本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 国際局 > 国際交流 > 横浜市がマラウイ共和国へ救急車を提供しました!
 横浜市プロモーション動画
1分バージョン
Yokohama Rhythm (1min.)
3分バージョン
Yokohama Rhythm (3min.)
この動画は、横浜市政策局国際政策課と、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が協働で制作しました。
横浜市市民協働条例第5条に基づく相互評価シート
(PDF形式、247KB)

横浜市がマラウイ共和国へ救急車を提供しました!

 横浜市から寄贈された救急車1台がアフリカ南東部に位置するマラウイ共和国に到着し、平成29年9月22日に現地で引き渡し式が行われました。
 引き渡し式では、現地の寄贈先であるマラウイ・キリスト教保健協会(Christian Health Association of Malawi:CHAM)に対し、在マラウイ日本国大使館の柳沢香枝大使から車両の鍵が手渡されました。
 今回の寄贈はマラウイ政府からの相談が契機となり、横浜市がかつて利用し、海外で再利用可能な中古救急車を寄贈したものです。平成29年5月26日、保管されてい た戸塚区の横浜市消防訓練センターから、今回の寄贈を支援する一般社団法人日本外交協会に救急車は引き渡しされ、マラウイに向けて出発しました。
   今後はマラウイで、救急用車両として公務のために活用される予定です。

●横浜市消防訓練センターでの引き渡し

   寄贈車両の状態を確認する様子             寄贈する救急車両

●マラウイでの引き渡し式

       CHAM関係者と柳沢在マラウイ日本国大使             鍵の引き渡しの様子

★マラウイ共和国の詳細はこちら★
   外務省ホームページhttp://www.mofa.go.jp/mofaj/area/malawi/index.html