本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 国際局 > 国際交流 > チュニジアのジャーナリストが白幡小学校を取材しました。
 横浜市プロモーション動画
1分バージョン
Yokohama Rhythm (1min.)
3分バージョン
Yokohama Rhythm (3min.)
この動画は、横浜市政策局国際政策課と、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が協働で制作しました。
横浜市市民協働条例第5条に基づく相互評価シート
(PDF形式、247KB)

チュニジアのジャーナリストが白幡小学校を取材しました


 チュニジアで著名なジャーナリストのハイセム・エル・メッキ氏が来浜し、市立白幡小学校(神奈川区)を取材しました。ハイセム氏は外務省の招へい事業で来日したもので、「日本は秩序、仕事に対する熱意、モラルが優れていると思っており、それらをどのように身に付けているのか、どのように教育されているのかに関心があった。」とのことでした。

 白幡小学校は、平成25年の第5回アフリカ開発会議の際に「一校一国運動」の取組を通じてチュニジアについて学習したことから同国と交流を深めており、平成29年3月には駐日チュニジア大使館から伝統的な手織りじゅうたんとオリーブの木が寄贈されています。
 ⇒http://www.city.yokohama.lg.jp/kokusai/exchange/shirahata-tunisia170313.html

 今回、ハイセム氏は授業の様子を実際に視察するとともに、給食や掃除における児童の関わり方に高い関心を示していました。

チュニジアのジャーナリストによる取材