本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 国際局 > 国際交流 > マダガスカルの都市計画策定関係者が横浜港を視察しました。
 横浜市プロモーション動画
1分バージョン
Yokohama Rhythm (1min.)
3分バージョン
Yokohama Rhythm (3min.)
この動画は、横浜市政策局国際政策課と、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が協働で制作しました。
横浜市市民協働条例第5条に基づく相互評価シート
(PDF形式、247KB)

マダガスカルの都市計画策定関係者が横浜港を視察しました。


  平成30年1月29日(月)、マダガスカル共和国の都市計画策定関係者15名が横浜港を訪問しました。一行は JICAが実施する「アンタナナリボ・トアマシナ経済都市軸(TaToM)総合開発計画策定プロジェクト」により来日し、都市計画の策定・実施についての経験やノウハウを学びました。 当日は横浜市港湾局が横浜港の歴史やふ頭の現状などを紹介し、参加者からは民間企業と協力した開発の仕組みや埋め立てによる環境への影響などに関心が寄せられました。