェ じゃがいも with (ウィズ)てとてと」を開所するに至りました。

 同グループ代表の植木さんは、「地域の皆さんにご協力をいただきながら、できる時にできるメンバーが活動に携わることで、続けることができています。活動の場で知り合った人たちが地域の中で話をしているところを見掛けたり、活動に参加してくださった人が声を掛けてくださったり、活動の場が地域の人と人のつながりの場となっていることを実感します。今は開催日や開所日が限られていますが、いつでも立ち寄ることができる地域の居場所としていきたいです」と元気に話してくれました。

てとてとひろば   てとてとひろば
「てとてとひろば」
では、来場した親子が絵本を読んだり、ボールで遊んだり、お母さん同士でおしゃべりを楽しんだり、自分のペースで過ごすことができます(月2回開催)

てとカフェ♪   てとカフェ♪
「てとカフェ♪」は、子どもと一緒にお母さんにも昼食をしっかり食べて楽しんでもらう場で、芹が谷地域ケアプラザの親子開放の日に合わせて、オープンします(月1回開催、予約優先)

「じゃがいも with(ウィズ) てとてと」
芹が谷銀座商店会のレストラン「じゃがいも」で運営している
「じゃがいも with てとてと」


 開催日など詳しくは、同グループホームページに掲載しています。
  「芹が谷コミュニティ てとてと」 ホームページ http://tetoteto.org/

©2007-2014 City of Yokohama. All rights reserved.