本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 国際局 > 多文化共生 > 日本語学習支援事業
 横浜市プロモーション動画
1分バージョン
Yokohama Rhythm (1min.)
3分バージョン
Yokohama Rhythm (3min.)
この動画は、横浜市政策局国際政策課と、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が協働で制作しました。
横浜市市民協働条例大5条に基づく相互評価シート
(PDF形式、247KB)

日本語学習支援事業

 横浜市において外国人住民の数は年々増加しており、日本語学習を支援する必要性が高まっています。平成21年度に実施した「外国人市民意識調査」でも、日本での生活で困っていることとして「日本語の不自由さ」が30.6%と最も高くなっている一方で、全体の約7割が「日本語を学びたい」と回答しており、日本語学習への高いニーズが明らかになっています。
 横浜市では、市域における日本語学習支援のシステムを構築することを目指し、平成22年度から日本語学習支援事業を行っています。

平成22年度日本語学習支援事業

 横浜市では、市域における日本語学習支援のシステムを構築することを目指し、平成22年度にはじめて、「教室実習型研修」というかたちでのパイロット的な日本語学習支援教室を実施しました。

[PDF] 平成22年度 横浜市日本語学習支援事業報告書(PDF形式1.70MB)
[PDF] (別冊資料編1)研修Aで使用した資料(PDF形式2.71MB)
[PDF] (別冊資料編2)「生活日本語ワークブック」(PDF形式2.08MB)
[PDF] (別冊資料編3)研修Bで使用した資料(PDF形式1.55MB)

平成23年度日本語学習支援事業

 平成23年度は、神奈川県立国際言語文化アカデミアの協力を得て、子育てをテーマに、日本語教室で使用する教材作成から教室運営までを学ぶ「教室実習型研修」を実施しました。実施結果及び教室で作成した教材を公表しています。

  平成23年度「教室実習型研修」実施結果

平成24年度日本語学習支援事業

  平成24年度は、横浜市国際交流協会(YOKE)に「日本語学習コーディネート業務」を委託し、「教室実習型研修」や「地域日本語教室事例発表会」等の事業を実施しました。

  平成24年度「日本語学習コーディネート業務委託 教室実習型研修」実施報告