本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 国際局 > 国際交流 > タンザニア・ダルエスサラーム市からの視察団に横浜市の道路交通行政を紹介しました。
 横浜市プロモーション動画
1分バージョン
Yokohama Rhythm (1min.)
3分バージョン
Yokohama Rhythm (3min.)
この動画は、横浜市政策局国際政策課と、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が協働で制作しました。
横浜市市民協働条例第5条に基づく相互評価シート
(PDF形式、247KB)

タンザニア・ダルエスサラーム市からの視察団に横浜市の道路交通行政を紹介しました。


 8月23日(水)に、タンザニア連合共和国の建設運輸局、ダルエスサラーム市、ダルエスサラーム高速鉄道などから合計10名が横浜市を訪問し、道路局から本市の道路交通行政を紹介しました。
 ダルエスサラーム市はタンザニアで最も人口が多く、著しい人口増加と交通需要の伸びが予測されています。そのような中、JICAは2016年よりダルエスサラーム市における都市交通マスタープラン改訂に係る支援をプロジェクトとして行っています。
 今回は日本の省庁、自治体、研究者、交通事業者などから「道路交通行政の先進事例を学ぶ」研修コースの一環として、横浜市を訪問しました。一行はまず横浜市の道路計画とマネジメントについての講義を受けた後、都心部の駐車場整備、横浜市の環状道路、金沢シーサイドラインを視察しました。



金沢シーサイドライン視察の様子   日本大通り地下駐車場視察の様子