本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 国際局 > 国際人材育成 > 横浜市世界を目指す若者応援事業 > 個人留学 > 個人留学
 横浜市プロモーション動画
1分バージョン
Yokohama Rhythm (1min.)
3分バージョン
Yokohama Rhythm (3min.)
この動画は、横浜市政策局国際政策課と、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が協働で制作しました 。
横浜市市民協働条例第5条に基づく相互評価シート
(PDF形式、247KB)

個人留学(※平成29年度の募集は終了しました。)

個人留学とは

 横浜市内の高校等(※)に在籍している生徒や、市内に在住し市外の高校等に在籍している生徒の留学経費に対し横浜市が補助金(最大40万円)を交付する募集枠です。個人からのお申込みができますが、在籍する高校で内容を確認し、学校から提出していただく必要があります。
 5名~10名程度を募集します。

※高校等…高等学校、中等教育学校(後期課程)、特別支援学校(高等部)、高等専門学校(第1~第3学年)又は専修学校(高等課程)

応募資格

 次の1~5のすべてを満たす方です。ただし、これまでに本事業で補助を受けたことがある方(補助の決定を受け、補助を受ける見込みである方を含む)は対象外です。

1 留学期間がおおむね1年である
2 海外留学に支障のない健康状態である
3 国際理解・国際交流に関心を持ち、海外の国や地域との相互理解と友好親善に寄与しようとする意欲がある
4 学業成績が次のいずれかの条件を満たす

ア 前年度の「全体の評定平均値が3.5以上」、かつ、「外国語1教科の評定平均値が4.0以上」である
イ 高等学校第1学年の生徒については、「中学校第3学年の評定平均値が3.5以上」、かつ、「外国語1教科の評定平均値が4.0以上」

5 在籍する高校等の校長の推薦を受けている

対象となる留学

1 外国における正規の後期中等教育機関への定期的な通学のため、おおむね1年間の海外留学
2 平成29年4月1日~平成31年3月31日までに出発するもの
 ※ただし、平成30年2月27日(火)までに支払った費用が補助の対象となります。

募集要項

 [PDF]個人留学募集要項 (PDF形式、465KB)


よくある質問

 1 姉妹校等留学プログラム・個人留学 共通
 2 個人留学


提出書類[個人留学]

1  横浜市世界を目指す若者応援事業申請書(第9号様式) (WORD形式、67KB)

2 留学期間と留学先での活動内容がわかる予定表

3 留学先教育機関の概要がわかるリーフレット等

4 補助対象経費の額及び内訳と経費の支払時期がわかる書類の写し

5 他の団体等から留学に係る奨学金等の給付を受けている場合は、それら給付される奨学金等の額及び給付時期がわかる書類の写し

6 外国の高校への留学が許可されていることを証明する書類の写し(申請時に提出できない場合は、入手次第速やかに提出すること)

7  横浜市世界を目指す若者応援事業推薦書(第10号様式) (WORD形式、57KB)

8 次のいずれかの条件を満たす成績証明書

ア 前年度の「全体の評定平均値が3.5以上」かつ、「外国語1教科の評定平均値が4.0以上」であること

イ 高等学校第1学年の生徒については、「中学校第3学年の評定平均値が3.5以上」かつ、「外国語1教科の評定平均値が4.0以上」であること

9  留学に関する小論文(第11号様式) (WORD形式、58KB)

1000字~1,200字程度の日本語による小論文・作文
[観点](次の1~5等の観点から記述すること)
1 国際理解・国際交流に関心を持った理由
2 留学を通して学びたいことについて
3 留学後の留学の経験をいかした取組について
4 留学に向けて努力してきた取組と成果
5 留学先でアピールしたい横浜の文化・歴史等について

※必ず生徒本人が作成すること

申請締切・申請先・お問合せ [個人留学]

平成29年5月31日(水)17時15分必着
※在籍する高校にて内容を確認の上、同校から書留等の郵送または持参にて提出してください

 横浜市教育委員会事務局高校教育課
 〒231-0017 横浜市中区港町1-1(持参は関内駅前第一ビル5階)
 TEL :045-671-3272  FAX :045-640-1866
 Email:ky-koko@city.yokohama.jp