本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 国際局 > 国際交流 > アフリカとの交流(2017年度~)
 横浜市プロモーション動画
1分バージョン
Yokohama Rhythm (1min.)
3分バージョン
Yokohama Rhythm (3min.)
この動画は、横浜市政策局国際政策課と、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が協働で制作しました。
横浜市市民協働条例第5条に基づく相互評価シート
(PDF形式、247KB)

アフリカとの交流 ~アフリカに一番近い都市 横浜~


 横浜市は、第4回(平成20年)と第5回(平成25年)のアフリカ開発会議(TICAD)の開催地となったことを契機に、アフリカとの交流・協力を深めてきました。第6回(平成28年)は初めてアフリカ(ケニア・ナイロビ)で開催され、次回の第7回(平成31年)は再び日本開催となります。
 平成29年6月、第7回会議の開催地が、誘致を表明していた横浜市に決まりました。横浜市は、アフリカとの連携を一層促進していきます。

アフリカとの交流
写真上段・下段とも:左/第6回アフリカ開発会議会場にて(ケニア・ナイロビ)、右/横浜市とアフリカの連携・協力

お知らせ


 【平成29年度(2017年度)】
 【平成28年度(2016年度)以前】
 平成28年度(2016年度)以前については、こちらをご覧ください。
 ⇒ http://www.city.yokohama.lg.jp/kokusai/exchange/yokohama-africa-untiljfy2016.html

イベント情報

 2017/6/29 第7回アフリカ開発会議横浜開催決定記念イベント:シンポジウム リンクアイコン(主催者facebookページ)

アフリカに関する取組

 日本で「アフリカに一番近い都市」横浜では、これまで様々なアフリカに関する取組を行っています。

 【国際協力】


 【国際交流】

 

アフリカ開発会議

 アフリカ開発会議(TICAD)は、1993年以降、日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)、アフリカ連合委員会(AUC)及び世界銀行と共同で開催している、アフリカの開発をテーマとする国際会議です。首脳級会合に加えて、閣僚級会合等を開催しており、第4回(平成20年)と第5回(平成25年)を横浜で開催し、第7回(平成31年)の横浜開催も決まりました。
 横浜市では、アフリカ開発会議を契機に様々な取組を行っています。